Windows 8.1以降のOSを使うなら覚えておきたい!アプリの切り替えショートカット

Windows ストア アプリを使っている時に、パッと他のアプリに切り替えるのに便利なショートカットを紹介します。

Windows 8.1では、2種類のアプリがあります。ひとつは、デスクトップ画面で使う「デスクトップアプリ」。もうひとつは、スタート画面で使う「Windows ストア アプリ」。
「デスクトップアプリ」は、Windows 7と同様にデスクトップ上で起動するため、アプリの切り替えをタスクバー上で行えるのですが、「Windows ストア アプリ」は起動すると全画面表示になるため、アプリをマルチタスクで使いたい時に不便です。
そこで活用したいのが、Windowsキー+Tabキー
このショートカットキーを使うことで、複数のアプリの表示(※)を簡単に切り替えられます。

アプリの切り替え方

アプリを開いた状態でWindowsキーとTabキーを押す

アプリの一覧から切り替えたいアプリを選択

Windowsキー+Tabキーを使わないでも、マウスポインターを左上に移動することで、起動中のアプリ一覧を表示することができます。
※一覧に表示させるにはアプリを起動している必要があります

サーイ・イサラ編集部

BIGLOBEが発行している、会員情報誌「サーイ・イサラ」編集部です。 情報誌に掲載した記事の中から、インターネットやパソコンの便利ワザ などをピックアップして紹介します。⇒サーイ・イサラとは?

あなたにオススメ
Recommends