カメラ女子、カメラ小僧のみなさん、旅先で撮った写真をSNSにアップするとき、データをすぐにスマホへ移動できず困った経験はありませんか?

実は、SDカードをWi-Fi搭載モデルに変えるだけで、デジタルカメラ(以下、デジカメ)で撮った写真を、一瞬でスマホにコピーできるようになるんです。

Wi-Fi搭載SDカードは、安くて速い!

これまで、デジカメで撮った写真をスマホに移動するには、データをパソコンに取り込んだのち、有線接続でスマホにコピーする必要がありました。最近では、Wi-Fiを搭載したカメラも登場していますが、カメラ本体を買い替えるとなると、出費もかさんでしまいます。

一方、Wi-Fiを搭載したSDカードなら、価格は数千円程度と割安。カメラを買い替えるよりも経済的で、愛着のあるカメラを手放す必要もありません。

また、写真データを無線でスマホに移動できるので、出先で撮った写真をその場でSNSにアップロード可能。いちいちパソコンを立ち上げる手間もなくなります。

写真を撮るだけで、スマホに自動で転送される

Wi-Fiを搭載したSDカードには、アイファイジャパンの「Eye-Fi Mobi」や、東芝の「Flash Air」などがあり、家電量販店やインターネットで手軽に入手できます。

今回、使用したのは、4月に発売された最新モデル「Eye-Fi Mobi Pro」。さっそく使い勝手をチェックしてみましょう。

まずは、無料の専用アプリをダウンロードして、Eye-Fiカードをカメラにセットします。


▼iPhone版のダウンロードはこちら
▼Android版のダウンロードはこちら


次に、付属のカードに記載されたパスコードを入力し、画面の指示に従って初期設定を進めましょう。スマホ側でWi-Fiをオンにし、「Eye-Fi Card ・・・・・・」と書かれたSSIDを選択すれば、準備は完了です。

あとは、普段通りに、デジカメで写真をパシャパシャと撮るだけ。スマホのアプリを起動すると、すぐにデータの転送がはじまりました! 必要な写真を選択して端末に保存すれば、デジタル一眼レフで撮ったボケ感のある写真を、SNSへすぐにアップできますね。

今回使用した「Eye-Fi Mobi Pro」は、容量無制限のクラウドサービスも1年間無料で利用可能。写真を自動で分類するタグ付け機能なども新たに登場し、デバイス間でより便利に写真データを利用できるようになりました。

カメラで撮ったお気に入りの写真を、スマホのアプリでも楽しみたいみなさん、ぜひ試してみてくださいね。

ピックアップ

エンジョイ!マガジン編集部

BIGLOBEのWEBマガジン。「やってみた」の体験レポやパソコン・ネットに関する小ネタ、 そして音楽等エンタメネタまで、さまざまな「エンジョイ!!」をみなさんにお届けします。

記事(71本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック