Wordで検索できない記号を検索や置換するにはどうすればいいの?

長い資料作成で使った特殊記号の検索や置換、どうしていますか?

ビジネスでWordを使ってプレゼン資料を作成する方は多いと思います。また学生の方でも大学生になると卒論や研究資料の作成でWordを使うことは珍しくないでしょう。

短い資料であればそれほど問題はありませんが、何十ページに及ぶものになると、自分が書いたものとはいえ、どこに何を書いたのかを忘れてしまうこともありますよね。またすべて書き終えて印刷してみたら見栄えがよくないので必要ない段落を削除したいといったこともあるのでは?

もちろん通常の文字や記号であればすぐに検索、置換もできます。でも半角スペースや改行箇所を検索、置換することはできないと思っている方もいるのでは? 実は半角スペースや改行って特殊文字(記号)として検索できちゃうんです!  そこで今回は特殊記号(文字)でも簡単に検索、置換する方法をご紹介します! 

※今回ご紹介するテクニックで使用したWordはWord2016です。

特殊記号(文字)の検索は「高度な検索」を使おう

では実際に特殊文字の検索と置換を試してみましょう。

まずWordの上部にあるリボンのなかから「検索」をクリックし「高度な検索」を選択します。

Wordで検索できない記号を検索や置換するにはどうすればいいの?

高度な検索のポップアップが開いたら「オプション」を選択。ここで「あいまい検索」にチェックが入っていたら外したうえで「特殊文字」をクリックします。

Wordで検索できない記号を検索や置換するにはどうすればいいの?

ここでは改行箇所の検索と置換を行ってみましょう。特殊文字をクリックして表示されたなかから、「段落記号」を選択します。ここでは「改行」ではなく「段落記号」となっているので、「改行」がない! なんて慌てなくても大丈夫です。

Wordで検索できない記号を検索や置換するにはどうすればいいの?

「段落記号」を選択すると「検索する文字列」の欄に「^p」が入力されます。ここで「次を検索」をクリックすると、矢印のマークが検索されます。

Wordで検索できない記号を検索や置換するにはどうすればいいの?

ではこの矢印マークを置換してみます。「置換」を選択すると「検索する文字列」の下に「置換後の文字列」が表示されるので、置換する文字を入力します。ここでは「段区切り」に置換します。もう一度、「特殊文字」をクリックし、「段区切り」を選択し、「置換」もしくは「すべて置換」をクリックします。すると段落ごとに改ページに置換されます。ブロックごとに印刷をしたい場合などは「すべて置換」をクリックすれば一発で改ページされます。

Wordで検索できない記号を検索や置換するにはどうすればいいの?

目視で探す手間を省いて効率的に作業を進めましょう!

今回ご紹介した「高度な検索」を使えば、ほかにも「aで始まってcで終わる単語」という指定ですべて検索して置換するといったことも可能です。英単語のスペルを間違えてしまったときなど、とても便利ですよね。

皆さんもWordで特殊記号や文字の検索、置換の必要があるときは「高度な検索」を使って手早く作業を進めましょう!

関連記事

【Word小技】クイックアクセスツールバーでコピペが楽になる!
Wordとの違いは?Googleドキュメントの基本の使い方
〇、○、゜...。丸印に種類があるって知ってた?

ピックアップ

川村龍一(かわむらりゅういち)

ネットサービスやツールに関することを中心に色々書いているフリーのライターです。バンドやったり歌詞作ったりもしてます。将来的には子供向けの何かを作ったり書いたりできればいいなと日々を過ごしてます。

記事(55本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック