Instagramのアカウントを一時的に停止する方法。他の人からはどうみえる?

Instagramのアカウントを一時的に停止できるって知っていますか?アプリからはできないこの隠れた方法を実際に試してみました。一時停止する手順、一時停止中のアカウントは他の人からどう見えるのか、アカウントを復活したら今まで通り使えるのか、ご紹介します!

Instagramをやっていると、他人の投稿につきあいで「いいね!」をしなきゃいけないなど、息苦しさを感じてきている方も中にはいらっしゃると思います。
いわゆるSNS疲れといわれるものですが、いっそアカウントを削除してしまおうと頭にはよぎっても、過去の投稿やみんながしてくれた「いいね!」が消えてしまうのも、それはそれで寂しいものです。
そんなとき、おすすめなのがInstagramに密かに用意されている「アカウントの一時停止」
以前、Twitterのアカウントの一時的な削除に身をもって挑戦してみました(▲【Twitter】アカウントを削除しても復活できるらしいので、体を張って試してみた)が、今回はInstagramでも同様のことに挑戦してみたいと思います。

Instagramの「一時停止」する方法

Instagramの「一時停止」は、アプリではなくInstagramのWEB版から実施することができます。
「パソコンでやらないといけないの?」と思われるかもしれませんが、ご安心ください。
スマホからでもInstagramのWEB版にアクセスして実施できます。
以下がその手順です。

1 InstagramのWEB版にアクセスし、ログインします。

スマートフォン版で説明しますが、PC版でも流れは同じです。

2 右下のアカウントアイコンを押します。

3 左上の「設定」アイコンを押します。

4 「プロフィールを編集」をタップします。

5 「アカウントを停止する理由」と「パスワード」を入力し、「アカウントの一時的な停止」を押します。

PC版では、「プロフィールを編集」画面で先に「アカウントを一時的に停止する」というボタンが出てくるので、クリックすると「アカウントを停止する理由」の画面になります。

6 確認用ダイアログで、「はい」を押します。

削除するとアカウントはどのように見えるのか?

一時停止したアカウントをWEB版で確認してみると……

この通り「このページはご利用いただけません。」と見事にアカウントがなくなっていました。

アカウントの復活の方法は?

オフィシャルな方法とはいえ、本当に復活できるのか、やっぱり不安ですよね。
ということで、今度はアカウントを復活させてみましょう
アカウントの復活は、再びInstagramにログインしなおすだけです。
ということで、アプリを立ち上げ、ユーザー名とパスワードを入れてログインしてみました。
すると……

何事もなく復活されました
投稿した写真やフォロー/フォロワーのアカウントもそれぞれおそのまま残してくれていました。よかったよかった。
Twitterでは削除したあと復元するためには30日以内という期限がありますが、Instagramにはその復元期限がないようです。
Instagramを辞めたいけどなかなかふんぎりがつかないという方は、上記の方法で「一時的に」Instagramを辞めてみてから、そのままでもよいか否かを考えてみてはいかがでしょうか。

関連記事

「リプ」「ふぁぼ」「バズる」今さら聞けないSNS用語解説【しむ暮らし】
Instagramの新機能「コレクション」を使いこなそう!【しむ暮らし】
「ハッシュタグ」って何?正しい付け方は?【今さら聞けない用語解説】
【iPhoneアプリ】Wi-Fiではつながるのに3Gでつながらないときの対処法
【Twitter】アカウントを削除しても復活できるらしいので、体を張って試してみた

うえやま

競馬カメラマンからWEB業界へ異色の転身後、WEB制作に加えて大手メールマガジンやツイッターキャラクターの中の人までこなす。三度の飯より件名を考えるのが好き。

あなたにオススメ
Recommends