最近耳にする「LTE」とは?

最近、よく「LTE」なんて言葉を耳にするけど、何かと聞かれるとイマイチよくわからない。そこで今回は「LTE」とは何かを、簡単に説明しましょう!

LTE」とは、現在主流になっている携帯電話の通信方式「3G」より新しい方式で、「Long Term Evolution」の略称。これから登場する「4G」への橋渡し的存在であることから「3.9G」なんて呼ばれている。
「1G」や「2G」はないの? 携帯電話の「3G」って、一体ナニ? 

でも、国際電気通信連合(ITU)が「LTE」に「4G」の名称使用を認めたので、”LTE=4G”としているメーカーやキャリアもある。このヘンがなんだかややこしいけどね。
じゃあ、この新しい通信方式「LTE」は、「3G」と比べて何がどう変わるのか? 簡単に説明していこう。

通信速度が高速になる!

一番の注目ポイントは、通信速度が速くなるということ。家の通信回線でいうところの、光ファイバー並みの速度となるのだ。
こうなることで、ファイルサイズの大きな動画や画像の多いサイトをサクサク見ることができるし、アプリや画像のダウンロードも速くなるというわけだ。

大容量で通信効率がアップ!

次に注目したいのが、周波数利用効率の向上。「LTE」では「3G」と同じ周波数幅を利用しながらも、利用効率を高めることで、約3倍もの容量を確保することができるようになった。
最近ではスマートフォンの普及に伴い、容量が逼迫して、通信できなかったり、速度が低下するといったことが問題になっているが、大容量通信が可能な「LTE」にすることで、こうしたトラブルも軽減できると期待されている。

メリットもあれば、デメリットもある

じゃあ、一刻も早く「LTE」に切り替えたほうがイイのかというと、実はそうでもなかったりする。「LTE」は、通信エリアがまだまだ狭く、利用できるのは都市部などに限られている。
各キャリアは、LTE通信可能エリアなら「LTE」、エリア外なら「3G」で通信という”ハイブリッド”で使えるサービスでデメリットをカバーしているようだ。
また、「LTE」は高速通信であるとはいえ、多くの人が無制限に大容量の通信を行うとネットワークが逼迫してしまう。そのため、現状は通信量制限が設けられていて、月間の通信量が一定量を超えると、通信速度が制限されて遅くなる。
通信量の上限は、各キャリアや契約するプランによって異なるけれど、1~7GBのようだ。
こんな点も考慮したうえで「『LTE』って、自分のライフスタイルに合いそう」という人は、「LTE」に切り替えてみよう。
BIGLOBE SIMのサイトでは、LTEのエリアやBIGLOBE SIMの活用術、お得な特典情報を確認することができるぞ!
「Wi-Fi」「3G/4G」「プラチナバンド」。今さら聞けないスマホの電波用語を解説します

あなたにオススメ

牛島義之(うしじまよしゆき)

アウトドア雑誌の副編集長職を経て、フリーランスとして独立。以降、アウトドアをはじめ、遊びにまつわる数々の原稿を雑誌やWEBサイトにて執筆している。 ⇒今日も明日も『ゆる~い生活』