パソコンをインターネットにつなぐためのLANケーブル。何年も前に買ったものを使っていませんか?

LANケーブルには規格があり、パソコンに合ってないものを使っていると、十分な通信速度が出ていないこともあるんです!今回は、LANケーブルの規格と見分け方などを解説します。

LANケーブルの種類

例えば、「LANケーブル CAT5e 20m ブルー」という商品があります。この商品には、長さと色以外に「CAT5e」というのが書いてありますが、これが規格(カテゴリーのクラス)になります。

カテゴリーは、どの通信速度に対応しているかによってクラスが分かれています。数字が大きいほど、速い通信速度に対応できる規格とされています。一般的に流通しているカテゴリーは「5e」「6」がメイン。CAT5のケーブルは少し古いものとなります。

古いLANケーブルで繋いでるかも? 使用しているケーブルの規格を確認する方法

今使っているLANケーブルがCAT5より少ない数字だった場合、ひかり回線などを利用していたとしても、通信速度が遅くなることがあるんです。

LANケーブルの規格をチェックする方法

会社や自宅で使っているケーブルがどのカテゴリーなのかをチェックするには、購入した時の箱や説明書を見るのが一番ですが、手元にない場合はケーブルそのものを見てください。

ケーブルには、どのカテゴリーなのかが印字されているものがあります。

古いLANケーブルで繋いでるかも? 使用しているケーブルの規格を確認する方法

C5eのCとはカテゴリーの略です。たとえば上の表で「カテゴリー5e」に該当するケーブルなら、「C5e」や「CAT 5e」などの印字がされています。

※ カテゴリーCAT5eでも、CAT5と表記されている商品もあるようですのでご注意ください。

パソコンのLANポートをチェック!

パソコン側の通信速度は、LANケーブルのポートから確認する事が可能です。

※記事では OS「Windows7」を使用して解説します。

  1. [コントロールパネル]→「ネットワークとインターネット」をクリック
  2. 「ネットワークと共有センター」をクリック
  3. 左側にある[アダプターの設定の変更]→[ローカルエリア接続]をダブルクリック


古いLANケーブルで繋いでるかも? 使用しているケーブルの規格を確認する方法

ここで「1Gbps」や「10Gbps」などの速度表示がわかります。この速度と、LANケーブルのカテゴリーを下記の表で照らし合わせてみると、パソコンとLANケーブルの規格が適合しているかがわかりますよ。

例えばパソコン側の規格が「1Gbps」なのに、「カテゴリー5」のLANケーブルを使用していた場合は、通信速度が低下している可能性があります。

古いLANケーブルで繋いでるかも? 使用しているケーブルの規格を確認する方法

とは言うものの、基本的には「カテゴリー5e」のケーブルを用意すれば、ほぼ問題ありません。また、カテゴリー7などのケーブルは高価な上に、環境によってはオーバースペックとなってしまい性能を活かせないことがあります。

ただ、10年以上前の古いLANケーブルをそのまま使っている、という方などは要確認です。パソコンの性能に合ったケーブルに換えることをオススメします!

ピックアップ

Kana.mM(かな)

編集プロダクション勤務を経てフリーライターとして独立し、そろそろ10年。旅行、不動産、広告、生活系のジャンルで執筆活動中。趣味は野球観戦と戦争ゲーム。アナログ心を忘れないデジモノ好きを目指しています。

記事(210本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック