sns_memorial

日本食を英語にするとどうなるのか、いくつかの言葉を調べてみました。また、英語にしなくても日本語のままで通じるメニューも紹介。そして季節柄、おせち料理を英語でいうと?などについてもお話ししたいと思います。

納得!この日本食は英語ではこうなる

まずは超定番のメニューから。「おにぎり」は「rice ball」、「お茶づけ」は「rice and tea」となります。それぞれ、ごはんのボール、ごはんとお茶、と考えるととてもわかりやすくて納得ですよね。ボールといえば、「牛丼」は「beef bowl」となります。日本語では同じようにボールと聞こえますが、こちらはボウルのような深さのある器に入った牛肉料理、という意味。ボールはボールでも意味が違って面白いですね。

有名な日本食は、なぜ日本語のままでも英語圏で通じる?

sns_memorial

日本語のままでも通じる日本食もたくさんあります。代表的なのが、お寿司や天ぷら。英語圏では「sushi」「tempura」などのアルファベット表記で見かけることが多いのではないでしょうか。これらのメニューは日本独特の調理法であり、英語で表現すると長くなる、また人気のある日本食であることから、そのままの言葉で定着していると考えられます。

最近メジャーになってきたあの居酒屋メニューも

寿司や天ぷらが海外で有名なのは昔からですが、最近の日本食ブームで有名になったメニューもあります。それは「枝豆」。「edamame」で通じる場合が多くなってきたのだとか。「green soybeans」を塩ゆでして、などと英語で説明しなくても名前だけで通じるということは、枝豆というメニューがそれだけ英語圏で定着した証といえるのではないでしょうか。

おせち料理は英語で何という?

もうすぐお正月ということで、おせち料理についても調べてみました。おせち料理は、festive food for the New Year(新年のためのご馳走)、または traditional new year foods(伝統的な新年の食事)となります。festive(お祝いの)や traditional(伝統の)という言葉が入ると、特別な料理であることがわかりやすいですよね。

おせち料理に入っているものを見てみると、黒豆は「sweet black soybean」、栗きんとんは「candied chestnut with sweet potatoe paste」、数の子は「herring row」、煮しめは「boiled root vegetable」、かまぼこは「boiled fish paste」などと英語で説明するのがよさそうです。覚えておくと国際交流の役に立つかも。

英語で表現すると「なるほどな」と思えるものから「面白いな」と思えるものまで、いろいろあるようですね。また、寿司や天ぷらのように日本語で通じる食べ物の中に、「枝豆」が入っていたのは意外でした。これからさらに日本食が有名になって、「日本語で通じる和食」が増えるとうれしいですね!

関連記事

Google Chromeで外国語のサイトを日本語に翻訳する方法
辞書を使わないで習得?「多読」という英語勉強法
スタンプラリーは和製英語?!知って楽しいスタンプラリーの豆知識

松重明子

日本史好きな三児の母。ビールを嗜みつつ猫を愛でつつ読書をする時間が至福です。ウォーキングやストレッチも好きなので、健康情報にも関心あり。

記事(2本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック