5G回線になると、スマホはどう変わる? 他にもどんなことが便利になるの?

2019年から試験的に導入され始め、ニュースで5Gという言葉をよく聞きます。新しくスマホが変わることと思っている人も多いですが、実はスマホに限らない話って知っていますか?まずは、5G(第5世代移動通信システム)の基本についてまとめてみました。

5Gってなに?

5Gは「5th generation」の略で、「次世代のモバイルネットワーク(移動体通信)の通信方式」という意味です。ちなみに現在は主に第4世代のLTE-Advancedが使われています。スマホの表示では4Gとなっていますね。その前はLTEと表示されていたこともあります。
正式には第5世代移動通信システム、第5世代モバイルネットワークなど、いくつかの呼び方があります。簡略化して5G回線と呼ばれることも多いです。
移動体通信というとおり、利用するのはスマホに限りません。固定されていない機械で、インターネットに接続されているものすべてが対象です。5Gについてもう少し詳しく見ていきましょう。

5G回線は何がすごいの?

5G回線になると、次のような変化があります。
・通信の高速化
・通信の大容量化
・遅延が少なくなる
・信頼性が向上
・省電力化、低コスト化
5G回線が普及すると、さまざまな端末がいつでもどこでもモバイルネットワークを使って大容量の高速通信を行うようになります。
具体的には、車の自動運転やインターネットにつながる家電、仮想現実を利用したアプリの普及が進むでしょう。また、地方でも東京と変わらない通信環境が整備されることで、働き方改革やリモートワークの導入が進むと考えられています。
また、スマホでいえば5G回線になると、動画や音楽のダウンロードが速くなります。ストリーミングでもダウンロードと変わらない使い心地になるでしょう。

5G回線はどこで導入されているの?

日本では、NTTドコモ、au、Softbankの3社は2020年3月より5Gサービスを開始しました。米国と韓国の2カ国では、2019年から範囲を限定して導入されています。また、2020年には日本だけでなく、中国や欧州でもサービスが開始されました。

5G回線は誰でも使える?料金は?

5Gの概要がわかったところで、今度は具体的に利用方法や料金についてご説明しましょう。

5G回線が導入されたら、これまでの回線はもう使えないの?

5G回線のサービスを開始しても、LTE回線のサービスもそのまま提供されています。現在のスマホが使えなくなるということは当分ないので、安心してください。

今のスマホで5G回線を使うことができる?

5G回線を使うには、5Gの通信方式に対応したスマホが必要です。対応している機種は限られていますので、5G回線を利用したい場合には必ず確認するようにしましょう。

5G回線の料金は?

料金プランはキャリアにより異なっていますが、概ね従来の4Gの料金プランから500円~1,000円程度値上げする形での提供となっています。また、あわせて値引き特典なども実施しており、そこまで大幅な料金増とはなっておりません。
ただし、5G回線は確かにすごい技術ですが、サービス開始直後からユーザーにとって「すごく便利」になるかどうかはわかりません。対応するスマホやアプリがまだ出そろっていないからです。また、利用できるエリアもごく一部の地域に限られています。今後エリアの拡大や、5Gに対応したサービス、アプリが増えていくはずですので期待しましょう!

関連記事

最近よく見聞きするスマホ通信の高速化技術をおさらい
【USB、LAN、IoT・・・】いつも使ってるIT用語の正式名称まとめ
冷蔵庫と電子レンジが協力!「スマート家電」がスゴイ!

あなたにオススメ
Recommends

成瀬京子

WebマーケティングやAIを主に扱うIT専門ライターです。ガラケー時代からの携帯・ガジェットマニアですが、なぜか仕事になりにくいのが悩みです。