LINEの「非表示」ってどうなるの?「削除」や「ブロック」とどう違うの?

LINEのトーク一覧で、友だちの名前を左にスワイプするとあらわれる「非表示」と「削除」の文字。それぞれを選択すると、どう違うのかを解説します。相手にどう見えるの? 復活できるの? 「ブロック」との違いは? などの疑問にもお答えします。

LINEのトーク一覧から、友だちの名前を左にスワイプすると「非表示」「削除」の選択肢が表れます。それぞれを選ぶとどのようになるのでしょうか?
ブロックとの違いも気になります!

トーク一覧から「非表示」にするとどうなる?

トークの一覧から任意の友だちを選び「非表示」を選択すると、「トーク内容は削除されません」という確認画面が出ます

ここで「非表示」を選ぶと、一覧からこの友だちのトークルームが消えます。
ただ、これはきれいさっぱり消えてしまったわけではなく「一時的に非表示になっている」状態です。
この状態で、「非表示」にしている友だちからLINEのメッセージが来れば、一覧にトークルームが復活、開くと今までのトーク履歴も表示されます。
相手に、非表示にしたことは一切通知されません。
「おトク情報は受け取りたい公式アカウント」や、「ブロックするほどではないけど画面の上位に表示させたくない友だち」「LINEの画面を開いたとき、周囲に見られたくない公式アカウントや友だち」などを一時的に見えないようにするにはもってこいの機能です。
「非表示」を解除する方法は、友だち一覧の画面から、左上にある設定アイコン(歯車のアイコン)をタップ。「友だち」→「非表示リスト」→「編集」→「再表示」を選べばOK。

トークルーム「削除」にするとどうなる?

次に、同じくトークルームから友だちを「削除」した場合はどうなるのでしょうか。
この場合、「トークルームから削除します。よろしいですか?」という確認画面を経て「削除」を選ぶと、トーク一覧から任意の友だちのトークルームそのものが消えます

とはいえ、友だちそのものが削除されてしまったわけではありません。
「友だち」一覧には名前が残っているので、タップして「トーク」を選べば、トーク一覧にその友だちのトークルームが再びあらわれます。
ここでひとつ注意しておきたいのは、「非表示」とは違い「削除」を選ぶと、トーク履歴もすべて削除されてしまうこと。
また「非表示」同様、この友だちからメッセージが送信された場合にも、トークルームが復活しますが、やはりトーク履歴はまっさらになってしまいます。
残しておきたいやり取りがある場合は気をつけましょう。こちらも相手方に削除された旨は通知されません。
「非表示」「削除」は「ブロック」とはどう違う?
さきほど紹介した「非表示」「削除」は、「ブロック」とはどう違うのでしょうか。
「ブロック」すると、相手のメッセージが受信されず、自分からも送信できず、LINE音声通話も不可能な状態になります。
相手に「ブロックされた」という通知こそいかないものの、メッセージを送ってもずっと既読がつかず、音声通話も呼び出し音が鳴り続けるだけなので「あれ、もしかしたらブロックされてる?」と気づかれる可能性はあります。
こちらの記事も参考にしてください!
「LINEでブロックされるとどうなるの?」
このようにトークの「非表示」「削除」は、「ブロック」と混同しやすいですが、まったく別の機能です。
「ブロックするほどではないけど、今は表示させたくない」、そんなときには「非表示」。「ブロックするほどではないけど、今は表示させたくない。そしてトーク履歴も不要」、そんなときには「削除」がおすすめです。

関連記事

LINEの公式アカウントを削除・ブロックする方法
LINEでブロックされるとどうなるの?
LINE乗っ取り防止-PCでLINEにログインできませんでしたと通知がきた場合の対策

Kana.mM(かな)

編集プロダクション勤務を経てフリーライターとして独立し、そろそろ10年。旅行、不動産、広告、生活系のジャンルで執筆活動中。趣味は野球観戦と戦争ゲーム。アナログ心を忘れないデジモノ好きを目指しています。

あなたにオススメ
Recommends