「人は誰だって組織の一員(Member)」をコンセプトに、グループなど組織に所属する一人にスポットを当てるドキュメント企画「Member」。第三弾は九州発のアイドルグループ・LinQ所属の天野なつさんと高木悠未さん。リーダーとセンター、立場の違う二人が共に誓い合ったものとは。

天野なつ

2015年4月17日、福岡のZepp FUKUOKAで行われたLinQの4周年ライブ。


1年前の3周年ライブのときに同じ場所でファンに約束した、結成5年目でのマリンメッセ福岡でのライブ開催。九州発のアイドルグループとして、福岡にある九州最大級のアリーナでライブをやるというのは壮大な目標であり、何よりたどり着くべき場所でもあった。

その弾みとなるべき4周年ライブ。待っていたのは、Zepp FUKUOKAをいっぱいにできないという現実、だった。

「今のLinQの状況って、どう思いますか?」

それは「最近どう?」みたいな、一見気軽な言葉だが、ファンの前で約束をしたリーダーには酷な質問でもあった。7月23日の東京・AKIBAカルチャーズ劇場。リハーサルを前に出演メンバーたちが楽しく打ち合わせをしている中、LinQの二代目リーダー・天野なつは真剣に、冷静に語り始めた。

「うーん...素直に言うとLinQの一番踏ん張りどころだなと。苦しい時期だと感じています。デビューして3~4年あたりにこういう時期が来るだろうなという予感はしていたんです。そういう方式ってどこかで聞いたことがあって。

スタートしたときは多少つらいことがあっても『まだ一年目だし』みたいなところがあるじゃないですか。ファンもだんだん増えていったり、新しいこともいっぱいあって最初はウキウキしていますけれど、4年目にもなってくると『4年もやってきたのになんでこうなんだろう』と思い始める人も多くなりますし。」

もちろん、日々の活動は充実している。先日行われたサーキットツアー追加公演も、やりきった自負はある。ファンの人にも楽しんでもらえた。ただ一方で、ライブは目の前にいるお客さんの数、という現実も目の当たりにされる。その追加公演は一つも完売しなかった。リアルな数字を現実として突きつけられている状況をどうすべきか。二代目リーダーになって3年目に突入した天野なつは模索している。

4周年ライブの最後のMCで彼女はこういった。
「みんな、時には厳しく、本当の意味で仲間になっていきたい」
LinQはメンバー同士仲がいい。その結束力は何より強みだ。一方で、お互いが遠慮し合うという側面もある。仲が悪くなりたくないから、言いたいことがあっても言わない。

天野なつ

4周年ライブの最後のMCで思いを語った天野なつ


「LinQはずっと仲良しなのはいいことなのですが、『今これを言うところじゃない』みたいなことを考えちゃう子は多いんですよ。何かを思っても言葉を発さない子が多いなと。みんな、『自分もできているかわからない』と思って言わない子がとても多くて。『とても言えないよ』みたいな。」

確かに自分ができていないことを人に言うのはおこがましい。でもあえて言うことで自分に言い聞かせる部分もある。例えば会社で、先輩や上司に何か厳しく言われるのも、自分が過去同じことをしていたからだったりするし、自分も同じミスをまたしかねないから、人に言うことで自分に言い聞かせている部分もあったりする。厳しい言葉は実は相手ではなく自分に向けられていたりする。

「そうなんですよ。そこに気づいていってほしいなというのはあるので。この話はよくしているのですが、どうしても年齢の幅広さもあって『仲良しだけれど年上の人には言えない』とか『先輩だから言えない』『性格上言えない』というのはある子もいると思うので。」

LinQは上は29才、下は13才で、年齢差16と幅広い。同じ言葉でも、29才と13才では捉え方は全然違う。組織のリーダーといえばたいてい最年長だが、天野なつは22才とまさに中間に位置する。年長メンバーの発する言葉を年少メンバーにどうわかりやすく変換するか。年少が萎縮して言えないことをどう引き出して、みんなに伝えるか。

「やっぱり下の子はあまり言わないので、『この子ちょっとやばいかな』というときは『最近どうしたと?』みたいに話しかけたりしています。」

天野なつ

普段の活動を見ていて、天野なつというリーダーは引っ張るというよりはメンバーのアイデアを『いいよ!』と言って後押しして、でも責任は自分がとる、という印象を受けていた。メンバーの個性を引き出すことを第一としているタイプに見えた。だが、それだけじゃなくて自分をはじめとした経験者も動かなければ、という思いに至ったという。

「元々『リーダーは仕事を全部抱えたくなるから、メンバーに上手に振れるように』というのは言われていたんですよ。で、例えば『これ、○○さんちょっとやってみて』みたいに振れるのは少しずつできるようになってきたのですが、でも振るだけではなくて『ここぞ』というときはリーダーや例えばセンター自らが、いろんな経験が多い分、率先してやらなきゃいけないなと思うこともあって。」

