ショートカットでリンク先が見つからないエラーが出た場合の対処法

ショートカットの元ファイルを移動させると、リンク先が見つからないエラーになります。その場合は移動先を探して、あらためてショートカットを作成しましょう。

ショートカットとは、ファイルやフォルダに簡単にアクセスできる仕組みのこと。デスクトップに置けば、探すのに時間のかかるファイルもすぐに開くことができます。
しかし、元ファイルが元のフォルダから別のフォルダに移動しているとエラーが表示されます。その場合は、ファイルの移動先を検索してあらたなショートカットの作成を行いましょう。

検索で元ファイルを探す

元ファイルが別の場所へ移動している場合、ショートカットを開こうとしても元ファイルにアクセスできなくなり、「ショートカットエラー」が表示されます。そこで、元ファイルの移動先を特定し、新しくショートカットを作成する必要があります。

「スタートメニュー」の検索欄にファイル名を入力し、[Enter]キーを押します。
元ファイルが表示されたら、右クリックし、[ファイルの場所を開く]を選択すると、元ファイルの移動先フォルダが開きます。これで元ファイルの場所の特定が完了します。

あらたなショートカットを作成

元ファイルが見つかったら、あらたにショートカットを作成します。

元ファイルのアイコンを右クリックし、「送る」を開き、[デスクトップ(ショートカットを作成)]をクリックします。デスクトップ上にあらたにショートカットが作成されます。
同じアイコンが2つあると混乱をするので、事前に、エラーの出たショートカットアイコンを右クリックし、「削除」をクリックして削除するといいでしょう。

元ファイルを復元できる場合も!

ショートカットを開こうとすると、以下のメッセージが表示される場合があります。

その場合[元に戻す]をクリックすると、元ファイルが元の位置に復元され、ファイルが開けるようになります。

サーイ・イサラ編集部

BIGLOBEが発行している、会員情報誌「サーイ・イサラ」編集部です。 情報誌に掲載した記事の中から、インターネットやパソコンの便利ワザ などをピックアップして紹介します。⇒サーイ・イサラとは?

あなたにオススメ
Recommends