パソコン版LINEとスマホ版ラインの違い【2019年版】

みなさんはLINEをパソコンで使っていますか?

筆者は一日のほとんどの時間をPCの前で過ごしていますし、仕事のちょっとしたやり取りはメールでなくLINEで行うことも増えてきたこともあって、ヒジョーに快適に使っています。

さて、このパソコン版LINE、スマホ版・タブレット版とでは機能に何か違いがあるのでしょうか? 検証してみました。
※windows10、Google Chromeを利用しています。

パソコン版LINEでできること

パソコン版のLINEは、二種類あります。 一つはWindows、Macそれぞれで利用できるダウンロード版、もう一つは筆者が利用しているGoogle Chrome版LINEです。

パソコン版LINEとスマホ版ラインの違い【2019年版】

左側が友だちで、右側がトーク画面です。

スマホ版とそれほど違いはありませんね。メッセージが届いたら、ちゃんとポップアップで知らせてくれます。

※LINE公式アカウントからのお知らせなどはスマートフォンでしか表示されない場合もあります。

パソコン版のLINEはこんなところが便利!

パソコンでLINEを使うと、スマホ版にはないメリットがたくさんあります。仕事でも頻繁にLINEでやり取りするという人は、入れておいて損はないでしょう。

キーボード入力ができる
スマホのフリック入力が苦手な筆者は、何よりキーボード入力によって文字入力にストレスがなくなったことが最高にうれしいです。今や、スマホネイティブの若人ばりに即レスができるようになりました(ドヤ顔)。

ワードやエクセル、pdfやzipなど、さまざまなファイルを送信できる
パソコン版LINEでは、画像や動画だけでなく、ExcelやPDF、mp3といったさまざまな形式のファイルをサイズを気にすることなく送受信することが可能です。スマホ版は大容量の動画データなどを送ると圧縮される場合があり画像が粗くなる場合もあるのですが、PC版にはそのような制限がないため非常に便利に使えます。
また、写真データなどは、外付けHDDからも出し入れしやすいので、非常に助かります。

パソコンの画面をキャプチャ(撮影)して送信できる
パソコン版LINEにはスクリーンショット機能が用意されていますので、今開いているウィンドウの好きな部分をキャプチャして送信することが可能です。パソコンの画面説明などをLINE経由で送りたいときなどには楽ですね。

トーク画面上にあるキャプチャボタンをクリックすると、マウスポインタが「+」マークに変わりますので、キャプチャしたい部分をドラッグするだけでOKです。(スマホ版にも似た機能「スクショ」があります)

年齢認証していないIDでも検索できる
パソコン版LINEでは、年齢認証をしていないアカウントのIDでも検索ができます。スマホ版のLINEで格安SIMを使っている場合には、年齢認証ができないので、非常に便利な機能といえるでしょう。ただし、検索されることは、スマホ版と同様できません。

複数のデバイスでログインできる
パソコン版LINEは、メアドとパスワードを入力するだけで、複数デバイスからログインできます。スマホ版LINEでは、一つのアカウントを一つのデバイスでしか利用できないため、機種変をした際には、面倒な移行作業が必要となりますが、PC版は不要です。ただし、複数のデバイスに同時ログインすることはできません。

パソコン版LINEでできないこと

いっぽう、パソコン版では使えない機能もあります。

トークルームで使えない機能がある
複数人の予定を確認・調整できる「LINEスケジュール」や「あみだくじ」、「投票」などスマホ版LINEで利用できる一部機能について、パソコン版では利用できません。

スマホ版LINEの「ニュース」、「ウォレット」にある機能が使えない
PC版LINEには、スマホ版の「ニュース」、「ウォレット」タブに相当する機能がありません。
そのため、「LINE Pay」、「スタンプショップ」、「LINE チケット」、「LINEスケジュール」といったサービスの利用ができないのです。

パソコン版LINEとスマホ版ラインの違い【2019年版】

なお、パソコン版で利用できる機能は上にあるものとなります。
(※2019年7月現在)

パソコン版でメッセージを改行する方法

最後に、はじめてパソコン版LINEを使う際、多くの人が戸惑う「改行」のやり方を紹介しておきます。

パソコン版のLINEは「メッセージウィンドウに文字を入力→Enterキーで投稿」という形なので、「改行しようと思ったら間違って送信してしまった!」ということがよく起こりがちです。

改行したいときは、「Shift」キーと「Enter」キーを同時押ししましょう。

面倒くさい! という人は、Enterで投稿されないように設定を変えることも可能です。

1. まず、左上部の▼ボタン→「設定」とクリック。

パソコン版LINEとスマホ版ラインの違い【2019年版】

2. 「トーク」をクリック。

パソコン版LINEとスマホ版ラインの違い【2019年版】

3. 「送信方法」を「Alt+Enter」に変更。

パソコン版LINEとスマホ版ラインの違い【2019年版】

これで「Enter」キーで改行ができるようになります。

ダウンロード版では、左下の「...」マークから「設定」をクリックで同様に変更可能です。

そのかわり、メッセージ送信が「Alt」キーと「Enter」キーの同時押しで手間がかかってしまいますが、頻繁に誤送信をしてしまうという方は、こちらに切り替えてもいいのかもしれません。

パソコン版LINEを使う場合には乗っ取りに注意

便利機能満載のパソコン版LINEですが、乗っ取りのリスクが高まる点について注意が必要です。そのため、パソコン版のLINEを利用する人は、2段階認証の利用が必須といえるでしょう。同じアカウントで過去にログインしたことがない端末でログインしようとすると、スマホに表示される4桁のパスワードが必要になるため、乗っ取りのリスクを飛躍的に下げることが可能です。

パソコン版のLINEはスマホ版と使い分けることで、使い勝手が非常によくなりますので、ぜひ使ってみてくださいね!

関連記事

【LINE】意外に知らない「友だちを完全に削除する方法」
LINEの友達追加、スクリーンショットでも対応できるって知ってた?
今さら聞けない、LINEのアルバム機能の使い方。相手と簡単に写真をシェア

ラチーコ

IT、エンタメ、ファッションから介護、債務整理関係まで節操なくカバーする副業ライター

記事(6本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック