うちのインターネット遅いけど、光回線じゃないの? 回線種別を確認してみよう

自宅で使っているインターネットが遅いと感じているなら、インターネットの回線種別を確認してみましょう。ここではネット回線の種類と光回線のメリットについてまとめています。

みなさんは、ご自宅のインターネット回線の種類を知っていますか? インターネット接続は「光回線」が一般的になってきているのですが、自宅で契約している回線が何なのか、意外と知らないものですよね。
ここでは、回線の種類についてまとめています。「実はインターネットの速度が気になっていた」という人は、快適にネットを使うヒントになりますよ。

自宅のインターネットの回線はどんなものがあるの?

自宅で何気なく使っているインターネット。通信にはいくつか種類があり、種類ごとに通信速度が違います。固定回線として使われているサービスは、主に三つあります。一つは「光回線」、もう一つは「ケーブルテレビ」、最後は「ADSL」です。
この中で、現在一番多く使われていて、通信速度が一番速いのは、光ファイバーを使った「光回線」。固定回線の7割強を占め、最大通信速度も1Gbps~2Gbps、エリアによっては5Gbps、10Gbpsまでのものがあり高速です。
ケーブルテレビは、ケーブルテレビの回線を使ったインターネット回線ですが、最大通信速度は光回線に比べると遅いケースが多く、例えばケーブルテレビの中で利用者数が最も多いJ:COMでは、最大320Mbpsとなっています。(2020年2月20日時点)また、光回線と比較すると速度の安定性も欠けています。
既存の電話線を使う「ADSL」は、今回紹介する三つの中でもかなり低速です。基地局から自宅までの距離が遠いと、通信速度も遅くなります。また、2023年1月31日でサービスが終了してしまうため、近いうちに固定回線の見直しが必須となっています。

自宅の回線が遅い理由をチェックしてみよう

自宅のインターネットが遅いなあ、オンラインゲームがカクカクしてしまう、といった状況であれば、まず第一に自宅が光回線ではないことが考えられます。
例えば、マンションなどの集合住宅でケーブルテレビのインターネットを使っている場合、混雑時にはネットの通信速度が遅くなることがあります。ADSLやケーブルテレビでも、もちろんインターネットはつながりますが、光回線に比べるとやはり速度が遅いため、動画視聴やオンラインゲームをするなら、光回線にしておく方がメリットが大きいでしょう。
また、ADSLは数年後にはサービスが終了してしまうことを考えると、今から光回線に変更しておけば、余裕を持ってスムーズに回線の切り替えができます。

光回線なら自宅のネット環境が快適に

最近では、自宅でブロードバンド回線(光回線など、大容量通信が可能なインターネット回線のこと)が使えることを前提にしたさまざまなサービスが増えています。スマホのアプリを介して、冷蔵庫やエアコン、AIスピーカーと連携して使用すると、電化製品をもっと便利に使うことができますよ。
自宅のネット環境を見直して、光回線に変更するのであれば、おトクなキャンペーンも実施しているビッグローブ光もぜひ検討してみてくださいね。
▼ビッグローブ光の詳細はこちらから

あなたにオススメ
Recommends

中野友希(なかのゆき)

税理士補助や経理、職場の衛生管理者としてメンタルヘルスケアに取り組むなど、探求心旺盛な会社員時代を過ごす。出産後、楽しい物事を文章で伝えることに使命感を燃やしながら、フリーライターとして独立。ヘルスケア、ペット専門のオウンドメディアなどを中心に執筆中。