iPhoneのメールの「アーカイブ」って何?「ゴミ箱」とはここが決定的に違う!

iPhoneでメールを削除しようとすると表示される「アーカイブ」という機能、なんとなく削除した気になっていませんか? 「ゴミ箱」と「アーカイブ」に隠された決定的な違いを解説します。

iPhoneのメールアプリでメールをスワイプすると「アーカイブ」と「ゴミ箱」が表示されるけど、これって何が違うの?
と思ったことはありませんか?
どちらも受信トレイからは見えなくなるから同じ「削除」なんでしょ、と思われるかもしれませんが、いえいえ、それが違うんです。

「アーカイブ」は「Gmail」を使用している場合だけ表示される

iPhoneのメールの受信トレイでは、「Gmail」を含めて複数のメールを受信している方も多いと思います。
結論から書いてしまうと、「アーカイブ」はGmailの初期設定の機能。
試しに「Hotmail」と「Gmail」で、メールを左にスワイプしたときの違いを比べてみましょう。

上がHotmail、下がGmailのメールを、それぞれ左にスワイプしたときの表示。
この通り、一番右の表示がHotmailでは「ゴミ箱」、Gmailでは「アーカイブ」となります。

どっちも一緒なんでしょ? 「いいえ、違います」

呼び名が違うだけで、結局はいずれも「削除」ってことなんでしょ? 
正直、自分も調べるまではそう思っておりました。
がしかし! 両者には明確な違いがあるのです。
以下にまとめてみました。

メールの移動先 削除されるか メール内での検索
ゴミ箱 実行すると、ゴミ箱フォルダへ移動される 一定期間後に削除される 検索にヒットしない
アーカイブ 実行すると、アーカイブフォルダへ移動される 削除されずに残る 検索にヒットする

このように、ゴミ箱に入れると削除、アーカイブに入れると削除されない、という決定的な違いがあるのです。
また、アーカイブは削除されないため、おのずとメール内の検索で見つけることも可能です。
おや? 
ということは、いままでGmailで削除していたつもりのメールは、ただ単に「アーカイブ」フォルダに移動していただけだったのか!?
はい、その通りなんです。
不要なメールだから消しているのに、残られても困る! という方は、以下の方法で設定変更が可能です。

※iOS8で説明します。

「ゴミ箱」か「アーカイブ」か、は設定で変更できる

[設定] → [メール/連絡先/カレンダー] → [Gmail] → [アカウント] → [詳細] の順にタップします。
すると、以下の画面が表示されます。

[削除したメッセージの移動先]において、[削除済みメールボックス]をタップします。
その後左上の「アカウント」をタップし、次の画面の右上の「完了」をタップすれば、設定は完了です。
いままでのモヤモヤも解決したし、Gmailに不要なメールを残さなくて済むようにもなったし、これにて一件落着! 同様に思われた方は、上記の設定変更をお試しくださいね。

うえやま

競馬カメラマンからWEB業界へ異色の転身後、WEB制作に加えて大手メールマガジンやツイッターキャラクターの中の人までこなす。三度の飯より件名を考えるのが好き。

あなたにオススメ
Recommends