車を運転するとき、iPhoneのGoogle マップをカーナビとして利用しています。

車での行き先はいつも様々なので、自宅への帰り道は都度ルート検索をしてそのルートに従って帰ってきます。

今回は、その自宅へのルート検索をたったワンタップで実行できる方法をご紹介します。仕事やプライベートでいろんな場所へ出かける方には特におすすめです。

Google マップの手数を減らす

【iPhoneテク】ワンタップで現在地から自宅までのルート検索をする方法

出先から、自宅までのルート検索を行う場合、通常はGoogle マップのアプリアイコンをタップし、アプリ上で自宅の住所を入力し、ルート検索を実行することになります。

Google マップに自宅を登録している場合は、検索窓から「自宅」をタップしてルート検索を行うこともできますが、それでも最低3手(アプリを起動する > 検索窓をタップする > 自宅を選ぶ)が必要です。

しかし、今回ご紹介する方法を使うと、この3手を1手で完結させてしまうことができるのです。

「ショートカット」というアプリを使います

【iPhoneテク】ワンタップで現在地から自宅までのルート検索をする方法

iOS 12から新登場した「ショートカット」というアプリを使います。

このアプリではどんなことができるかというと、iPhone上での複数の操作を一連の流れで連結させ、ワンタップでそれらを実行するということができます。

たとえば、

  1. 家族に「帰ります」とSMSを送信して、
  2. Google マップで自宅へのルート検索をして、
  3. ツイッターに「さて家へ帰ろうかな」と投稿する

といったような一連の流れを、たったワンタップで連鎖的に実行することができてしまうのです。これってすごいですよね!?

ちなみに、この「ショートカット」はApple社の純正アプリで、iOS 12から利用できるようになりました。
iOS 11までは「Workflow」というアプリで提供されていましたが、Appleに買収されたのちに日本語化され、満を持してiOS 12から「ショートカット」としてダウンロードできるようになっています。

‎▼「ショートカット」をApp Storeでダウンロードするにはこちら

「ショートカット」を作ってみよう

早速ですが、先に述べた「自宅へのルート検索を表示する」を「ショートカット」アプリで新規作成してみましょう。
アプリをダウンロードしたら、以下の通りに設定してみてください。

おおまかに言うと、

  • もともと配布されている「ショートカット」を取得したあと
  • それを自分用にカスタムする

という流れになります。

ギャラリーから「自宅への経路」という「ショートカット」を取得する

まずは、配布されている「ショートカット」をギャラリーから取得します。

【iPhoneテク】ワンタップで現在地から自宅までのルート検索をする方法

1.「ギャラリー」タブを開き、「クイックショートカット」の中にある「自宅への経路」をタップする。
2.「ショートカットを取得」をタップする。

【iPhoneテク】ワンタップで現在地から自宅までのルート検索をする方法

3.「設定をスキップ」をタップする。
4.「ライブラリに追加されました」と表示が出る。

これでまずは、もととなる「ショートカット」を自分のライブラリに追加することができました。
ちなみに、3で「設定をスキップ」した理由は、この画面で住所を設定するよりも、次工程でのカスタム時の住所設定画面のほうがわかりやすいためです。

取得した「ショートカット」をカスタムしよう

それでは、ライブラリに追加された「自宅への経路」をカスタムしていきます。

【iPhoneテク】ワンタップで現在地から自宅までのルート検索をする方法

5.「ライブラリ」に追加された「自宅への経路」の「・・・」アイコンをタップし、「自宅への経路」の編集画面を開きます。

【iPhoneテク】ワンタップで現在地から自宅までのルート検索をする方法

6.「以降の住所」に「自宅の住所」を入力する。
※このとき、メジャーな駅名や施設名であれば、住所を細かく入力しなくても検索できる場合があります。
7.「経路を表示」では、ルート検索する「地図アプリ」の選択とルート検索の「モード(車か、交通機関か、徒歩か、など)」を設定します。
※今回は、「Google マップ」×「車」で設定しました。
8.最後に右上の「完了」をタップする。

これで設定は完了です。

早速ためしてみよう。

早速実行してみよう。
できあがった「ショートカット」は、「ショートカット」アプリ内から実行できます。

【iPhoneテク】ワンタップで現在地から自宅までのルート検索をする方法

完成した「ショートカット」をタップしてみましょう。
※このとき、コツとしてはなるべくボタンの真ん中あたりをタップしてください。

どうですか? 指定した場所までのルート検索が実行されたと思います。

ワンタップで実行するために、ホーム画面にアイコンをつくる

完成した「ショートカット」をワンタップで実行するために、この専用のアイコンをホーム画面に設置してみましょう。

その方法は、

【iPhoneテク】ワンタップで現在地から自宅までのルート検索をする方法

  1. 「ライブラリ」に追加された「自宅への経路」の「・・・」アイコンをタップし、「ショートカット」の編集画面を開く。
  2. 右上の「設定」アイコンをタップする。

【iPhoneテク】ワンタップで現在地から自宅までのルート検索をする方法

3.設定画面で「ホーム画面に追加」をタップ。(すると、Safariが立ち上がる)
4.あとは案内にしたがって、ホーム画面にアイコンを追加してください。

これで、ホーム画面に専用のアイコンが作成され、以降はそれをタップするだけで、現在地から自宅までのルート検索を、ワンタップで実行することができます。

ウィジェットやSiriからも実行できる

この他にも、

  1. ウィジェットから実行する
  2. Siriに好きな言葉で実行させる

こともできます。

【iPhoneテク】ワンタップで現在地から自宅までのルート検索をする方法

さきほどの「ホーム画面のアイコン」同様に、「設定」画面から設定することができるので、気になる方はやってみてください。Siriに頼んで「ノータップ」でも実行できたときは、ちょっと感動ものでしたよ!

使いこなせば、iPhone操作がもっと楽になる

今回は、「ショートカット」アプリを使った簡単な動作をお届けしてきましたが、この他にもiPhone操作の手間を削減できる「ショートカット」はもっともっとたくさんあります。

たとえば

  1. 再生回数の多かった上位25曲のプレイリストを作成

  2. 歯磨きタイマー

  3. カフェイン摂取量を記録

などなど。
気になる方は、ぜひアプリ内の「ギャラリー」を眺めてご自身にあいそうなものを取得してみてくださいね。もっとこだわったものを作りたい方は、ご自身でイチからつくることも可能ですよ。

関連記事

iPhoneのTwitter連携が便利!Siriが代わりにツイートしてくれる!?
暇つぶしにも最適、「Siri」との会話を楽しもう
指でiPhone操作するのがバカらしくなる、Siriの超絶便利ワード5選「お出かけ編」
Siriには男性の声もあった!siriたんならぬ、siri男(だん)の声は超クールガイ!!

うえやま

競馬カメラマンからWEB業界へ異色の転身後、WEB制作に加えて大手メールマガジンやツイッターキャラクターの中の人までこなす。三度の飯より件名を考えるのが好き。

記事(208本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック