フリマアプリでイメージと違う商品を買わないためのコツ

さまざまな商品が並ぶフリマアプリは眺めているだけでも楽しいですよね。思わぬものが安く売られていることもあり、つい購入してしまう方も多いのではないでしょうか。しかしいざ商品が届くと「思ったものと違う」と思ったことはありませんか?
フリマアプリは写真で判断することが多く、イメージと違ったものが届く可能性もあります。そこで、ここではイメージと違う商品を買ってしまわないコツをご紹介します。

出品者の評価をチェックする

フリマアプリの多くには「評価システム」があります。ここをチェックすれば、相手が良い評価を多く貰っているのか、悪い評価が多いのかがわかります。

個人間で取引をするフリマアプリでは、まず出品者の評価をチェックしましょう。また評価だけでなく過去の取引相手のコメントも確認できます。ここをよく読み、取引するかどうか判断するのがおすすめです。

商品写真を細かくチェックする

フリマアプリでイメージと違う商品を買わないためのコツ

ほとんどの方はフリマアプリに載っている写真を参考に、商品を購入します。まずは商品写真を細かくチェックしましょう。主にチェックしたいのは以下のような点です。

購入したい商品の実物の写真が掲載されているか

出品者の中には、実際の商品写真を掲載していないこともあります。ネットにある、同じ商品をブランドの公式ショップが掲載した写真や、きれいに撮影されたSNSの写真を「参考写真」として掲載しているケースが多いのです。中には、それをあたかも実物のように記載しているケースも。
いくら同じ商品であってもこうした写真だと現物の商品の状態がわからず、実際に届くと「イメージと違う」という事態になりかねません。

気になった商品でも現物写真がない場合、出品者に「現物の写真をください」と伝えましょう。

加工しすぎていないか

商品写真の中には、見栄えを良くしようと過度な加工を施しているものもあります。加工された写真だけを見て購入すると、どうしても実物の色味と違うことも多いです。

どれだけ加工しているか全て見抜くことは難しいですが、細かい色合いが気になる洋服などは出品者に質問してみましょう。

色味が正確に出ているか

暗すぎる・明るすぎる場所で撮影された商品は、全体像が把握しにくいためイメージと違うことが多いです。

写真がわかりにくい商品は避けましょう。もしどうしても気になる商品であれば出品者に新しい写真をもらえないか聞くのがおすすめです。

商品説明をしっかり読む

フリマアプリでイメージと違う商品を買わないためのコツ

商品写真と同じくらい大切なのが商品説明です。洋服のサイズや生地、使用感などは商品説明を読まないとわかりません。ここが丁寧に記載されている出品者だと取引も安心して行える可能性が高いです。

サイズが表記されているか

洋服に限らず商品のサイズはとても気になるポイントです。寸法がわかりやすく掲載されているか、実際着用(使用)するとどれくらいかなどが記載されていると安心です。

またワンピースやスカートの場合は特に丈の長さに注意しましょう。写真を見ただけでは分かりにくいため、丈のサイズは大切です。

生地は何か

サイズだけでなく素材や着用感も大切です。特に女性の場合、透け感は気になるポイントではないでしょうか。写真を見て薄そうであれば、透け感や裏地の有無について出品者に確認してみましょう。
またシルエットや着用感を聞いてみるのも、失敗しないためには大切です。

フリマアプリは個人間の取引なので、失敗しないためには購入側も気を付けることが大切です。ここで紹介したチェックポイントを確認して、ぜひフリマアプリでのお買い物を楽しんでください。

関連記事

フリマアプリで安全に取引するための6つのポイント
知らなかった!話題のメルカリ、3つの常識を紹介します
初めてのメルカリ!流行の理由と注意点とは?

ピックアップ

月木なつめ

会社員を経てフリーランスに。文化財学科出身なので趣味で歴史系の分野を調べることも。IT・旅行・ゲームなどの分野で執筆活動中。

記事(5本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック