光回線の回線速度ってどれくらいあれば快適なの?

インターネットを快適に使うには、どの程度の回線速度があればいいのか。光回線の事業者選びの際に気をつけたいポイントとして、最低限必要な「速度」について説明します。

光回線の事業者を選ぶ際に意識したいポイントのひとつに、「速度」があります。重要だと言われる回線速度ですが、実際にはどのくらいの速さがあればいいのでしょうか。

この記事ではインターネット回線を快適に使うためには無視できない、光回線の「速度」について説明します。

〈ポイント〉

  • 100Mbps以上あれば、オンラインゲームも快適に遊べる
  • ネット閲覧や動画視聴だけなら、50Mbpsほどでも十分
  • 光回線の平均速度は200Mbps前後

100Mbps以上あれば、オンラインゲームも快適に遊べる!

まず前提として、インターネットの回線速度は「bps」という単位で表されます。

これは、1秒間にどれだけのデータを送信できるかを表す単位。この数値が大きければ大きいほど、たくさんのデータをまとめて送受信できます。「一度に大量のデータを送れる」=「速度が速い」というわけですね。

たとえば、データ量の小さいメールのやり取りには、1Mbpsも速度があれば十分です。同じように、WebサイトやSNSの閲覧には1Mbps〜10Mbps、4K動画を再生するには25Mbps――と、それぞれこのくらいの速度があれば快適に利用できます。

通信量の大きいオンラインゲームでも100Mbpsあれば快適にプレイできると聞きますので、基準としてはこのくらいの数値になるでしょうか。ネット閲覧や動画視聴に限れば、20〜30Mbpsもあれば快適にインターネットが使えるはずです。

このように、用途によって必要な回線速度は異なります。目安となる数値を表にしてまとめましたので、こちらも参考にしてみてください。

用途 速度
メールの送受信 1Mbps
WebサイトやSNSの閲覧 1Mbps〜10Mbps
動画の視聴 5~25Mbps
オンライン会議 10~15Mbps
オンラインゲーム 30~100Mbps

光回線の平均速度は約200Mbps!安定性も考慮して選ぼう

「速さ」を売りにしている光回線ですが、実際のところはどのくらいの速度が出るのでしょうか。

事業者や機器などの環境にもよりますが、光回線の平均速度は「200Mbps前後」だと言われています。条件によっては、300〜500Mbpsほどの速度が出る家庭も少なくありません。

しかし一方で、光回線事業者の公式サイトでは「最大1Gbps」などの数値が書かれている場合もあります。平均速度と比べるとかなりの差があるようにも見えますが、これはいったいどういうことなのでしょうか。

ベストエフォート型とは?サイトに書かれているのはあくまでも「理論値」

結論からいうと、公式サイトやCMで謳っている「最大○Gbps」という数値は、あくまでも「理論値」に過ぎません。

「通信環境が理想の状態だと、最大でこれだけの速度が出ますよ」という数値であり、実際にその通りの速度が出ることはそうそうありません。「最大限に努力した状態」を指すことから、「ベストエフォート型」と表現されることもあります。

とはいえ、これは何も事業者が数字を盛っているわけではありません。「実際にインターネットに接続した際の通信速度は、その家の環境や時間帯によっても変わる」という状況を踏まえての「理論値」である、というわけです。

ちなみに、基本的には200Mbpsもあれば快適に使えますし、そのくらいの数字が安定して出ていればストレスに感じることはないはずです。事業者選びにおいては「速度」も大切ですが、「安定性」も考慮して選ぶことをおすすめします。

回線速度を調べるには?計測サイトを使ってみよう

では、自分のインターネット環境の回線速度を調べるには、どうすればいいのでしょうか。

実は、特別な機械やツールを準備する必要は一切ありません。計測サイトにアクセスすれば、その場で簡単に調べることができます。

Googleで「スピードテスト」と検索すると表示される「インターネット速度テスト」を使えば、検索結果の画面からすぐに調べられますし、各種計測サイトにアクセスすればPing値(※)などの詳細なデータも計測してくれます。

以下に代表的なサイトを挙げていますので、気になる人は試してみてはいかがでしょうか。

※「Ping値」については下記記事で解説しています。

ping値って回線速度とどう違うの?

光回線の速度が遅くなる?原因と改善方法をチェック!

通信の速度と安定性が魅力の光回線ですが、「急に速度が遅くなった」という声を聞くことも少なからずあります。

特に「それまでは快適に使えていたのに、急に遅くなった」という場合は、何らかのトラブルが発生していると考えられます。どのような原因で遅くなるのでしょうか。また改善するにはどうすればいいのでしょうか。ケース別に見ていきましょう。

1. モデムやルーターの問題

まず最初に確認したいのが、モデムやルーターの状態です。

通信端末の周囲に物が置かれていると、電波が届きにくくなることがあります。大きな遮蔽物はもちろん、家電などが置かれていないかも要チェック。特に電波を発するタイプの家電が近くにあると、電波干渉を引き起こして接続不良に陥りやすくなります。

また、一般的にモデムやルーターは電源をONにしっぱなしです。長期間にわたり起動状態にあることで、何らかの不調をきたすケースもあります。再起動するだけでも改善されることがありますので、不調が疑われる場合はまず試してみてください。

2. 接続の問題

スマートフォンやパソコンだけではなく、今やさまざまな家電までもがインターネットに接続可能な現代。たくさんのデバイスを使っていることで、接続に問題が発生する可能性も考えられます。

使わないデバイスの接続をなるべく切るようにしたり、繋ぎっぱなしの端末の接続を一度切ってみたり。接続まわりの状況を見直すことで接続不良が改善されるかもしれません。使わないデバイスの接続をこまめに切ることは、節電にも繋がるのでおすすめです。

3. 端末の問題

周辺機器やモデム・ルーターの問題ではなく、インターネットに接続している端末が問題を抱えているケースも考えられます。

たくさんのアプリを起動して処理が遅くなっている、ソフトウェアがアップデートされておらず古い状態のままになっている、ウイルスに感染しているなど、端末のトラブルもさまざまですが、何かしら問題が発生していないか改めてチェックしてみましょう。

この場合も再起動によって改善されることがありますので、まずは試してみることをおすすめします。

4. 回線の問題

ここまでのケースのどれにも当てはまらない場合は、接続している回線自体に何らかの問題が発生しているのかもしれません。

サーバーが混雑していたり、あるいは通信障害が発生していたりするパターンですね。このような場合はこちら側では対処しようがありませんので、混雑する時間帯を避けて使うようにするか、障害から回復するのを待つしかありません。

もし頻繁にトラブルが発生するようでしたら、別の光回線に乗り換えることも選択肢に入ってきます。

光回線はビッグローブ光がおすすめ!

一口に「光回線」と言ってもさまざまな通信事業者がありますが、その選択肢のひとつとして「ビッグローブ光」がおすすめです。

通信の安定性とリーズナブルな価格設定に定評があり、プランのわかりやすさも大きな魅力。工事費が実質無料になるお得な特典やキャンペーン割引も用意しているので、この機会にぜひご検討ください。

 

ビッグローブ光について詳しく知りたい方は、こちらのバナーをクリック! 

あなたにオススメ

けいろー(@Y_Yoshimune)

フリーライター。ネット大好きゆとり世代。趣味のブログをきっかけに依頼をもらうようになり、勢いで独立。書評・アニメ・グルメ・旅行など何でもござれ。 ⇒ぐるりみち