Wordの小技-箇条書きのなかで頭のマークを付けずに改行する方法

仕事でよく使うという方も多いWordには、便利な「書式設定」の機能があります。書式設定を使うと、手軽に文書の体裁を整えることができますが、思い通りにならないときはないですか。簡単に、箇条書きのなかで、行頭を下げて改行する方法を紹介します。

仕事に欠かせないアプリケーションソフトのひとつ、Word。
「書式」の機能を活用すると、便利に、簡単に、見栄えのする文書が作成できます。

なかでもよく使われる機能の一つが「箇条書き」。
行の頭に「・」や「●」などのマークを付け、行頭を揃えたリストを作るのに、使っている人も多いでしょう。

箇条書きの使い方

箇条書きを選ぶと、「Enter」キーを押すと自動的に次の行の頭に記号が入力されるようになります。

箇条書きのなかで改行したいときは

便利な箇条書きですが、こんなふうに書きたいのに、と困ったことはないでしょうか?

つまり、箇条書きのなかで補足などを書き添えたいとき、箇条書きの文字と頭を揃えつつ、行頭の記号は付けずに改行したい……ということです。
簡単な方法がありますのでご紹介します。

「Shift」キー+「Enter」キー

箇条書きのなかで改行したいときは、「Enter」キーを押すときに、「Shift」キーを一緒に使います。
先に「Shift」キーを押して、キーを押したまま「Enter」キーで改行すると、箇条書きの記号を付けずに改行できます。

編集記号の違いに注目

「Enter」での改行と、「Shift」キー+「Enter」キーでの改行では、画面に表示される段落記号が異なっていることに、注目してください。

行の末尾の段落記号が、「Shift」だけを押した改行では「↲」ですが、「Shift」キー+「Enter」キーで改行した場合は「↓」になります。
これで、この箇所は通常の改行とは違うことが分かるようになっています。

編集記号が画面に表示されていない場合は、「ファイル」メニューから「その他」-「オプション」を選んで、表示されたメニューのなかから「表示」をクリック、「常に画面に表示するされる編集記号」のなかで「段落記号」にチェックをつけておきます。

箇条書きの見栄えの細部までこだわりたくても、方法が分からずあきらめていた人も、これでスッキリしましたね。ぜひ、この小技を使ってみてください!

あなたにオススメ

下司智津惠

IT系ライター/コピーライター/PC講師でフォトグラファー。下北沢の一軒家で配信型ライブハウスも展開中。プロデューサー兼ライブ配信エンジニアとして、音楽配信も。趣味はギター。