もしかしたら覗かれてる!? パソコンのWebカメラを無効にする方法

ウイルス感染したパソコンは搭載されているWebカメラで覗かれるなんてことがあるみたい。そんなときは、Webカメラを無効にすれば心配はなし。というわけで、Webカメラを無効にする方法を紹介。

パソコンがウイルスに感染すると、パソコンに搭載されているWebカメラを使って外部から覗かれてしまう、なんてことがあるみたい。そんなことを言われると、カメラが気になって作業に集中できないよね……。
そんなときは、パソコンのWebカメラ機能を無効にすれば、覗かれる心配はないらしい。というわけで普段からWebカメラを使わない人は、カメラ機能を無効にしちゃおう! Web会議などでたまにカメラを使う人は、事前に有効にするのを忘れないように……。
ではWindows10を使って、Webカメラを無効にする方法を見つけたので紹介していこう!

カメラ機能をオフにする方法

画面左下にある「スタートボタン」を右クリック。すると「デバイスマネージャー」という項目が表示されるので、ここをクリックする。

表示された項目の「カメラ」の「>」をクリックすると、パソコンに内蔵されているカメラが表示される。これを右クリックすると「デバイスを無効にする」という項目が表示されるので、これをクリック。これでカメラの機能が無効になる。

機能をオフにするもうひとつの方法

カメラ機能をオフにする別の方法もある。まずは「スタートボタン」をクリックして、表示された「設定」アイコン(歯車のようなアイコン)をクリックする。

表示されたが画面に「プライバシー」という項目があるので、これをクリックする。

左にあるメニューの中から「カメラ」をクリック。

すると「このデバイスのカメラへのアクセスを許可する」という項目が表示されるので、説明文の下にある「変更」ボタンをクリックする。

「このデバイスのカメラへのアクセス」がポップアップ表示されるので、これを「オフ」にすれば機能が無効になる。
 

いちばん簡単な方法は……

「これでもなんだか、覗かれている気が……」という人は、いちばん簡単で確実な方法を行おう。

それは、カメラのレンズをふさいでしまうこと! マスキングテープなら、はがしたときにノリが残らないので安心だ。
こうすれば、万が一ウイルスに感染しても覗かれる心配はない。原始的だけど、これがいちばん確実な方法かな?

関連記事

オフィスのパソコンやスマホ、タブレットを安全に。「マカフィー マルチ アクセス」を体験してみた
Windows 10の「動的ロック」が便利!スマホがパソコンから離れるとロック
情報漏えい対策としてメールアドレスを使い分けてみませんか?

あなたにオススメ
Recommends

牛島義之(うしじまよしゆき)

アウトドア雑誌の副編集長職を経て、フリーランスとして独立。以降、アウトドアをはじめ、遊びにまつわる数々の原稿を雑誌やWEBサイトにて執筆している。 ⇒今日も明日も『ゆる~い生活』