Safariで開きすぎたタブを全て閉じる方法(iPhone長押しテク)

iPhoneで開きすぎてしまったタブを一気に閉じる方法があるのを知っていますか?
一つひとつ閉じるより断然楽チン。その方法は、あのボタンを長押し!

iPhoneでSafariを利用していると、ついついタブを開きすぎちゃう、なんてことありますよね。不要なタブは都度閉じるのもなんだか面倒なので、多くなってきたなぁ、と感じたら、なんとなく、一つひとつ閉じていました。
しかし、あるとき、「このチマチマした作業、もっと簡単にできないかしら」と調べてみたら、やっぱりあるんですねぇ、簡単に一気閉じする方法が。

超簡単! Safariのタブ全てを一気に閉じる方法

タブの一気閉じは、以下の2ステップで可能です。

1、Safariの右下にある、タブの追加ボタンを長押しします

2、「○○個のタブを閉じる」をタップします
これで全てのタブを閉じることができます。いとも簡単に、キレイすっきりですね。

閉じておいたほうがいいワケは?

タブを開きすぎると、必要なタブがどれだったかが見つけづらかったり、Safari自体の動作に負荷を与えてしまうことになります。
また、すでに不要になったタブを再度有効にしたときに、そのページに対して読み込みが発生する場合もあります。そうすると、余計なデータ通信が発生し、パケット上限に近づいてしまいますよね。
不要なタブを残したままにしておいてもよいことはありませんので、用済みのタブはすぐに閉じるようにしましょう。
この手間を楽にしてくれるのが、今回紹介した「一気閉じ」です。ぜひ使ってみてくださいね。

あなたにオススメ

うえやま

競馬カメラマンからWEB業界へ異色の転身後、WEB制作に加えて大手メールマガジンやツイッターキャラクターの中の人までこなす。三度の飯より件名を考えるのが好き。