永遠に書ける!空中に書ける!驚きの最先端ペン3種

鉛筆にシャープペンシル、ボールペン、万年筆に蛍光ペン・・・。ペンにはさまざまな種類があるけれど、最近のペンは、とんでもなくスゴいことになっている。

想像もつかない進化を遂げた、革新的なペンの数々。知らないと人生、絶対に損しますよ!?

インクいらずで「永遠に書き続けられる」ペン!?

永遠に書ける!空中に書ける!驚きの最先端ペン3種

フェラーリ、アルファ・ロメオ、ロールスロイスなどのデザインを手がけるピニンファリーナ社が、文具メーカーと共同開発したのが「4.EVER・ピニンファリーナ・カンビアーノ」」。

なんとコレ、インク不要で永遠に書き続けられるというのだ。

ペン先は「イサーグラフ」という合金製。コレを紙にこすりつけると酸化して跡(=文字)が残るという仕組みだ。

鉛筆のように書けて、消しゴムで消すことができないこのペンは、インクも入らないし、100年経っても書き続けられるという。2万円弱というこのお値段、一生モノと考えたら安いかも?

空中に絵が描ける3Dペン

永遠に書ける!空中に書ける!驚きの最先端ペン3種

絵といえば2Dという常識を打ち破った画期的なペンが、この「3Doodler」。空中に立体的な絵を描くことができる"3Dペン"なのだ。

ACアダプターに接続してペン先を温める。そして、本体にプラスチックフィラメントを差し込んでボタンを押せば、ペン先から溶けたフィラメントが出てきて絵が描けるというわけだ。

3Dプリンターとハンダごてを足して2で割ったようなこのペン。難しい技術は一切必要ないというので、感性に任せて描いてみれば、思わぬアート作品ができあがるかも?

メモと音声を記録するペン

永遠に書ける!空中に書ける!驚きの最先端ペン3種

専用のノートに文字や図形を書き込むと、搭載されたWi-Fi機能を使って「Evernote」にアップされるというデジタルボールペンが、この「Livescribe WiFi スマートペン」。

筆記したものだけでなく、音声の録音も可能。メモをとりながら相手の話した内容を録音し、それがそのままEvernoteに保存できるのだから楽チンだ。

しかも、手書きメモの文字や図形をクリックすれば、そのメモを書いたときに録音された音声を再生できる。会議や商談、講習会など、さまざまなシーンで活用できそうだ。

ピックアップ

牛島義之(うしじまよしゆき)

アウトドア雑誌の副編集長職を経て、フリーランスとして独立。以降、アウトドアをはじめ、遊びにまつわる数々の原稿を雑誌やWEBサイトにて執筆している。 ⇒今日も明日も『ゆる~い生活』

記事(271本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック