日本人研究者のノーベル賞受賞や、ビーカーやフラスコでお酒を提供する「理系バー」が人気になるなど、最近なんだか理系が熱い! さらに、おしゃれな人たちの間では「理系インテリア」が流行っているとのこと。

何を隠そう"リケジョ(理系女子)"の私も「ブームに乗り遅れるわけにはいかない!」と、早速理系グッズについてネットで調べてみました。しかし、Amazonや東急ハンズなどの雑貨売場でもビーカーが約800円、三角フラスコは1,000円以上と、本格的な理系グッズはインテリア用には少々お高い様子・・・。

もっと気軽に楽しめる方法はないものかと、色々調べてみた結果、100円ショップで理系グッズを購入できるとの情報を入手。100均グッズで理系インテリアに挑戦することにしました!

ビーカー、フラスコ、試験管・・・すべて100円!

今回訪れたのは、100円ショップ「Seria」。インテリアコーナーの一画に並んだガラス瓶をじっと眺める・・・と、ありました、三角フラスコ

100均で買えるビーカーやフラスコで「理系インテリア」に挑戦してみた!

もちろん、そこは100均グッズだけに、本格的な実験器具と比べると質では劣りますが、インテリアに使う分にはまったく問題なし! その近くには透明&褐色2色の短い試験管もあり、合わせてゲットしました。

100均で買えるビーカーやフラスコで「理系インテリア」に挑戦してみた!

続いて、ビーカーは意外な場所で発見。その場所とは、キッチンコーナー。計量カップのようですが、見た目はちっちゃなビーカーです。

100均で買えるビーカーやフラスコで「理系インテリア」に挑戦してみた!

こうして揃えた、三角フラスコ、試験管、ビーカー。あとは、合わせて飾るちょっとした小物を購入すれば、理系インテリアの準備は完了です。

理系グッズはグリーンとの相性もGood!

無機質な印象の理系グッズですが、ガラス製という特性もあり、実はグリーンとの相性がいいんです。そこで、今回はグリーンを取り入れた理系インテリアに挑戦してみました。

1.「三角フラスコ」を花瓶に

三角フラスコは底が平らでそれだけでも自立するので、水を入れてちょっとした花を飾るのに便利です。

2.「ビーカー」を観葉植物のプランターに

今回購入した計量カップは、容量高さ6cm、直径4cmと小さめなのですが、実は同じく100均で売っている観葉植物を入れるのにちょうどいいサイズ! いろんな種類を並べてもかわいいですね。

3.「試験管」を一輪挿しに

試験管は理系度をグッと高めてくれるアイテムですが、自立しないのが難点・・・。そこで、試験管を上手に飾るアイデアを二つご紹介します。

まずは「細いものを立てる」という発想から、歯ブラシ立てを利用する方法です。歯ブラシの代わりに試験管を立てるだけで簡単に飾れます。花を飾って一輪挿しにするほか、絵の具をといた色水を入れると、実験室風なインテリアになるかも・・・?

100均で買えるビーカーやフラスコで「理系インテリア」に挑戦してみた!

二つ目は「自立しないならどこかに固定すればいい」という発想で、メッシュフレーム(これも100円!)に麻紐で固定する方法。紐を試験管に巻きつけ、フレームに固定する手間はかかりますが、画鋲でメッシュフレームを固定すれば壁掛けにもできますよ。

100均で買えるビーカーやフラスコで「理系インテリア」に挑戦してみた!

そして、これらすべてを並べた様子がこちら!

100均で買えるビーカーやフラスコで「理系インテリア」に挑戦してみた!

いかがでしょうか? 理系グッズがインテリアのポイントとなって、知的&おしゃれな空間になった気がします。流行の「理系インテリア」。ぜひ皆さんも100均グッズを使って、お得に試してみてくださいね。

ピックアップ

竹下沙弥香(たけしたさやか)

ダイビング雑誌の編集者兼ライター、オリジナル絵本制作会社のWEB担当、アプリレビューサイトのWEB担当兼ライターを経て、『エンジョイ!マガジン』編集部員となる。「思い立ったら即行動」がモットー。体当たりで様々な疑問を解決します。

記事(41本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック