5Gが来ると、スマホはどう変わる?こっそり予習しよう

5Gってなに?

5Gは「5th generation」の略で、「次世代のモバイルネットワーク(移動体通信)の通信方式」という意味です。ちなみに現在は主に第4世代のLTE-Advancedが使われています。スマホの表示では4Gとなっていますね。その前はLTEと表示されていたこともあります。

正式には第5世代移動通信システム、第5世代モバイルネットワークなど、いくつかの呼び方があります。簡略化して5G回線と呼ばれることも多いです。

移動体通信というとおり、利用するのはスマホに限りません。固定されていない機械で、インターネットに接続されているものすべてが対象です。5Gについてもう少し詳しく見ていきましょう。

5G回線は何がすごいの?

5G回線になると、次のような変化があります。
・通信の高速化
・通信の大容量化
・遅延が少なくなる
・信頼性が向上
・省電力化、低コスト化

5G回線が普及すると、さまざまな端末がいつでもどこでもモバイルネットワークを使って大容量の高速通信を行うようになります。

具体的には、車の自動運転やインターネットにつながる家電、仮想現実を利用したアプリの普及が進むでしょう。また、地方でも東京と変わらない通信環境が整備されることで、働き方改革やリモートワークの導入が進むと考えられています。

また、スマホでいえば5G回線になると、動画や音楽のダウンロードが速くなります。ストリーミングでもダウンロードと変わらない使い心地になるでしょう。

5G回線はいつから導入されるの?

日本では、NTTドコモや楽天モバイルが2020年の東京オリンピックに合わせて5G回線のサービス開始を予定しています。2019年には一部の地域でプレサービスを開始するようですが、まだ範囲は決まっていません。

現在5G回線が使えるのは、米国と韓国の2カ国だけですが、どちらも範囲は限定されています。また、2020年には日本だけでなく、中国でもサービスを開始する予定です。

5G回線は誰でも使える?料金は?

5Gの概要や導入時期がわかったところで、今度は具体的に利用方法や料金についてご説明しましょう。

5G回線が導入されたら、これまでの回線はもう使えないの?

5G回線のサービスを開始しても、LTE回線のサービスもそのまま提供されています。現在のスマホが使えなくなるということは当分ないので、安心してください。

今のスマホで5G回線を使うことができる?

今のスマホでは、5G回線を使うことはできません。

5G回線を使うには、5Gの通信方式に対応したスマホが必要ですが、現在のところ日本では発売されていません。

2019年夏以降に発売されるスマホのうち、高機能のものは5G回線対応になる見込みです。しかし、韓国で発売されている状況を見ると、5G回線対応スマホは現在のスマホより2万円以上高くなると予想されています。

5G回線の料金は?

まだ料金プランなどは発表されていないので、5Gになったことによって料金が変わるかどうかはわかりません。米国ではLTEとそれほど変わらない価格に抑えられています。ただし、いくらかは高くなると思われます。

5G回線は確かにすごい技術ですが、サービス開始直後からユーザーにとって「すごく便利」になるかどうかはわかりません。対応するスマホやアプリがまだ出揃っていないからです。
2020年にはさまざまなスマホやサービス、アプリが提供されると思いますので、期待しましょう!

関連記事

最近よく見聞きするスマホ通信の高速化技術をおさらい
【USB、LAN、IoT・・・】いつも使ってるIT用語の正式名称まとめ
冷蔵庫と電子レンジが協力!「スマート家電」がスゴイ!

成瀬京子

WebマーケティングやAIを主に扱うIT専門ライターです。ガラケー時代からの携帯・ガジェットマニアですが、なぜか仕事になりにくいのが悩みです。

記事(28本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック