iPhoneの容量不足はこれで解決!便利な外付けストレージを知っていますか?

iPhoneで写真や動画を撮っていると、端末内にどんどんデータが溜まっていきます。iPhoneはAndroidスマホと違い、microSDカードを使って容量を拡張できません。

新しいiPhoneに買い換えることなく、簡単にデータをバックアップしたい。そんなときにオススメなのが、スマホ用の外付けストレージです。

Wi-Fiを経由すればワイヤレスでデータを保存

iPhoneで使える外付けストレージは主に2種類あります。ひとつは、Wi-Fiを使ってデータを保存するタイプです。

iPhoneの容量不足はこれで解決!便利な外付けストレージを知っていますか?

サンワサプライの「Wi-Fiカードリーダー」は、最大32GBのSDカードを本体に差し込んで使用します。

最大5台のスマホやタブレット、パソコンの同時接続に対応し、スマホをストレージのWi-Fiに接続して、専用アプリでデータを保存したり、ダウンロードしたりできます。

複数名で同時に使えたり、ストレージとスマホを無線接続できたりするのは魅力的ですが、充電が必要なのがネックです。最大5時間の連続使用が可能なものの、旅先など長時間充電できない環境では少し心配ですね。

Lightningコネクタ対応のUSBメモリが便利

充電を気にしなくていいのが、iPhoneのLightningコネクタに直挿しできるUSBメモリです。

サンワサプライの「Lightning USBメモリ iStick」は、iPhoneのLightningコネクタと、USBコネクタの両方を搭載しており、USBメモリに直接データを保存できます。保存したデータはUSBコネクタを使って、パソコンにスムーズに保存可能です。

iPhoneの容量不足はこれで解決!便利な外付けストレージを知っていますか?

実際に利用してみると、使いかたはいたって簡単。まずは「iStick」アプリをスマホにインストールし、iStickをiPhoneに接続します。

iPhoneの容量不足はこれで解決!便利な外付けストレージを知っていますか?

あとはアプリを起動して、保存したい写真や動画を選択し、iStickにコピーするだけです。

iPhoneの容量不足はこれで解決!便利な外付けストレージを知っていますか?

写真や動画だけでなく、連絡先や書類、音楽のバックアップも可能です。8~128GBの容量別に計5種類のラインナップが用意されているので、必要な容量に応じて選びましょう。

夏の思い出でいっぱいになったiPhoneの中身を整理して、気持ちよくiPhoneを使い続けましょうね。

ピックアップ

今西絢美(いまにしあやみ)

編集プロダクション「ゴーズ」所属の三十路女史。スマートフォンなどのデジタルガジェットを中心に、アプリや関連サービスに関する記事をウェブや雑誌で執筆中。食べ歩きネタと”嵐”のチェックはライフワーク。

記事(64本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック