九州発のアイドルグループ・LinQの、年上メンバー「Lady」による「LinQ Lady Super Live Tour 2014」(以下スパラ)のファイナル公演が11月23日(日)、東京にて行われた。

LinQは総勢29名からなるアイドルグループ。メンバーの年齢が幅広いこともあって、年上メンバーによる「カッコイイ」をコンセプトにしたLadyチームと、年下メンバーによる「カワイイ」がコンセプトのQtyの二つに分かれており、他のアイドルグループにはないLinQならではの大きな特徴となっている。年に一度Ladyチームだけによるツアーが組まれており、2011年の結成当初から開催されるなど、すっかりLinQ恒例のライブとなっている。

11月21日(金)の福岡から始まった今回のスパラは、22日(土)の大阪、そして23日(日)の東京の3カ所で開催。今回は各会場ごとにコンセプトが分かれ、また人気DJがスペシャルゲストとして参加。

福岡が「Urban Night」(ゲストDJ:tofubeats)、大阪が「Disco Night」(ゲストDJ:okadada)、そして東京が「Club Night」(ゲストDJ:PandaBoY)をコンセプトに、セットリストも異なるなどそれぞれのコンセプトが全面に出たライブとなった。

23日の東京公演は冒頭の「ゴーイング マイ ウェイ!」から、LinQのサウンドプロデュースを手がけるSHiNTAによるリミックスバージョンで会場が一気にヒートアップ。続いて普段はスローテンポでゆっくり聞かせる「笑顔にLinQ」「手をつないで」をアップテンポで聞かせ、黒いセクシーな衣装を身にまとったLadyメンバーも普段のLinQとは違った大人なダンスを披露。開演早々からいきなりLinQの一面を"魅せ"つけた。

その後も次々とLinQの曲をこの日のために用意されたSHiNTAによるリミックスバージョンで披露。

途中DJタイムやこの日のゲストDJ:PandaBoYが手がけているアイドルグループ・アップアップガールズ(仮)の楽曲「アッパーカット!」とLinQの「祭りの夜~君を好きになった日~」をミックスした「祭りのアッパーカットな夜」をLadyメンバーと共に披露するという、まさにこの日だけのスペシャルコラボで、観客を大いに酔わせた。

ゲストDJで登場したPandaBoY

この日はサウンドプロデューサーのSHiNTAだけでなくLinQの振り付けを担当するSOも駆けつけ、自らダンスを披露。

照明も普段からベストホールの定期公演を担当しているスタッフ等々、普段からLinQを支えるクリエイター陣が大集合。音、ダンス、そして演出と、そこはまさに「音」を楽しむ空間であり、アーティストとしてのLinQの真髄を見せつけるライブだった。

ライブ最後の挨拶で感極まる天野なつ(右端)と、なぐさめる杉本ゆさ

本公演終了後アンコールに応えて再び登場したメンバー。この日がツアー最終日ということもあってか、そしてまた、このツアーのためにかけてきた時間の多さであり努力が物語っていたのか、「終わりたくない!」と名残惜しそうにしていたのが何より印象的だった。

LinQのリーダー・天野なつは最後に「LinQはLadyあってだし、Qtyあってだと思うので、本当にこのスーパーライブで皆さんにLadyの魅力が伝わったかなと思います。」と締めくくるなど、今回のLadyとしての活動を通して改めてLinQの原点を見つめ直したようだった。

終演後、満足そうな表情を浮かべる天野なつと原直子(左)。この後、原直子は翌早朝の地元福岡のテレビ出演のため、名残惜しそうに会場を後に。

ライブ終了後は、メンバーがドリンクを片手にステージに登場して観客と乾杯をした後、アフターパーティーのように、メンバーがDJをしたり、ダンスを披露するなど盛り上がった。

他のアイドルグループの曲を流して観客共々盛り上がる企画もあり、それはまるでツアーの打ち上げをメンバーだけでなくスタッフも観客も一緒に参加しているような光景だった。

ライブ終了後は乾杯と共にアフターパーティーがスタート

観客から手渡されたビールにご満悦の一ノ瀬みく(左)

アフターパーティーでダンスを披露するなど、終演後も盛り上がり続けた

そこはまさに、あらゆる垣根が取り払われていた空間だった。ライブ、アイドル、アーティストといった枠組みだけでなく、ステージとフロアであり、メンバー、制作陣、スタッフ、取材陣、そして観客といったLinQを取り巻く人々...。

このライブのタイトルは「Super Live Tour」。Superという言葉は思えば「超」である。つまりそれは、いろんなものを超えた、ということ。まさにそのタイトルがこのライブの特徴を何より表していたかもしれない。

フロアに降りてきてファンと乾杯する杉本ゆさ

LinQは2014年12月13日に「ウェッサイ!! ガッサイ!! BUSSANTEN IN TOKYO」をZepp DiverCity TOKYOにて開催(チケット発売中)。

日本東西の物産展ということで東からはGEM 、PASSPO☆、ベイビーレイズが、西からはLinQとひめキュンフルーツ缶のいわゆる"Linキュン同盟"が復活する。

■ライブ情報
『ウェッサイ!!ガッサイ!! BUSSANTEN IN TOKYO』

2014年12月13日(土) Zepp DiverCity Tokyo
OPEN/START 15:00/15:30
出演:LinQ、ひめキュンフルーツ缶、GEM、PASSPO☆、ベイビーレイズ

チケット:スタンディング 前売¥4,500(別途ドリンク代500)


『TOKYO FM 夢のアイドルミュージアム2015』

2015年1月10日(土) 赤坂BLITZ
公演時間:昼公演11時開場 11時30分開演 15時30分終演
     夜公演17時開場 17時30分開演 21時30分終演
チケット料金:4000円(ワンドリンク別)
※LinQは昼夜出演予定

その他、毎週土日、福岡・天神ベストホールにて通常公演、月2回木曜日 「この5人を秋葉原でどう魅せるか公演」公演(東京AKIBAカルチャーズ劇場)を開催中。

出演メンバーや公演詳細は、LinQ OFFICIAL WEBにてご確認ください。

ピックアップ

編集部有本

元エンジョイ!マガジン編集長(2014年10月時点)。かつてBIGLOBE MUSICを担当していた経験を活かし、よりエンジョイ!でウェッサイ!!なマガジンを目指していきます。

記事(137本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック