2020年には「スポーツの日」に。「体育の日」の由来って何?

「体育の日」といえば10月の第二月曜日となって久しいですが、2020年からは「スポーツの日」に。さらに2020年は7月24日に移動。これは、もともとの体育の日が10月10日になったこと由来するとか……。

体育の日と言えばやはり10月10日……と思いがちな昭和生まれの方も多いのでは。
でも、知ってのとおり、現在の体育の日は10月の第二月曜。
2000年にハッピーマンデー制度が施行され、1月15日であった成人の日などとともに、体育の日も月曜日に移動しました。
祝日と土・日の週休2日制がつながり、3連休以上の期間が増えたのです。
あれから、20年が経ちましたが、筆者は現在の体育の日が10月の第二月曜だということを、この記事を書くにあたってきちんと認識したレベルでした。2000年から時が止まっている……。
その「体育の日」がさらに変っているのです。どういうことなのでしょうか。

10月10日は「あのイベント」の開会式だった!

そもそも、体育の日が、法律によって国民の祝日として10月10日に制定されたのは1966年のこと。
なぜこの日になったのかというと、2年前(1964年)に行われた”あるイベント”が関連しています。
そのイベントとはズバリ、東京オリンピックの開会式。台風一過で澄み渡った青空の下、90か国以上の選手たちが国立競技場に集まり、ブルーインパルスが空に五輪マークを描くのを見つめました。
アジア、ひいては有色人種国家として初めて開催された世界的な祭典を記念し、「国民がスポーツや体育に親しみ、さらなる振興をはかる」という目的で制定された休日が体育の日なのです。

2020年には「スポーツの日」に!

56年のときを経て、2020年には再び東京でオリンピックが開催される予定でした。残念ながら新型コロナウイルスの影響で1年後に延期になりましたが、2020年から「体育の日」は「スポーツの日」と名称を改めました。そして、東京オリンピックの開会式の開催予定日だった7月24日の金曜日に、「スポーツの日」は移動しました。「10月10日」の由来にならう形となりますね。
スポーツが本来が持っている「娯楽」「レクリエーション」という意味に、教育的意味合いの強い「体育」という言葉がそぐわないと取り沙汰される昨今、時代の流れとしても、名前の変更は自然なのかもしれません。

2020年は国民の祝日のない10月となっていますが、スポーツには向いている気候ですよね。スポーツの秋を楽しんでみてはいかがでしょうか?

あなたにオススメ
Recommends

青木美帆(あおき みほ)

ライター/エディター。バスケットボール専門誌の編集部を経て、バスケット、野球、サッカー、その他スポーツや教育の現場を奔走中。目標は日本のバスケット文化を豊かにすること。ITオンチ代表として、身近な疑問をやさしく丁寧に解決します。⇒twitterfacebook