iphone_voicememo


iPhone標準搭載の便利なアプリ「ボイスメモ」

社会人の方は会議やプレゼン、学生の方は講義を録音する機会は多いのでは?

でも音声録音アプリはさまざまな種類があって何を選べば良いか選択も難しいですよね。そんな時に便利なのがiPhoneに標準で搭載されている音声録音アプリ「ボイスメモ」です。

ボイスメモは標準で搭載されているアプリですから、改めてインストールする必要はありません。

操作も基本的には録音と停止だけで難しい設定もないため、誰でも気軽に使える音声録音アプリです。

でもひとつ問題があります。それは使用中、勝手に録音を停止してしまうことがある点です。

ボイスメモの録音が途中で止まってしまう理由とは?

ボイスメモの録音が途中で止まってしまうのは、録音中に着信などの通知を受けてしまう時です。録音をしている最中に誰かからの着信があると、その時点で録音が一時停止になります。

着信だけでなくメールやTwitter、LINEなど、あらゆる通知によっても録音が停止しちゃうんです。電話なら仕方ないかなとも思いますが、メールやアプリの通知でもいちいち、録音が止まってしまうとなるとちょっと面倒くさいですよね。

数分だけ録音するという場合であれば、そんなに途中で止まることもありませんが、会議や講義となると長い時は1~2時間になることもあります。そうなると通知によって録音が止まる可能性はかなり高くなります。

ボイスメモの録音が途中で止まるのを防ぐ方法

ボイスメモで音声を録音している際に途中で止まるのを防ぐには、いくつかの方法があります。

一つはTwitterやLINEなどそれぞれのアプリの設定で「通知」をオフにする方法です。でもこの方法では、録音が終わったらまた通知設定をオンにしなくてはならず、かなり面倒ですよね。

そこでおすすめしたいのは機内モードをオンにすることです。
機内モードに設定すれば、メールやSNSなどインターネット経由の通知が届かなくなります。

機内モードをオンにするには「設定」を開き、機内モードのスライダーを左にスライドさせるだけです。

iphone_voicememo


また画面下からフリック操作でコントロールセンターを表示させ、飛行機アイコンをタップ(グレーからオレンジに変わります)しても機内モードをオンにできちゃいます。

iphone_voicememo


これで録音時に着信や通知が入って録音が止まることを防ぐことができます。

録音時は容量と充電残量の確認も忘れずに

機内モードにしたので、これで大丈夫!と思ったのにやっぱり録音が途中で止まってしまった。といった場合は、データ量不足や充電切れの可能性を疑ってみてください。

音声の録音は長時間になればなるほど、データ量も大きくなります。そのため音声の録音中に容量がいっぱいになってしまえば、機内モードにしていても録音は停止になってしまいます。

また充電が切れても当然、録音は止まります。録音前に残りの容量と充電残量の確認は忘れずにしておきましょう!

関連記事

仕事以外でも使える、iPhone「ボイスメモ」が便利な3つのポイント
スマホの通信がつながらない...そんなとき「機内モード」を使ってみて!
iPhoneのバッテリーを長持ちさせる10の方法

ピックアップ

川村龍一(かわむらりゅういち)

ネットサービスやツールに関することを中心に色々書いているフリーのライターです。バンドやったり歌詞作ったりもしてます。将来的には子供向けの何かを作ったり書いたりできればいいなと日々を過ごしてます。

記事(33本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック