Wi-Fiがベストじゃない!? LANケーブルのメリットまとめ

パソコンでインターネットを楽しんだり、プリンターなどの機器をつないだりするときに必要なネットワーク「LAN」。インターネットが普及し始めたころは、LANケーブルを使った有線接続が一般的だったが、今では無線LANが主流になっている。

確かに有線LANだとケーブルがつながっているので、家中どこでもインターネットが楽しめるというわけにはいかないし、接続機器が増えれば配線がゴチャゴチャになってしまうなどのデメリットがあるので厄介だ。けれど、有線LANにはメリットも多い。

そこで「有線LANはもう古い!」なんて思っている人に、有線LANのメリットを紹介しよう!

有線LANのメリットを知ろう!

Wi-Fiがベストじゃない!? LANケーブルのメリットまとめ

配線がいらず、どの部屋からでも自由にインターネット接続ができる無線LANは便利でいいけれど、有線LANには無線LANにないメリットがある。どのようなところが優れているのか、簡単に紹介していこう。

通信が速くて安定している

無線LANの場合、建物の構造によっては電波が通りづらかったり、家電の電波干渉を受けたりすることがある。集合住宅などは電波干渉がすごく、使えないこともある。しかし有線LANの場合、同じ環境下なら通信速度が速く、安定している。

インターネットの接続状況が急に悪くなって、見ている動画がカクカクしたり、通信ゲームが途中で切れてしまうストレスがほとんどない。

セキュリティ面に優れる

無線LANは電波でネットワークを構築しているので、電波を乗っ取られたり、データを盗まれるリスクが高い。しかし有線LANは、無線LANに比べてそのリスクが低いので安心だ。

設定が簡単に行える

無線LANでは、ネットワークに接続するための設定を行う必要がある。しかし有線LANの場合は、基本的にLANケーブルをカチッとつなぐだけ。無線LANほど設定が面倒ではない。

古いケーブルを使ってはダメ!

Wi-Fiがベストじゃない!? LANケーブルのメリットまとめ

こんなメリットがあるので「接続は無線より有線!」という人も意外と多い。ただし、使用するLANケーブルが古いものだと、十分な通信速度を出せないことがある。

LANケーブルには規格があって、通信速度に応じたクラス分けがされている。なので、通信速度が速い光回線などを利用していても、ケーブルがそれに対応していなければ、通信速度が遅くなってしまうのだ。

昔から使っているLANケーブルをずっと利用している人は、以下の記事を参考にLANケーブルをチェックしてみよう。

▼通信速度が遅いのは古いLANケーブルが原因!? ケーブルの規格を確認する方法

そんなわけで、有線LANには優れている点がたくさんある。「有線LANは古い接続方法だからイヤ!」なんて敬遠せず、無線LANと併用しながら賢く利用してみよう。

関連記事

Wi-Fiの2Gと5Gって何が違うの?
ネット検索のコツについてまとめてみた
Wi-Fi(無線LAN)が途切れる、遅い、つながらない・・ときの対処法まとめ

ピックアップ

牛島義之(うしじまよしゆき)

アウトドア雑誌の副編集長職を経て、フリーランスとして独立。以降、アウトドアをはじめ、遊びにまつわる数々の原稿を雑誌やWEBサイトにて執筆している。 ⇒今日も明日も『ゆる~い生活』

記事(257本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック