荷物の受け取りを手軽に!PUDO、はこぽすってどんなサービス?

仕事などが忙しく、なかなか自宅で荷物を受け取れないこともあります。そんな時に便利なのがロッカーで荷物や郵便物が受け取れるサービスです。本記事ではPUDOとはこぽすについてご紹介します。

なかなか自宅で荷物を受け取れないタイミングってありますよね。また荷物が来るのを自宅で待っている時間がもったいないと感じることもあります。
そんな時に便利なのが、駅、スーパー、コンビニ、公共施設などに設置されたロッカーで荷物を受け取るサービスです。

この記事ではヤマト運輸が行っているサービス「PUDO」と日本郵便が行っているサービス「はこぽす」についてご紹介します。最近、駅や各施設に設置されているのを見て気になっていた方もいるのではないでしょうか?

宅配便ロッカーで荷物を受け取れる「PUDO」

PUDO(正式名称「PUDOステーション」)はヤマト運輸が提供するサービスです。
駅やスーパー、コンビニ、ドラッグストア、公共施設など様々な場所に設置してあるロッカーで、宅急便を好きな時に受け取れます。
24時間好きなタイミングで受け取れるので、「なかなか自宅で受け取れない」「誰にも会わずに荷物を受け取りたい」時に便利です。

「PUDO」の受け取り方法

PUDOを利用するにはヤマト運輸のサービス「クロネコメンバーズ」に登録する必要があります。
登録後に、「各種サービス」から受け取り場所を選択します。

1.「宅配便ロッカー(PUDO)」を受け取り方法に指定する
クロネコメンバーズになり、設定するとLINEやメールなどで「お届け予定通知」や「ご不在連絡通知」が送られます。ここに記載されているURLをクリックして受け取り方法を「宅配便ロッカー」にします。
もしくは「Myカレンダーサービス」からも「宅配便ロッカー」を受け取り場所に指定できます。

2.指定可能な「宅配便ロッカー(PUDO)」を選択する
配達範囲内で指定可能な宅配便ロッカーが一覧と地図で表示されるので、その中から選択します。

3.配達通知が届く
指定の宅配便ロッカーに荷物が納品されると、認証番号やバーコードの記載された「納品完了通知」が届きます。荷物は納品完了日から3日以内に受け取ります。

4. PUDOで受け取る
指定したPUDOに行き宅配便を受け取ります。
まずタッチパネルに触れ「受け取り」をタッチします。
「納品完了通知」に記載されている「認証番号(8桁)」を入力します。
もしくは「PUDOステーション専用認証バーコード」をスキャナーにかざします。
受け取りのサインをタッチパネル内に指で記入しましょう。
すると扉が自動で開くので荷物を受け取り、扉を閉めたら完了です。

荷物や郵便物を受け取れる「はこぽす」

「はこぽす」は日本郵便が提供するロッカーで荷物を受け取るサービスです。
郵便局などに設置されたロッカーで荷物や郵便物を好きなタイミングで受け取れます。

「はこぽす」の申し込み方法

はこぽすを利用して荷物を受け取るには、「購入時に申し込む」と「配達予告・不在持ち戻りメールから申し込む」と「MyPost利用者専用サイトから申し込む」の3つの方法があります。

購入時に申し込む方法
はこぽすで受け取りが可能な通販サイトやフリマアプリなどで商品を購入した際に、受け取り場所として「はこぽす」を選択します。
ゆうパック・ゆうパケットで利用できます。

配達予告・不在持ち戻りメールから申し込む方法
通販サイトや郵便局から専用サイトのURLが記載されたメールが届きます。
そのURLをクリックし、受け取り方法として「はこぽす」を選択します。

MyPost利用者専用サイトから申し込む方法
MyPostに登録していて、不在のため郵便局に保管されているゆうパック、ゆうメール、郵便物が対象です。
MyPost利用者専用サイトにログインし、「はこぽす」を選択します。

「はこぽす」での受け取り方法

1.はこぽすの液晶画面にて「荷物の受け取り」をタッチします。
2.商品到着通知メールなどに記載されたパスワードを入力します。
3.問い合わせ番号を入力して「確認」を押します。
(この画面は表示されないこともあります。)
4.ロッカーの扉が自動で開くので、荷物や郵便物を受け取ります。
5.終了を押して受け取り完了です。

どちらも自分の都合の良い時間に荷物を受け取れる

PUDOもはこぽすも、自分の都合の良い時間に荷物を受け取れる便利なサービスです。
ただしどちらも受け取り期限が設定されていますので、受け取るのを忘れないようにしましょう。

あなたにオススメ
Recommends

月木なつめ

会社員を経てフリーランスに。文化財学科出身なので趣味で歴史系の分野を調べることも。IT・旅行・ゲームなどの分野で執筆活動中。