そこには、27人という大人数のグループのリーダー、という特殊な事情もある。27人全員揃っての仕事というのは滅多になく、出演回数や仕事量には個人差が出てしまう。

「やっぱり人数が多い分、どうしても全員に個人の仕事があるわけではないし、ましてやステージに全員が立てない場合もあるし、CDのジャケットにも全員載れないことがあるじゃないですか。LinQは運営さんが本当にいろんな子にチャンスを与えてくれていると思うし、もっとシビアな事務所もあるわけで、そこに比べれば平等な方だとは思うんですよ。でもやっぱり人数が多い分そういうことがあるので、チャンスが与えられているメンバーほどもうちょっと率先してやらなきゃいけないなと。

あまり選ばれていなかったり仕事が少ないメンバーからすると、やっぱりモチベーションも下がるじゃないですか。だから私とか(高木)悠未とか、テレビなどによく出ているメンバーが『この人だから出られるのか』と誰からも認められる存在にならないと。大人数のグループって、メインで頑張っているメンバーが一番頑張らないとグループが崩れてしまう原因になると思うので。」

確かにポケットメンバー表の表紙やCDのジャケットに起用されたり、テレビや雑誌に比較的よく出るメンバーはいる。でも、それは頑張っているからこそ手にしたチャンスであり、そしてまたそれに満足せずに、さらに頑張る。そうすることで「あのメンバーでもあれだけ頑張っているのなら自分も頑張らなきゃ」という意識が生まれるだろう。

「自分たちがもっと『これだけLinQを広めるために頑張っているんだ』というのをみんなに認められることで、運営さんたちにも『私たちはもっとこうしたい』という意見を言える立場にもなれると思うんです。」


LinQのメンバー27人は年齢の幅もさることながら、個性も多種多彩だ。それはどこか、アメリカ合衆国を彷彿とさせる。自由を求めて世界各国から集まってきた人たちが築き上げた国。そして独自の自治権を持つ州の集まりによって成立する国。

あくまで自治権を尊重しながらも、一つの国家としてまとめるのは大変だ。そんな中で必要なものは、そしてリーダーとして果たすべきことは...

天野なつは、あることを始めた。


天野なつ

続編を公開しました

「LinQ 4th Anniversary ~ Welcome to the LinQworld!!」ダイジェストムービー

ハレハレ☆パレード(4th Anniversary ~ Welcome to the LinQworld !!)

BATON(4th Anniversary ~ Welcome to the LinQworld !!)

ダイジェスト(4th Anniversary ~ Welcome to the LinQworld !!)

リリース情報

LinQメジャー7thシングル
「LinQuest~やがて伝説へ・・・」

発売日:2015年9月9日 
ワーナーミュージック・ジャパン

<通常盤>価格:\926+税 WPCL-12184
M-1 LinQuest ~やがて伝説へ・・・
M-2 アイ、スクリーミン。
M-3 LinQuest ~やがて伝説へ・・・ -instrumental-
M-4 アイ、スクリーミン。 -instrumental-

<初回限定版>価格:\1,852+税 WPZL-31071/2
【CD】
M-1 LinQuest ~やがて伝説へ・・・
M-2 Jump Jump Jump!
M-3 LinQuest ~やがて伝説へ・・・ -instrumental-
M-4 Jump Jump Jump! -instrumental-

【DVD】
LinQ Lady Super Live Tour 2014
M-1 LinQ Theme (CLUB NIGHT REMIX)
M-2 Going my way!(SHiNTA PLANET REMIX)
M-3 笑顔にLinQ (SHiNTA RAINYDAY PLANET REMIX)
M-4 手をつないで (SHiNTA PLANET REMIX)
M-5 マケナイガールズ(SHiNTA PLANET LADY REMIX)
M-6 Let's feel together (SHiNTA PLANET REMIX)
M-7 Bye-bye baby love (SHiNTA PLANET REM
IX)
M-8 My Letter (SHiNTA PLANET REMIX)

LIVE DVD & Blu-ray
「LinQ 4th Anniversary ~ Welcome to the LinQworld!!」

発売日:2015年9月9日
ワーナーミュージック・ジャパン
<DVD>価格:\5,800(本体)+税 WPBL-90344/5
<Blu-ray>価格:\6,800(本体)+ 税 WPXL-90105

主なライブ情報

2015年8月15日(土)
LinQ第673回公演 桃咲まゆBirthday公演「もふもふフェスティバル2015」

2015年8月16日(日)
LinQ第674回公演 天野なつBirthday公演「天野なつ祭り2015」
※いずれも福岡・天神ベストホール
※674・675公演の「Showroom」での配信決定!
https://www.showroom-live.com/linq


首都圏の主なイベント
2015年8月26日(水)
しずる館Festival 2015 in 亀有

2015年8月29日(土)
@JAM EXPO 2015

2015年8月30日(日)
汐留ロコドル甲子園2015 決勝戦


■Information■

LinQ OFFICIAL WEB
http://loveinq.com/

ピックアップ

編集部有本

元エンジョイ!マガジン編集長(2014年10月時点)。かつてBIGLOBE MUSICを担当していた経験を活かし、よりエンジョイ!でウェッサイ!!なマガジンを目指していきます。

記事(137本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック