写真の端に余計なものが写っていた!そんな時はトリミングで解決

旅行で撮ったデジカメ写真。印刷前に写真を見直してみたら端に指が写りこんでた! そんな経験はありませんか?

せっかくきれいに撮れた写真、よくみたら画面の端に不要なものが写りこんでしまっていた・・・そんなときは、あきらめる前にトリミングしてみましょう。
写真や画像の不要な部分を削除したり、必要な部分だけを切り出したりして使うことをトリミングといいます。
Windowsに標準で入っている画像編集ソフト「ペイント」を使って、画像をトリミングする方法を紹介します。

※記事ではWindows 7を使用しています

画像ファイルをペイントで開く

編集したい画像ファイル(Jpeg、gif、pngなど)を右クリックして「プログラムから開く」を選択し、「ペイント」をクリックします。

画像ファイルが「ペイント」で開かれます。

画像をトリミングする

[ホーム]タブの「選択」をクリックし(1)、任意の範囲を選択します。「イメージ」欄から「トリミング」をクリックします(2)。

作業が完了したら「名前をつけて保存」します。その際に、「上書き保存」を選ぶと元のファイルに、加工したファイルが上書きされてしまうので注意してください。
トリミングをすると構図が変わるので、写真にこだわる方には邪道といわれることもあるようですが、手持ちの失敗写真を生まれ変わらせることができるかもしれません。

サーイ・イサラ編集部

BIGLOBEが発行している、会員情報誌「サーイ・イサラ」編集部です。 情報誌に掲載した記事の中から、インターネットやパソコンの便利ワザ などをピックアップして紹介します。⇒サーイ・イサラとは?

あなたにオススメ
Recommends