無線キーボードとは?メリットとデメリットまとめ

PCのキーボードを購入する際、迷うポイントのひとつが無線と有線のどちらを選ぶかという点。無線のキーボードには、有線タイプにはないメリットが存在します。無線キーボードの利点をまとめました。

キーボードには、コードでPC本体と繋ぐ有線タイプと、Bluetooth通信などを利用する無線タイプの二種類が存在します。キーボードを新調する際、どちらが良いか迷うことはありませんか?

そんな方のために、無線キーボードを過去に複数台使用した私が、無線タイプのメリットと注意点を紹介します。キーボード選びの参考にしてください。

無線キーボードの二つの通信規格

無線キーボードは、通信規格によって「Bluetooth」「無線2.4GHz接続」の二種類に分かれます。データの転送方法など細かい違いはありますが、使用する上で影響するのはキーボードとPCの接続方法です。

通信規格 接続方法
Bluetooth PCとのペアリングが必要。PC本体とキーボードがあれば使用できる。
無線2.4GHz接続 専用のアダプタをUSBポートに挿入する(ペアリング作業不要)。
アダプタを紛失すると使用できなくなる

Bluetoothを採用しているキーボードは、Bluetooth対応のPCであればアダプタが必要ありません。アダプタの紛失によって使えなくなる心配は無用です。

一方、無線2.4GHz接続のキーボードは、アダプタが必要なため、常にUSBポートがひとつ埋まっている状態になります。その反面ペアリングが不要なことからBluetoothの接続切れなど、PC側のトラブルには強いといえます。基本的にはそれぞれのメリットとデメリットを踏まえて好みで選んで問題ありません。

無線キーボードのメリット

では、具体的に無線キーボードを選ぶメリットを考えてみましょう。

デスクがすっきりする

まず、PCに繋ぐコードが存在しないため、デスクがすっきりします。以下は、実際に無線キーボードを使用している私の仕事用デスクです。

キーボードとマウスを共に無線タイプにしていることから、PCの周りがすっきりしていることが分かると思います。配線だらけの散らかったデスクから解放されるのは無線タイプの大きなメリットではないでしょうか。

場所を選ばず自分好みのキーボードを使える

無線キーボードはコードがない分、携帯性にも優れているため、場所を選ばずに自分好みのキーボードを使うことができます。

PCのキーボードはメーカーや機種によって規格が異なります。商品によってキーの配列や間隔、大きさなどが違うので、使用感もさまざまです。「テレワークでノートPCを支給されたけどキーボードが指に合わない」といったことも。

無線キーボードであれば、自分の好きなものを選べますし、自宅から職場に持っていくこともできます。折り畳みが可能な持ち運びやすい機種も存在するため、いつでも自分に適したキーボードを使うことができます。

無線キーボードのデメリット

魅力的な点の多い無線キーボードですがデメリットも存在します。購入後に後悔しないよう、あらかじめ確認しておきましょう。

充電や電池交換が必要

無線キーボードはコードからの電源供給が受けられないため、バッテリーの充電や電池の交換が必要です。充電を切らしたり、電池の交換を忘れてしまうと、仕事中に急に使えなくなる可能性もあります。

バッテリーがどの程度もつかは機種や使い方にもよりますが、電池タイプは交換から3か月以上、充電タイプは一度の充電で40時間以上の使用が可能という製品が多いです。

この持続時間を短いと感じる方であれば、有線タイプを選んだ方がストレスにならないかもしれません。

無線キーボードは遅延が発生することがある

無線キーボードは、通信に遅延が発生することがあります。同じ通信規格を使用している他の機器の干渉を受けるためです。

どの程度の遅延になるかは使用するキーボードや周辺の環境によって異なりますが、人によっては作業効率に影響が出るほどの遅延が出ることもあるようです。

なお、私は5,000円以下の低価格帯の無線キーボードばかり使っていますが、今までにストレスを感じるほどの遅延に遭遇したことはありません。遅延するかどうかは購入してみるまで不明です。

なお、PCゲーム用の低遅延商品や、有線・無線どちらにも対応できるキーボードも販売されています。遅延が心配な場合はそちらも検討してみてはいかがでしょうか。

デスクを散らかしたくない人にはおすすめ

無線キーボードを購入する最も大きなメリットはデスクがすっきりする点。配線をすっきりさせ気持ちの良い作業環境を作りたい方に特におすすめです。

あなたにオススメ
Recommends

いちはら

今日の晩御飯から不動産・転職までこなすマルチジャンルライター。Twitterでも活動中。Twitter:@IchiharaMakiwo