デジカメやスマホで桜の花をきれいに撮影するコツ

毎年、桜の花を撮影しているんだけど、写真が暗くなったり、光がヘンに入ったりと、どうにも上手に撮れない。

一眼レフカメラなら、きれいに撮れるのかもしれないけれど、そこまでお金もかけたくないしなぁ・・・

そんな人のために、今回は手持ちのコンパクトデジカメやスマホで、気軽に桜の花をきれいに撮る方法をご紹介しましょう! 

逆光にならないように撮影しよう

桜を撮るとき、花のうしろに太陽が来ると「逆光」になってしまい、きれいに撮ることができない場合がある。

デジカメやスマホで桜の花をきれいに撮影するコツ

これが失敗例。陰影がつきすぎてしまって、あまり美しくない。

また、花が暗いからといって、フラッシュをたいてしまうのも失敗のもと。

デジカメやスマホで桜の花をきれいに撮影するコツ

このように、のっぺりと平面的な写り方になってしまい、花びらが重たく見えてしまう。

上手に撮るためには、太陽を背中にして「順光」で撮影するのが基本。花びらの色が得やすく、自然な雰囲気で撮ることができる。

「露出補正」を使って、思い通りの明るさに

順光でも、桜を撮るとどうしても暗くなってしまうことがある。原因は桜の花が白っぽくて、光をよく反射するからだ。

そこにピントを合わせると、カメラはその場所を測光して「明るい」と判断。そして暗めに調整してしまうのだ。

そこで覚えておきたいのが「露出補正」という機能。簡単な操作で、写真を明るくしたり、暗くしたりできる機能だ。

露出の数値は補正しない状態を「±0」として、「+」に動かすと明るくなり、「-」に動かすと暗くなる。

デジカメやスマホで桜の花をきれいに撮影するコツ

これが何もしないで撮った状態。ちょっと暗い。露出補正は「±0」。

デジカメやスマホで桜の花をきれいに撮影するコツ

1段階明るくして、露出補正を「+1/3」に。

デジカメやスマホで桜の花をきれいに撮影するコツ

さらに明るくすると、少し明るすぎな感じ。露出補正は「+1」。

たいていのデジカメには、露出補正の機能が備わっているので、ぜひ使ってみよう。

スマホでも簡単に写真の明るさを変えられる

スマホで撮影するときはどうにもならない・・・なんて、あきらめるのはまだ早い! 

スマホでも撮影後に画像編集メニューから自動露出補正がかけれる機種は多いし、もし明るさ調整機能がない場合でも、画像編集アプリで簡単に調整することが可能なのだ。

iPhoneの場合は撮影時に露出補正がかけられる。画面をタップして調整してから撮影しよう。

デジカメやスマホで桜の花をきれいに撮影するコツ

画面上で暗い場所をタップすると明るめに写るので、桜を明るめに撮りたいと思ったら、影になっている部分をタップしてから撮影するといい。

デジカメやスマホで桜の花をきれいに撮影するコツ

普通に撮った場合の桜がこれ。やっぱりちょっと暗い。

デジカメやスマホで桜の花をきれいに撮影するコツ

暗い部分をタップしてからシャッターボタンを押すと、こんなに明るく撮影できる。

こんなちょっとした方法を覚えておくだけで、結構きれいな写真が撮れる。面倒な操作は一切ないので、さっそく今年のお花見で試してみて!

関連記事

あると便利!花見に連れていきたいアプリ3選
お花見に役立つアプリ!スポット探し、日程調整、当日のデリバリーもできるよ!
画像を撮りすぎた!どこに移せばいいの?手軽な保管方法

ピックアップ

牛島義之(うしじまよしゆき)

アウトドア雑誌の副編集長職を経て、フリーランスとして独立。以降、アウトドアをはじめ、遊びにまつわる数々の原稿を雑誌やWEBサイトにて執筆している。 ⇒今日も明日も『ゆる~い生活』

記事(271本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック