光回線の基本21「光回線の回線速度ってどれくらいあれば快適なの?」

インターネットを快適に使うには、どの程度の回線速度があればいいのか。光回線の事業者選びの際に気をつけたいポイントとして、最低限必要な「速度」について説明します。

光回線の事業者を選ぶ際に意識したいポイントのひとつに、「速度」があります。重要だと言われる回線速度ですが、実際にはどのくらいの速さがあればいいのでしょうか。

この記事ではインターネット回線を快適に使うためには無視できない、光回線の「速度」について説明します。

〈ポイント〉
・100Mbps以上あれば、オンラインゲームも快適に遊べる
・ネット閲覧や動画視聴だけなら、50Mbpsほどでも十分
・光回線の平均速度は200Mbps前後

100Mbps以上あれば、オンラインゲームも快適に遊べる!

まず前提として、インターネットの回線速度は「bps」という単位で表されます。

これは、1秒間にどれだけのデータを送信できるかを表す単位。この数値が大きければ大きいほど、たくさんのデータをまとめて送受信できます。「一度に大量のデータを送れる」=「速度が速い」というわけですね。

たとえば、データ量の小さいメールのやり取りには、1Mbpsも速度があれば十分です。同じように、WebサイトやSNSの閲覧には1Mbps〜10Mbps、4K動画を再生するには25Mbps――と、それぞれこのくらいの速度があれば快適に利用できます。

通信量の大きいオンラインゲームでも100Mbpsあれば快適にプレイできると聞きますので、基準としてはこのくらいの数値になるでしょうか。ネット閲覧や動画視聴に限れば、30〜50Mbpsもあれば快適にインターネットが使えるはずです。

光回線の平均速度は約200Mbps!安定性も考慮して選ぼう

ちなみに、光回線の平均速度は200Mbps前後。事業者や機器などの環境にもよりますが、300〜500Mbpsほどの速度が出る家庭も少なくありません。

光回線事業者の公式サイトなどを見ると「最大1Gbps」などの数値が書かれている場合もありますが、これはあくまでも理論値。実際の速度は事業者や家庭によっても変わってきますし、常に1Gbpsの速度で通信できるような環境はそうそうありません。

基本的には200Mbpsも出ていれば快適に使えますし、そのくらいの数字が安定して出ていればストレスに感じることはないはずです。事業者選びにおいては「速度」も大切ですが、「安定性」も考慮して選ぶことをおすすめします。

インターネットを最大限楽しむには「ビッグローブ光」の光回線がオススメ!

「インターネット回線が遅い」
「インターネット料金が高い」
などのお悩みはありませんか?

安定した速度とリーズナブルな光回線なら、
IPv6接続(IPoE方式)*1で最大1Gbps*2の「ビッグローブ光」がオススメです。

「ビッグローブ光」なら他社の光回線(フレッツ光・コラボ光)をお使いでもお乗り換えはかんたんです。
工事費実質無料、おトクな特典もご用意しています。

 

*1 IPv6に対応していないサービス/サイトはIPv4接続となります。

*2 最大通信速度は光回線タイプによって異なります。最大通信速度はお客さまのご利用機器、宅内配線、回線の混雑状況などにより低下します。

 

ビッグローブ光について詳しく知りたい方は、こちらのバナーをクリック! 

あなたにオススメ

けいろー(@Y_Yoshimune)

フリーライター。ネット大好きゆとり世代。趣味のブログをきっかけに依頼をもらうようになり、勢いで独立。書評・アニメ・グルメ・旅行など何でもござれ。 ⇒ぐるりみち