★「ミルフォトブックプリント 年賀状」プリントの注文受付けは、2015年1月16日お昼をもって終了いたします。

そろそろ「年賀状はどうしよう?」と、頭を悩ませる時期ですよね。

お子さんやペットがいるご家庭に人気なのは、なんといっても「写真入り年賀状(フォト年賀状)」。5才と1才の娘がいる我が家も、子どもが生まれてからは毎年、写真入り年賀状を作っているのですが、自分で作るのは意外に手間と時間がかかるもの。

また今年も、年賀状編集ソフトやプリンターと格闘しなければならないのかぁ、と思っていたら、なんと愛用しているスマホ用コラージュアプリ「ミルフォトブック」から、簡単に写真入り年賀状を作れる新アプリがリリースされているではありませんか・・・!

さっそく、年賀状作りを体験してみました!

そもそも「ミルフォトブック」って?

ミルフォトブック」は、スマホで撮った写真を自動でかわいくフレームに配置してくれる、コラージュアプリ。なんと、200万ダウンロードもされているとか。
人気の秘密は、なんといってもその手軽さと、フレームデザインのかわいさにあります。

アプリを起動し、日付順に並んだ写真からコラージュしたい写真を1枚タップするだけで、自動でフレームに写真が配置され、編集メニューを開けば、写真の入れ替えや、拡大や縮小の調整といった微調整のほか、テキスト入力やスタンプで、加工することもできます。

すべて無料で使えるアルバムフレームは、170種類以上あり、「くまモン」、「ペネロペ」など人気キャラクターとのコラボフレームが豊富なのが、子育てママに嬉しいポイントです。

スマホで撮った子どもの写真でかわいい年賀状が作れる!「ミルフォトブックプリント 年賀状」を試してみた

作成した画像は、アプリ内でそのままLINEやFacebook、Twitterなどへ共有して、家族や友達に送れるので便利!

でも、せっかくかわいくコラージュされた我が子の写真。「SNSで共有するだけじゃもったいない! 写真にしてアルバムに残したり、年賀状にしたりできたら・・・」そう思っていた矢先に誕生したのが、新アプリ「ミルフォトブックプリント 年賀状」(※)なのです。

いよいよ年賀状作成へ!

アプリを起動すると、かわいいフレームがずらり。 カラフルでポップなものや、ナチュラルテイストのもの、メリハリの利いた和柄などなど、どれもこれも素敵で、どれにするか迷ってしまいます。

今回は、娘たちの写真に合う、かわいらしいデザインを選んでみました。

スマホで撮った子どもの写真でかわいい年賀状が作れる!「ミルフォトブックプリント 年賀状」を試してみた

続いて、年賀状に使う写真を選びます。
娘たちの笑顔の写真を中心に、2015年の干支は羊年ということで、羊の写真も入れてみました(笑)

写真を選んでいて感じたのですが、今まで年賀状に使っていたデジカメの写真は、お姉ちゃんはカメラを意識した硬い表情だったり、赤ちゃんが目線をくれているものが少なかったり・・・。

それが、スマホで撮影した写真は、日常をそのまま切り取った、自然な笑顔のものが多いのと、いわゆる「自撮り」は画面に子ども自身が写るからか、赤ちゃんでも目線がちゃんと合った写真が多いのが新しい発見でした。こんなところも、スマホアプリならではのメリットですよね^^

写真を選ぶと、自動的にフレームに配置されるので、あとはメッセージと住所を編集すれば・・・なんとビックリ! もう年賀状ができちゃいました!

