Windows クイック アシストでパソコンを遠隔操作する方法を解説

Windows10から、遠隔で別のパソコンを操作できるようになる「クイック アシスト」が実装されました。ここでは、Windows クイック アシストとは何か、また、その使い方についてご紹介します。

遠方に住む両親から「パソコンの使い方がわからない……」と助けを求められたらどうしますか? 電話で説明してもなかなかうまくは伝わらないものですし、LINEなどで画面越しに指示するにしても、操作するのはあくまでも相手(両親)なので、これもまた難しいものがあります。

そんな時に、ぜひ活用してみてもらいたいのがWindowsの「クイック アシスト」。

今回は、Windows クイック アシストがどのような機能なのか、そしてその使い方の手順について詳しく解説していきますので、前述のような状況の方はぜひ参考にしてみてください。

Windows クイック アシストとは?

「クイック アシスト」とは、Windows10から実装された遠隔操作ツールです。

クイック アシストでは、自身のパソコンと相手のパソコンをリモート接続して、自分の画面を相手のパソコンの画面に表示したり、自分のパソコンから相手のパソコンを直接操作したりすることができるようになります。

遠方にいながら、隣で一緒にパソコンを触っているかのように、操作できるわけです。

Windows クイック アシストの使い方

「遠隔操作って聞くと難しそう……」と思われるかもしれませんが、実は簡単です。支援する側と支援される側に分けて、それぞれの始め方を説明します。
※以下は、Windows11でのクイック アシストの手順です。

支援する側

まずは、クイック アシストを起動させます。
スタートメニューの検索欄で「クイック アシスト」と検索するとアプリが表示されますし、「Ctrl + Win + Q」キーで直接起動することも可能です。

起動したら、「他のユーザーを支援する」をクリックします。

このときMicrosoftのアカウントにサインインを求められます。
自分のアカウントでサインインしましょう。

また、クイック アシストを使うのがはじめての方は、ここで認証アプリ「Microsoft Authenticator」のインストールを求められるので、インストールしてください。

Microsoft Authenticatorでも、Microsoftのアカウントを追加します。

認証手続きが完了すると、6桁のセキュリティコードが表示されます。支援を受ける側は、開始時にこのコードを入力する必要があります。

支援される側

では、次に支援される側の始め方を見ていきましょう。

まずは、先ほどと同様に、クイック アシストを起動します。

そして、先ほど支援する側の方で発行された「アシスタントからのコード(6桁のセキュリティコード)」を入力します。

あとは、共有オプションから「完全に制御する」か「画面を表示する」のどちらかを選択すれば、双方のパソコンがリモート接続されます。「画面を表示する」では、相手の画面を見て、具体的に操作の指示を行うことができます。「完全に制御する」を選べば、見るだけでなく自分のパソコンと同様に実際に操作して、困り事を解決することができます。

  • 「完全に制御する」:相手にパソコンの操作権限がすべて与えられる
  • 「画面を表示する」:操作権限はなしで、相手の画面のみ表示される

隣で一緒に操作しているかのように使える!

今回は、Windows クイック アシストとは何か、また、その使い方をまとめました。
初めてですと認証アプリ「Microsoft Authenticator」のところで戸惑うかもしれませんが、アプリの指示に従えばそれほど難しい手続きではありません。

パソコンを遠隔操作する必要があるときは、ぜひ一度挑戦してみてください。

インターネットを最大限楽しむには「ビッグローブ光」の光回線がオススメ!

「インターネット回線が遅い」
「インターネット料金が高い」
などのお悩みはありませんか?

安定した速度とリーズナブルな光回線なら、
IPv6接続(IPoE方式)*1で最大1Gbps*2の「ビッグローブ光」がオススメです。

「ビッグローブ光」なら他社の光回線(フレッツ光・コラボ光)をお使いでもお乗り換えはかんたんです。
工事費実質無料、おトクな特典もご用意しています。

 

*1 IPv6に対応していないサービス/サイトはIPv4接続となります。

*2 最大通信速度は光回線タイプによって異なります。最大通信速度はお客さまのご利用機器、宅内配線、回線の混雑状況などにより低下します。

 

あなたにオススメ

堀本一徳

世界24カ国を旅した自由人。現在はライター兼カメラマン兼ウェブデザイナーとして活動中。得意分野はIT(情報系学科出身)、旅行、教育(教員免許あり)