ポイントやマイルは相続できるの?万が一の時のために知っておこう

世界的にキャッシュレス化が進みつつある現代において、普段からクレジットカードを利用している人は少なくないと思います。また、仕事や旅行で飛行機に乗る機会の多い人は、マイルの貯まるカードやサービスを意識して利用するようにしているのではないでしょうか。

買い物の際に割引ができたり、豪華特典と交換できたりと、いろいろ使えて便利なポイントサービス。なかには「永久不滅」を謳っているポイントもあり、安心して貯めることができます。

しかし一方で、疑問もあります。「永久不滅」とは言いますが、もしも利用者が亡くなってしまった場合、それまでに貯めたポイントの扱いはどうなるのでしょうか? 資産と同様に、家族が相続することはできるのでしょうか?

本記事では、そんな「ポイント」と「マイル」の扱いについて調べてみました。

クレジットカードの「ポイント」は相続できない場合が多い

ポイントやマイルは相続できるの?万が一の時のために知っておこう

結論から述べますと、各社クレジットカードの「ポイント」については、相続・譲渡できない場合が多いようです。以下、いくつかのカード会社の規約・Q&Aを見てみましょう。

アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・カードの「メンバーシップ・リワード」プログラムでは、会員規約に「会員資格が終了した場合、そのカードに累積されているポイントはその時点で失効する」という説明があります。

▼参考:アメリカン・エキスプレス・カード・サービス「メンバーシップ・リワード」プログラム会員規約

セゾンカード

セゾンカードの場合、「永久不滅ポイント規約」に「死亡した場合はポイントを喪失する」という旨の文章がはっきりと書かれています。

▼参考:セゾンカード「永久不滅ポイント規約」

Q&Aページでは親族による解約手続きの方法も書かれていますので、下記リンクから確認してみてください。

▼参考:セゾンカード「Q&Aページ」

エポスカード

エポスカードでは、サイト上に「ポイントの相続、譲渡、譲受、貸与および借り入れはできません」という文章が掲載されています。

▼参考:エポスカード「エポスポイントのご利用にあたって」

楽天スーパーポイント

楽天スーパーポイントの場合、「一つのアカウントで保有するポイントを、別のアカウントに移動・譲渡・共有できない」という内容の説明が利用規約上で確認できます。

ただし「家族でポイントおまとめサービス」を利用していれば、家族間でのポイント移行は可能となっているようです。

▼参考:楽天スーパーポイントント「楽天会員規約」

以上、4つのクレジットカードの規約を調べて確認してみました。

ほかのクレジットカードの利用規約も見てみたかぎりでは、大多数の会社では「ポイントの相続はできない」「会員資格の喪失(死亡)と同時に失効する」と定められているようです。

ただ、なかには相続を認めているケースもあるかもしれませんので、気になる方は自分が利用しているカード会社に問い合わせてみてください。また、上記の楽天スーパーポイントのように「家族利用」を前提としているサービスでは、ポイントの移行が可能な場合もあるようです。

マイレージサービスの「マイル」は相続可能

ポイントやマイルは相続できるの?万が一の時のために知っておこう

では、航空会社が提供するマイレージサービスについてはどうでしょうか。国内の大手2社については、「条件を満たせば可能」となっているようです。

ANAマイレージクラブ

ANAマイレージクラブの会員規約には、「法定相続人はマイルの譲渡を受けることができる」という説明があります。

相続の際には死亡証明書などの書類が必要になるほか、申請は「6ヶ月以内」という制限もあるようです。詳しくは会員規約をご確認ください。

▼参考:ANAマイレージクラブ会員規約

JALマイレージバンク

JALマイレージバンクの一般規約によれば、「会員が死亡した際、法定相続人はマイル口座に残る有効なマイルを相続することが可能」と定められています。

また、JALファミリークラブとJALカード家族プログラムに登録している場合は、家族会員間で積算マイルを合算することもできるそうです。それぞれ、詳しくは公式サイトから問い合わせてみてください。

▼参考:JALマイレージバンク一般規約

この機会にざっと規約を確認してみては?

以上、ポイントとマイルの扱いについて調べてみました。

結論としては、「クレジットカードの『ポイント』は相続できない場合が多いが、マイレージサービスの『マイル』は条件付きで相続可能」といった形になります。

ただし先ほども書いたように、これら「ポイント」の扱いは会社によって異なります。なかには相続や譲渡が可能なケースもあるかもしれませんので、気になる方は問い合わせてみてください。

また、契約時にカードの「規約」は確認しているかと思いますが、規約はしばしば改定されています。普段はあまり意識することがありませんが、いざという時に長い文章を読んで調べるのも大変です。

気になる部分は、この機会に確認してみてはいかがでしょうか。

関連記事

どうも「貯まる」ものらしいけど...マイルってなに?マイレージと違うの?
偽サイトでモノを買ってしまい、クレジットカードが不正利用された話
ポイントは一つにまとめるべし!「ポイント交換サイト」の使い方

ピックアップ

けいろー(@Y_Yoshimune)

フリーライター。インターネット大好きゆとり世代。大手メーカーに営業職として新卒入社するも体を壊して退職。無職期間にブログを書いていたところ仕事をもらえるようになったため、ノリで独立。書評、作品レビュー、アニメ、グルメ、旅行、なんでもござれ。はやくにんげんになりたい(おしごとください)。 ⇒ぐるりみち

記事(12本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック