仕事・勉強時に!エナジードリンク・ハーブティーの味を徹底比較!

眠くなった時によく飲まれるのが、エナジードリンクやハーブティー。そこで、エナジードリンクを4種類、ハーブティーを3種類、それぞれ飲み比べてみました。選ぶ際の参考にしてみて下さい。

エナジードリンク4種類飲み比べ

眠気覚まし飲料の定番といえば、エナジードリンクです。
しかし、日本国内で販売されているものだけでも数十種類はあるため、何を選べばいいかわからない人も多いでしょう。
   そこで、主要なメーカーの中から4つを選んで、飲み比べをしてみました。
飲み比べてみたエナジードリンクは、こちら。
メガシャキ ENERGY SHOCK(ハウスウェルネスフーズ)
MONSTER ENERGY KHAOS(モンスターエナジー)
ミラクルエナジーV(日本サンガリア)
KiiVA(キーバ)
それぞれを実際に飲み比べてみた上で、味について執筆者が感じたことを書いてみました。

ジンジャーの刺激がたまらない!「メガシャキ ENERGY SHOCK」

メガシャキ ENERGY SHOCK(ハウスウェルネスフーズ)は、
ドラッグストアやコンビニでも置いてあるので、手に入りやすいドリンクです。
炭酸のシュワっとした音の後で、少しツンとくるような香りがしてきました。
ジンジャーハニー味なので、ショウガの香りですね。
実際に飲んでみると、炭酸が強い感じがします。
また、香辛料抽出物が入っているせいか、飲み終わった後も鼻がツンとするような感じでした。
しかし、「ジンジャーハニー味」とある通り、はちみつ香料を使っていることで甘みもしっかりして、飲みやすい感じに仕上がっています。
もちろん、大人の方でもおいしく飲める味ですが、どちらかと言えば若い人向けの飲料のように感じました。

オレンジジュースみたいで飲みやすい!「MOPNSTER ENERGY KHAOS」

モンスターエナジー(アサヒ飲料)は、アメリカで最も売れているエナジードリンクだそう。
最初は黒い缶にオレンジ色の文字でしたが、現在はオレンジ色になっています。
缶を開けると、そこはかとなくフルーティーな香りがしてきます。
さすが、りんご、もも、オレンジなどの果汁が配合されているだけありますね。
実際にグラスに注いでみると、やはり濃いオレンジ色をしていました。
飲んでみた感想としては、果汁が入っている分フルーティーです。
後味は、ややオレンジの甘味が残るように感じます。
なっちゃんの炭酸版みたいで、ごくごく飲めるドリンクですね。

控えめな甘さがクセになる「ミラクルエナジーV」

ミラクルエナジーV(日本サンガリア)は、お値段100円前後とお手頃価格で購入できるエナジードリンクです。
缶を開けてみると、栄養ドリンクのような感じの香りがしてきます。
グラスに注いでみたところ、オレンジ色に近い黄色のような感じでした。
飲んでみた感想としては、栄養ドリンクに似ており、やや炭酸は弱いように感じます。
炭酸が好きな人には少し物足りなく感じられるかもしれませんが、香りはしっかりとついていて、おいしく飲むことができました。
何本か常備しておいて、普段飲みのドリンクにしてもいいのではないでしょうか。

大容量500mlで飲みごたえバッチリ!「KiiVA」

KiiVAは、元レーシングドライバーの阿部翼氏レーサーが監修していることで人気が集まっているエナジードリンクです。
缶を開けてみたところ、漂ってくるのがフルーティーな香り。
実際、グラスに注いでみると、薄いピンク色で、一見するとカクテルのよう。
チェリーかミックスベリーが入っているのかな?と思わせます。
味としては、炭酸と酸味で程よくバランスが取れておいしく仕上がっています。
甘みも程よく、普通のジュース感覚で飲める一本です。
ただ、エナジードリンクとしては大容量の500ml缶です。
女性が一本分飲むのは、少し大変かも。
友達と半分ずつ分けて飲んでみるなど、工夫してみて下さい。

