光回線の基本26「フレッツ光から光コラボへ転用!回線速度はどうなる?」

フレッツ光と各社のコラボ光は、どちらの回線速度のほうが速いのか。光コラボへの転用によって速度が変わるのか。そもそものフレッツ光との関係についても確認しつつ、説明します。

各社が魅力的なキャンペーンを展開している、光コラボレーションモデル(以下光コラボ)。フレッツ光からの転用を検討している人も多いのではないでしょうか。

しかし実際に乗り換えるとなると無視できないのが、回線速度の問題です。フレッツ光から各事業者が提供する「光コラボ」に転用することで、インターネットが遅くなることはあるのでしょうか。

この記事では「光回線の基本26」と題して、フレッツ光からの転用の際に回線速度が変わるかどうかを説明します。

〈ポイント〉
・プロバイダーを変更せずフレッツ光から光コラボへ転用しても、回線速度は原則同じ
・なぜなら、光コラボはフレッツ光と同じNTT東西の光回線を使っているから
・転用しても使うのは同じ回線のため、速度も以前と変わらない

光コラボに転用しても、回線速度は変わらない!

フレッツ光から別の光コラボサービスに乗り換えることで、回線の速度が速くなる、あるいは遅くなることはあるのでしょうか。

結論から書きますと、乗り換えの前後で回線速度は変わりません。

「乗り換える」と書くと回線自体を別のものに変更しているようにも読めますが、フレッツ光からコラボ光へ乗り換えたとしても、実は基本的に使用する回線は同じもの。NTTから光コラボ事業者に、契約先が変わっただけです。

そもそも「光コラボ」とは、NTT東西の光回線をのプロバイダーが「借りる」ような形で、各社が独自に展開しているサービスを指します。いずれも使っているのはフレッツ光と同じ回線ですので、乗り換えても速度は変わりません。

ただし、引っ越しなどで住居自体が変わる場合は別問題。居住地域やルーターが変われば、以前とは回線速度が変わる可能性が当然あります。インターネットの速さはこのような環境要因が大きいため、回線選びの際は意識しておくと良いでしょう。

インターネットを最大限楽しむには「ビッグローブ光」の光回線がオススメ!

「インターネット回線が遅い」
「インターネット料金が高い」
などのお悩みはありませんか?

安定した速度とリーズナブルな光回線なら、
IPv6接続(IPoE方式)*1で最大1Gbps*2の「ビッグローブ光」がオススメです。

「ビッグローブ光」なら他社の光回線(フレッツ光・コラボ光)をお使いでもお乗り換えはかんたんです。
工事費実質無料、おトクな特典もご用意しています。

 

*1 IPv6に対応していないサービス/サイトはIPv4接続となります。

*2 最大通信速度は光回線タイプによって異なります。最大通信速度はお客さまのご利用機器、宅内配線、回線の混雑状況などにより低下します。

 

ビッグローブ光について詳しく知りたい方は、こちらのバナーをクリック! 

あなたにオススメ

けいろー(@Y_Yoshimune)

フリーライター。ネット大好きゆとり世代。趣味のブログをきっかけに依頼をもらうようになり、勢いで独立。書評・アニメ・グルメ・旅行など何でもござれ。 ⇒ぐるりみち