【スマホ】ブラウザで一度閉じたページをもう一度開く方法

スマホでブラウザを使っているとき、うっかりタブを間違えて閉じてしまうこと、ありますよね。この記事では、閉じてしまったタブを復活させる方法をご紹介します。

スマホでネットをしている時、まだ見ている途中だったページや後から見ようと思っていたページを間違って閉じてしまったことはありませんか? ブラウザの履歴から探すこともできますが、ちょっと面倒ですよね。
そこで便利なのが、「最近閉じたタブ」を元に戻す方法です。この記事では、iPhoneでSafariとChromeと使用した時の操作方法をご紹介します。

そもそもタブって何?

SafariやGoogle chromeなどで検索すると、検索結果を表示したページが残りますが、それが「タブ」と呼ばれます。

Safariでは右下のボタンをタップすると、過去に検索したページが「タブ」として表示されます。
複数のページをタブとして残しておけるので、前に見たページを消さずにまた見ることもできます

しかし、このページをうっかり消してしまうと「あのページどこだっけ」と探さなくてはいけません。

次の項では、iPhoneでタブを復活させる方法をご紹介します。

iPhoneのsafariでタブを復元する方法

iPhoneのSafariの場合、あるアイコンを長押しすることで、閉じてしまったタブを復元できます。

1.Safari画面の右下にあるタブ一覧のアイコンをタップします。

2.開いているタブが表示されるので、下部中央にある「+」ボタンを長押しします。

3.「最近閉じたタブ」が表示されるので、その中から閉じたタブを探します。

この方法を使えば、履歴から探すよりも短時間で楽に復元できますよ。

iPhoneのGoogle chromeでタブを復元する方法

iPhoneでもGoogle chromeアプリをデフォルトにしている方も多いのではないでしょうか。Google chromeアプリでも簡単に閉じてしまったタブを復元できますよ。

1.右下にある「…」ボタンをタップします。

2.「最近使ったタブ」をタップします。

3.「最近閉じたタブ」の中から閉じてしまったタブを選びましょう。

うっかり消してしまったときに便利

タブをうっかり消してしまうと、履歴から復元するのはちょっと面倒ですよね。この方法を使えば比較的簡単にタブを復活できるので、ぜひ試してみてください。

あなたにオススメ

月木なつめ

会社員を経てフリーランスに。文化財学科出身なので趣味で歴史系の分野を調べることも。IT・旅行・ゲームなどの分野で執筆活動中。