ジュース感覚で飲める分、飲みすぎには注意

後味については多少の違いがあるものの、どのエナジードリンクもおいしく飲むことができました。
ただ、甘さが抑えられているといっても、それなりに甘みはありますし、カフェインがほぼコーヒー1杯分入っているので、取りすぎには気をつけたいところ。
1日1本を目安にして飲みましょう。

番外編~ハーブティー(ブレンド)3種飲み比べ

エナジードリンクにはカフェインが含まれています。
そのため、以下に当てはまる方は避けた方がいいと言われています。
・妊娠中・授乳中の方
・体質的に合わない方
そういう方におすすめなのが、ここで紹介する「眠気覚まし」系のハーブティー。
今回は、3種類のブレンドハーブティーを飲み比べしてみました。
朝さわやかに目覚めていますかtea
毒出ししませんかtea
集中しませんかtea
ハーブティーは、ほとんどがノンカフェインなので安心です。
ただし、妊娠中・授乳中であれば、飲用を避けた方がいいものもあります。
妊娠中・授乳中の場合は、医師に確認されることをおすすめします。

レモンの香りがただよう「朝さわやかに目覚めていますかtea」

朝さわやかに目覚めていますかtea」は、レモングラスやローズマリーなどをブレンド。
熱湯を注ぐと、レモンの香りがしてきます。
3分ほど蒸らしてグラスに注いでみると、黄色くなっています。
レモンとペパーミントが入っていて、香りだけでもいい気持ち。
レモンの酸味は多少はありますが、甘みも程よく入っているので、最後までおいしく飲めます。
また、氷を入れたグラスに注いで飲んでみると、さらにレモンの味が引き立つので、ホットが苦手な人はアイスにして飲むのがおすすめです。

酸味と清涼感が融合した「毒出ししませんかtea」

毒出ししませんかtea」には、清涼感の強いハーブとしてハイビスカスとペパーミントが入っています。
その他、ハイビスカスとのブレンドに用いられることの多い、ローズヒップやビワ葉などをブレンド。
茶こしの上から熱湯を注ぎ、3分ほど蒸らしてみると、ピンクと紫の中間のような色。
実際に飲んでみたところ、ペパーミントの清涼感も感じますが、ハイビスカスとローズヒップの酸味を感じました。
もともと酸味のあるハーブなので、酸味の苦手な人は飲みにくさを感じるかもしれません。
特にホットの場合は酸味を感じやすいので、少しはちみつを加えてみるのがおすすめ。
アイスにして飲むと、酸味を感じることなく飲めるので、アイスにするのもいいと思います。

スパイシー感と清涼感を両立「集中しませんかtea」

集中しませんかtea」には、清涼感の強いハーブとして、ローズマリーとレモンバーベナをブレンド。
そのほかに、タイムやバジルスイートが入っています。
レモンバーベナが入っているので、やはり熱湯を注ぐとレモンの香りがしてきます。
これにローズマリーが加わるので、フローラルさも感じられます。
タイムが入っているためほろ苦さやスパイシー感もありますが、その分味もスッキリ。
まったく酸味はないので、酸味が苦手な人でもおいしく飲めるハーブティーです。

好みに合わせて、色々な組み合わせを楽しみましょう

3つのブレンドを取り上げましたが、その他にも様々なブレンドがあります。
もちろん、今回紹介したハイビスカスやペパーミントを、シングルハーブティーとして楽しむことも可能です。
また、ハーブティーショップもたくさんあります。
特に初めての方は、お店の方におすすめを聞いてから選んでみて下さい。

関連記事

温めて美味しい!?意外な〇〇(ドリンク編)
二日酔いや眠気軽減!座りながらできる『指ヨガ』ってナニ?
ダヨリンの100円ショップなう「vol.3秋の夜長をエンジョイなう!

あなたにオススメ

大屋賢司(おおやけんじ)

会社員時代はPCパーツショップにて、販売、ニュースリリース作成などに携わる。病気療養後、「書く仕事をしよう」と思い立ち、フリーライターに転身。モットーは、「難しいものはやさしく、面白いものはより面白く伝える」こと。趣味の落語や講談、ウクレレ漫談、柔道を中心に、何にでも挑戦します。