スマホで撮った子どもの写真でかわいい年賀状が作れる!「ミルフォトブックプリント 年賀状」を試してみた

フレームに入れるだけでも十分素敵ですが、「あけおめ」や「謹賀新年」などのスタンプを使えば、完璧な年賀状に仕上げることができます。吹き出しのスタンプを使って、メッセージを入力すると、よりオリジナリティを出すことができますよ。

あとは、メニューにしたがって、仕上がりイメージを確認、印刷枚数を選んで、納品先を指定すればOK。自宅郵送の場合、注文受付後、約4~5日で発送されます(※1)

今回は印刷画質を自分で見たいので「宛名なし」で自宅郵送にしましたが、「宛名あり」にして住所と名前を入力すれば、印刷した年賀状をそのままポスト投函してくれます!

12/23正午までの受付分は12/25までに投函してもらえるから、ギリギリの作成になっても元日配送に間に合うのが嬉しいですね^^

しかも、これだけ便利なのに基本料金は無料。かかるのは、印刷代金とハガキ代、送料だけ(※2)というから驚きです。

10枚からと少ない枚数で発注可能なので「姉妹それぞれの友達に、別々のデザイン&写真で作成」ということもできます。

ネットで年賀状印刷代行業者を調べてみたところ、基本料金がかかったり、印刷する枚数によって1枚あたりの単価が変わったりするところが多いようなので、その点「ミルフォトブックプリント 年賀状」はコスパも◎ですね!

※1 土日含まず。年末年始はスケジュールが変動します。
※2 決済方法で、代引き を利用する場合には、決済手数料がかかります。また年末年始は一部メニューに限定させていただく場合があります。金額の詳細はアプリ内でご確認ください。

気になる年賀状の印刷画質は・・・?

自宅プリントと、業者に依頼して作る年賀状の一番大きな差といえば、やはり印刷画質でしょう。

「ミルフォトブックプリント 年賀状」では、写真印刷で定評のある、「富士フイルム」の銀塩プリントを採用し、自宅プリンターでの印刷とは比較にならない高級感を味わうことができます。

こちらが、今回作った年賀状ですが、ご覧ください!

スマホで撮った子どもの写真でかわいい年賀状が作れる!「ミルフォトブックプリント 年賀状」を試してみた

これまで、自宅プリンターでインクジェット紙に印刷した子どもの肌は、どうしても赤みが強く出ることが多く、残念に思っていたのですが、「ミルフォトブックプリント 年賀状」で作った年賀状は赤ちゃんの肌の透き通るような透明感がしっかり再現できていて、とても自然な仕上がりになっているのがわかります。

近づいてもインクの粒子が見えることはもちろんありませんし、ほっぺたなどは肌の柔らかい質感や温もりまで伝わってくるかのような仕上がりです。

ハガキも写真印画紙仕上げなので、適度な厚みと光沢感があって、パパッとスマホで撮ったスナップ写真なのに、まるで写真館で撮影したかのような高級感が出た気がします。

こうして見ると、見慣れた自分の子どもの顔も、なんだかモデルのように見えてくるから驚きです(笑)

娘も年賀状の中の自分に、ご満悦の様子でした。

スマホで撮った子どもの写真でかわいい年賀状が作れる!「ミルフォトブックプリント 年賀状」を試してみた

正直、スマホアプリでチャチャッと作った年賀状が、これほどクオリティが高いなんて思っていませんでした・・・。

今まで娘の写真でフォトブックを何冊も作ってきましたが、お世辞抜きに、ここまでキレイな写真の仕上がりは今回が初めて。

スマホ片手に、パソコンもプリンターも使わず、こんなに簡単に、かわいく、高画質な年賀状が作れるとは、いい時代になったものです。

「ミルフォトブックプリント」は現状、年賀状印刷のみですが、写真(L版)やフォトブックの印刷にも随時対応する予定というから、今後もますます目が離せませんね^^

ピックアップ

竹下沙弥香(たけしたさやか)

ダイビング雑誌の編集者兼ライター、オリジナル絵本制作会社のWEB担当、アプリレビューサイトのWEB担当兼ライターを経て、『エンジョイ!マガジン』編集部員となる。「思い立ったら即行動」がモットー。体当たりで様々な疑問を解決します。

記事(41本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック