知っておきたい!「(iPhoneを)探す」機能でできること

万が一iPhoneを失くしてしまったら、どうしたらいいの……?iPhoneに搭載されている「探す」機能を使えば、紛失時の早期発見や、悪用を防止できる可能性が上がるかも!

iOSには、紛失したiPhone端末の追跡や現在地を確認するための「探す」機能が備わっているのをご存知ですか?
iPhoneを失くしてしまったとき、本体から音を鳴らして見つけ出したり、遠隔操作でiPhoneから個人情報が抜き取られるのを防いだりと、知っててソンはない機能なのです。
今回は、「探す」(iPhoneを探す)機能でできることを解説。失くしてしまった人はもちろん、万が一のときに備えて、iPhoneを使うすべての人におすすめの記事です!
※iOS13以降、「iPhoneを探す」から「探す」に変更されています
※本記事ではiPhone8/iOS13.3.1を使用しています。OSのバージョンによっては操作方法が異なることがあります

iPhoneを「探す」機能で遠隔操作をするには

iPhoneの紛失時、「探す」機能を利用するためには、別のiPhoneやiPadなど、別のApple端末から「探す」アプリを立ち上げるか、パソコンのブラウザでの「iCloud」へのログインが必要です。
パソコンがない人は、家族や親しい人のiPhoneを借りる、インターネット接続できる環境にある古いiPhone端末を使うなどで対応しましょう。Wi-Fi接続でも大丈夫ですよ。
いずれにしてもAppleIDとパスワードが必要ですので、いざというときにわからなくならないよう、両方再確認しておくことをおすすめします!

iPhoneを「探す」機能を使ってみよう

今回は、iPhoneを紛失したと想定して、パソコンから「探す」機能を使ってみます。
インターネットブラウザから「iCloud」にアクセスすると、サインインするためにAppleIDとパスワードが求められるので、入力します。
▼「iCloud」へのアクセスはこちら
ここで、普段ブラウザからiCloudにアクセスしていない場合は、二段階認証(2ファクタ認証)を求められます。
「ええ~、iPhone本体がないから二段階認証はできないよ! アクセスコードがわからない!!」とあせってしまいそうですが、大丈夫。

ページ下部に「またはすぐにアクセスする」という表示があり、「探す」アプリアイコンの下にある文字「iPhoneを探す」をクリックすればOK!
紛失や盗難などの緊急時のため、iPhoneを探す機能は、二段階認証をパスしてiPhoneを追跡できるようになっている模様です。
iPhoneの現在位置がマップ上に表示されます。
電源がオンのときは緑色、オフのときはグレーになっています。

紛失したiPhoneを探し、悪用を防ぐための3つの機能

iPhoneの場所が特定でき、すぐに回収に行ければ解決ですが、盗難に遭っていたり、既に誰かに拾われていたりする可能性も考えられますよね。
ここからさらに遠隔操作で可能な「探す」機能をご紹介します。
画面上部の「すべてのデバイス」から、探したい端末を選ぶと、3つの機能が表示されます。

1.近くにあるiPhoneを音で見つける「サウンドを再生」
まずは「サウンド再生」。これは「家の中にはあるはずなのに、iPhoneが見当たらない」など、ある程度限られた範囲で紛失したとき、特に便利な機能。
「サウンド再生」を押すと、紛失状態にあるiPhone本体からサウンドが鳴り、iPhoneの場所を知らせてくれます。
ちなみに筆者はiPhoneが見当たらないとき、ベッドと壁の隙間に挟まっていることが多いです。
2.パスコードでiPhoneをロックする「紛失モード」
現在地から離れた場所でiPhoneを紛失した場合などに便利な「紛失モード」。iPhoneを遠隔ロックできます。
また、ロック画面には、自分の電話番号やメッセージを表示して、iPhoneを拾得した相手に連絡をくれるようお願いするメッセージを表示させることが可能です。

「00000」の部分には連絡可能な電話番号が入れられます。メッセージの内容も編集可能。
この画面が表示されると、パスコードを入力するまではロック状態になります。
3.iPhoneのデータを初期化する「iPhoneを消去」
こちらは最後の手段です。
端末上の情報を遠隔ですべて消去します。データを消去したiPhoneには連絡先やメッセージを表示できるものの、端末の位置すら追跡できなくなります。
紛失して長い時間が経ってしまったときや、iPhoneが盗難に遭った可能性が高いときなど、端末が見つかる可能性が低く、個人情報の漏洩や悪用を防ぎたいときに使う機能です。
「iPhoneを消去」をタップ後、Apple IDのパスワードを入力すれば初期化が完了します。すべて消えてしまうので、慎重に操作してくださいね。

もしものときに備えて、機能がオンになっているか確認を

万が一の場合を考えて、普段から「探す」機能をオンにしておくのをおすすめします。
標準ではオンになっているようですが、念のため確認してみましょう!
確認方法は、まず「設定」アイコンをタップして、一番上にあるユーザー名をタップします。
次に「探す」を選び「iPhoneを探す」がオンになっているかを確認しましょう!
もしものときに役立つ「探す」機能、ぜひ活用してくださいね。

関連記事

iOS 13の「メモ」がパワーアップ。使える新機能5選!
iPhoneの写真の拡張子、HEICをJEPGに変換する方法
iPhoneの「ファミリー共有」は、何がどこまで共有できるの? 設定方法は?

Kana.mM(かな)

編集プロダクション勤務を経てフリーライターとして独立し、そろそろ10年。旅行、不動産、広告、生活系のジャンルで執筆活動中。趣味は野球観戦と戦争ゲーム。アナログ心を忘れないデジモノ好きを目指しています。

あなたにオススメ
Recommends