アウトドアレジャーで覚えておきたい、「食中毒予防の3原則」

青空の下でBBQを楽しんだり、ハイキング、ピクニックに出かけたりするのは、とっても楽しい。この夏休みに、家族や仲間とアウトドアレジャーを楽しむという人も、きっと多いはずだ。

でも、その際に気をつけたいのが「食中毒」。とくにこの時期は、気温や湿度が高いので、食中毒の原因になる細菌が繁殖しやすいのだ。

では、どうしたら食中毒は防げるのか? そのポイントである「食中毒予防の3原則」を紹介しよう!

食中毒予防その1「付けない」

アウトドアレジャーで覚えておきたい、「食中毒予防の3原則」

食中毒は、食べ物に原因菌が付着するから起こる。だから、食べ物に原因菌を付けないのが、いちばん手っ取り早い予防方法なのだ。

基本は、調理する前にきちんと洗剤で手を洗うこと。生の肉や魚を切った包丁とまな板は、しっかりと洗剤で洗う。さらにアルコール除菌スプレーをすると安心だ。

BBQは野外で生肉や生魚を扱うので、この作業を徹底しよう。ハイキングやピクニックのお弁当作りでは、ご飯をラップに包んでおにぎりを作るなど、直接、手で握らない工夫をしたい。

また、手にキズがあると黄色ブドウ球菌が繁殖するので、ゴム手袋を付けて調理するか、調理をしないように。黄色ブドウ球菌は、加熱しても無毒化されないので要注意だ。

食中毒予防その2「増やさない」

アウトドアレジャーで覚えておきたい、「食中毒予防の3原則」

食べ物に原因菌を付けないようにがんばっても、どうしても少しは付いてしまう。それを放っておくと、原因菌はどんどん増殖して、食中毒を起こしてしまう。

なのでBBQの場合、まだ調理しない食材は、庫内が低温のクーラーボックスにしまうこと。その際、ほかの食材に触れないようラップなどに包んでおくことが大切だ。

お弁当の場合は、保冷剤などを入れて冷やすのが効果的。炎天下のバックパック内は高温になるので、原因菌はあっという間に増殖してしまう。

最近では、ジャーサラダが流行っているけれど、生野菜は原因菌が繁殖する格好の場所。保冷しないで長時間持ち歩くのは、食中毒の原因になるので注意しよう。

食中毒予防その3「殺菌する」

アウトドアレジャーで覚えておきたい、「食中毒予防の3原則」

付けないように注意し、増やさない努力をしても、原因菌が完全になくなるわけではない。なので次のステップでは、加熱処理をして原因菌を死滅させることが重要になる。

ほとんどの細菌やウイルスは、加熱によって殺せるので、肉や魚、野菜は十分に加熱すれば安全に食べることができる。中心部を75℃で1分以上加熱するのが目安だ。

ただし、しっかり加熱した食べ物でも、長時間放置しておくと原因菌が繁殖するので、できあがったらすぐに食べるように。また、生肉を扱ったトングや箸で触っては元も子もない。生ものを扱うトングと、加熱後の食材を扱うトングは別に用意しよう。

そして、ハイキングやピクニックで残したお弁当は、持ち帰って食べたりしないこと。当然、BBQで残った生肉なども持ち帰りは禁止。その場で食べきるようにしよう。

せっかくの楽しい夏休みを台なしにしないためにも、3大原則を守って、楽しいアウトドアレジャーを満喫しよう!

ピックアップ

牛島義之(うしじまよしゆき)

アウトドア雑誌の副編集長職を経て、フリーランスとして独立。以降、アウトドアをはじめ、遊びにまつわる数々の原稿を雑誌やWEBサイトにて執筆している。 ⇒今日も明日も『ゆる~い生活』

記事(241本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック