アンディ・ウォーホルと言えば、マリリンモンローのポップアートが有名です。ビビッドな配色のモンローを一度は目にしたこと、ありますよね。

そこで今回は、アンディ・ウォーホル風の画像がいとも簡単に作れるアプリをご紹介します!

最短4タップ。どんな写真もアンディ・ウォーホル風にできる無料アプリ

どんな画像も「アンディ・ウォーホル風」にできるスマホアプリを使ってみた結果

アンディ・ウォーホル風に画像加工ができるアプリは、iPhone(iOS向け)には「Pop Art Lite」、Androidには「Andy Warhol Effect」とそれぞれあります。どちらのアプリを使っても、ほんの数分で作れてしまいます。

早速、iPhone向けの「Pop Art Lite」を例に使い方をご説明しましょう。

アプリを立ち上げる

どんな画像も「アンディ・ウォーホル風」にできるスマホアプリを使ってみた結果

アプリをインストールして起動すると「Select Pop Art Source」として、2つの選択肢が出てきます。

上の「Camera」をタップすればカメラが起動、下の「Photo Albums」をタップするとカメラロール内から写真を選ぶことができます。今回は「Photo Albums」を選択。

カメラロールから写真を選ぶ

どんな画像も「アンディ・ウォーホル風」にできるスマホアプリを使ってみた結果

カメラロールの中から、加工したい画像を選んでタップします。(せっかくなのでインパクトの強いフリー素材写真にしてみました)

プレビュー画面で「SAVE」をタップ

どんな画像も「アンディ・ウォーホル風」にできるスマホアプリを使ってみた結果

すると選んだ画像が4パターンの配色に早変わり。

このまま「SAVE」をタップすればカメラロールに保存されます。

どんな画像も「アンディ・ウォーホル風」にできるスマホアプリを使ってみた結果

この通り。実に簡単ですよね。

応用:配色を変更したいときは「COLORS」をタップ

この「Pop Art Lite」は色の設定が非常に幅広く用意されています。

どんな画像も「アンディ・ウォーホル風」にできるスマホアプリを使ってみた結果

さきほどのプレビュー画面で「COLORS」をタップしてみると・・・

どんな画像も「アンディ・ウォーホル風」にできるスマホアプリを使ってみた結果

4つの配色パターンの中の「Dark Color」「Light Color」「High Lights」が、それぞれ個別に設定できるようになっています。

これで好きな色を自由に設定できるのですが、おすすめなのは画面下部に用意されている「Randomize1」「Randomize2」というボタン。

タップしてみると、文字通りランダムに配色パターンをどんどんと提案してくれます。

どんな画像も「アンディ・ウォーホル風」にできるスマホアプリを使ってみた結果

これは連打しているだけでも楽しい! めくるめく変化する配色に、宇宙的な何かを感じつつ「これだ!」という直感に頼って右上の「Done」をタップしましょう。

どんな画像も「アンディ・ウォーホル風」にできるスマホアプリを使ってみた結果

「Randomize1」で直感で作ってみた画像がこちら。レトロ感があってなかなかお気に入りです。

どんな画像も「アンディ・ウォーホル風」にできるスマホアプリを使ってみた結果

「Randomize2」で直感で作ってみた画像がこちら。ガラっと雰囲気が変わりましたね。

ちなみに、「Randomize1」と「Randomize2」の違いは全くわかりませんでした。

iPhoneの壁紙にちょうどいいことが発覚!

どんな画像も「アンディ・ウォーホル風」にできるスマホアプリを使ってみた結果

人物以外にも、たとえばお気に入りの風景を加工して、iPhoneの壁紙に設定してみると・・・

どんな画像も「アンディ・ウォーホル風」にできるスマホアプリを使ってみた結果

なんということでしょう。
iPhoneのホーム画面が、ちょうどいい感じで4ブロックに区分けされたではありませんか!

たったこれだけなのに、ホーム画面が格段に使いやすくなりました。これは予想外。
アンディ・ウォーホル氏、ありがとう!

ということで、思わぬ発見があったこのスマートフォンアプリ。

壁紙以外にも、ツイッターやFacebookのアイコン画像などにも使えると思いますので、早速ダウンロードして好きな画像をアンディ・ウォーホル風にしてみてはいかがでしょうか?

※記事ではiOS 7を使用。

ピックアップ

うえやま

競馬カメラマンからWEB業界へ異色の転身後、WEB制作に加えて大手メールマガジンやツイッターキャラクターの中の人までこなす。三度の飯より件名を考えるのが好き。

記事(208本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック