Facebookで友達の投稿を見ようと思ったとき、なかなか辿りつけず、イライラしたこと、ありませんか?

Facebookの友達を「仕事関係」「同級生」などのグループに分ける方法

友達の数が多くなってくると、見たい投稿があっても、瞬時に見つけにくくなりますよね。そのせいで、投稿を見逃してしまうこともあるかもしれません。

そこで活用したいのが、「友達リスト」機能。これを使えば、友達を自分でグループ分けして管理できるんです。

属性や自分との関係などに応じて友達をグループ分けしておけば、やみくもに名前を探すよりも、友達を見つけやすくなりますよね。また、数が増えると、自分にどんな友達がいるかも忘れてしまいがちですが、リスト化することで、それも把握しやすくなります。

それでは、リストの作り方を説明します!

「友達リスト」の作り方

まず、Facebookのリスト化したい友達のタイムラインを表示します。

続いて、カバー写真の上にある「友達」にカーソルを合わせ、「他のリストに追加」をクリックします。

Facebookの友達を「仕事関係」「同級生」などのグループに分ける方法

「新しいリスト・・・」をクリックします。

Facebookの友達を「仕事関係」「同級生」などのグループに分ける方法

リストの名前を入力し、Enterキーを押します。ここでは「仕事関係」というリスト名にします。

Facebookの友達を「仕事関係」「同級生」などのグループに分ける方法

これで、この友達が「仕事関係」のリストに分類されました! 

トップページで確認してみましょう。ページの左側にある「友達」の項目に「仕事関係」というリストが追加されているはずです。

Facebookの友達を「仕事関係」「同級生」などのグループに分ける方法

・・・ありました!

この要領で、他の友達も属性に応じてリスト化していけば、今後はそのリストからサッと友達を探すことができますね。

リスト名は、「仕事関係」「飲み仲間」「高校時代」「身内・親戚」など、短めの名前をつけると分かりやすいと思いますよ!


※2013年11月11日時点での情報です。

ピックアップ

ダヨリン(ヨダエリ)

パソコン通信からネットに親しみ、ユーザー視点に立ったデジタル活用術の記事を『日経新聞』『日経ネットナビ』など多数の媒体で手がける。「イマ・ヒト・ココロ」が執筆テーマで、恋愛アナリストとしての著書も。思春期はドイツ在住。好物はお茶とROCK。 ⇒ダヨリン普通日記

記事(210本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック