Googleカレンダーを共有する方法。これでグループのスケジュール管理はバッチリ!

Googleカレンダーを他のメンバーと共有すれば、スケジュール管理や調整がもっと便利に! 設定方法もとっても簡単ですよ~!

ネット上でスケジュール管理をするのに役立つGoogleカレンダー。このカレンダーは他の人と「共有」する機能を使うことで、さらにビジネスなどで活用ができますよ!
例えば、同じプロジェクトチームのメンバー同士でスケジュールを共有すれば、空いている時間に会議時間を調整したり、仕事を振り分けたり・・・。
他にも、結婚式の二次会など、イベントの幹事打ち合わせなど、定期的に複数人が顔を合わせる日にちを調整する時などにも便利です。
Googleカレンダーを共有する方法は簡単です。

Googleカレンダーの共有方法

Googleカレンダーのページを表示し、マイカレンダー内にある、共有したいカレンダーを選びます。任意のカレンダーの上にマウスカーソルをのせると、下向き矢印がでてくるのでクリックします。

表示されたリストの中から「このカレンダーを共有」 を選択します。

カレンダーを共有する相手のメールアドレスを入力し、閲覧権限レベルを選択します。

「閲覧権限レベル」で設定できるのは以下の4つ。
変更および共有の管理権限
→ 共有相手は、あなたのカレンダーの予定と共有設定を自由に変更可能
予定の変更権限
→ 共有相手はあなたのカレンダーの予定を変更可能
閲覧権限
→ 共有相手はあなたの予定を「詳細」まで閲覧可能
予定の時間枠のみを表示
→ 共有相手はあなたの予定の時間枠までを閲覧可能(詳細は非表示)
「ユーザーを追加」ボタンをクリックし、ユーザーが追加されたのを確認した後、「保存」ボタンをクリック。これで共有完了!
共有先の相手にはカレンダーの共有についての通知メールが届きます。

簡単でとても便利! ぜひ活用してくださいね~。

Kana.mM(かな)

編集プロダクション勤務を経てフリーライターとして独立し、そろそろ10年。旅行、不動産、広告、生活系のジャンルで執筆活動中。趣味は野球観戦と戦争ゲーム。アナログ心を忘れないデジモノ好きを目指しています。

あなたにオススメ
Recommends