パソコンのデスクトップで性格診断!あなたはどのパターン?

デスクトップは心の鏡・・・あなたの無意識が、求めているものが、隠している性格が、そこには確実に現れているのです!(たぶん!) デスクトップからあなたの性格を診断しちゃいます!

人のデスクトップを見て、自分のデスクトップとの違いにビックリすることありませんか?

何かルールがあるわけでもなく、他人に見られるものでもない。だからこそ、人それぞれに個性が現れる。それがデスクトップ。
ということは、デスクトップを見たら、その人の性格や趣味嗜好、もしかしたら人生観なども垣間見えてしまう、かも・・・!?
これから紹介するデスクトップに、あなたのデスクトップと似たモノはあるでしょうか? レッツ診断!

オリジナルアイコンを使っている

マメ!まめ!MAME! このデスクトップの持ち主は間違いなくマメな人です!
オリジナルアイコンはネットでよく配布されていますが、実際にアイコンをダウンロードして使うのは、めんどくさがりやには到底できない行為です。
ただ、そのアイコンが、好きなキャラクターだったり、お気に入りのモチーフだったりと、デフォルトのアイコンと大幅に違うデザインであれば話は別です。そこにあるのはアイコンであって、もはやアイコンではない。持ち主にとっては眺めて愛でる対象であり、ある種の嗜好品だからです。
し・か・し!
見てください、このアイコン。色がカラフルでキレイってこと以外は、ぶっちゃけ普通のアイコンです。シンプルで邪魔にならない彼らは、ファイルをまとめるためだけにそこにいます(擬人化)。自分の役割を果たすべく、決して邪魔にならないたたずまいで。
つまり、このデスクトップの持ち主は、オリジナルアイコンを使いたいからというより、デフォルトのアイコンが気に食わないから、これを使っているのです! 歯磨き粉のパッケージデザインが気に食わないからって、無地のカバーに付け替えちゃうタイプです! 実は相当ビジュアルにこだわりが強いのです!
って、あれ、ワタシも歯磨き粉のパッケージが気に食わなくてカバーを探したことあったような・・・? でも結局面倒でやめたような・・・?
・・・マメなあなたとそうでないワタシとの違いはここです(ズボラですみません)。皆が面倒がってやらないことを自分はできる!と、胸を張って生きていきましょう。

デスクトップがアイコンで埋まっている

キャーーーーーーーーーー。
そんなにあからさまにカミングアウトしちゃっていいんですか? どう見ても偏執狂じゃないですか!
偏執狂(へんしつきょう)。それは、関心を持つ特定の事に病的に熱中し、常軌を逸した行動に走る傾向や、そんな傾向を持つ人のこと。
いや、自分そんなヤバイ人じゃないし!と思うかもしれませんが、たとえば、冷凍庫を大好きなハーゲンダッツのアイスで埋め尽くすとか、お気に入りの香水のストックを何本も買って棚にズラリと並べるとか、そういう行為に共感できたりしませんか?
このデスクトップの右に、少しだけ隙間があることにイライラしているあなたも、間違いなく偏執狂。
でも、誰に迷惑をかけているわけでもなし、こうなったらとことん埋め尽くせばいいじゃありませんか。偏執狂とアーティストは紙一重。水玉で世界を埋め尽くす草間彌生のように、あなたもアイコンで埋め尽くせばいいのです!デスクトップを(ちんまり・笑)。

ランチャーを使っている

やはり・・・デスクトップは心の鏡・・・。
だって、これ、・・・・・・まんま曼荼羅ですよね!?

曼荼羅。

デスクトップ。
もはやEvernoteの象マークも、インドの開運の神様ガネーシャにしか見えません。このデスクトップと向き合うことで心を穏やかに・・・世界を平和に・・・そんな無意識の願いが画面からこぼれ落ちてくるようです。そう、あなたは調和を求めているのです。
ちなみに、どうやったらこんなデスクトップにできるの?と気になる人もいると思うのですが、ショートカットを置く代わりに「Magic Formation」というランチャーソフト(登録したアプリケーションをすばやく起動するためのソフトウェア)を使っているようです。って、一気に現実世界に戻ってきた感じですが。

最小限のアイコンしか置いていない

・・・強い伝達欲求を感じます。
数が少ないことで、むしろ強烈な主張を感じるという不思議。テレビCMの最後に出てくるコーポレート・メッセージのようです。数あるアイコンの中から、たったこれだけが残ったわけですから、そこに込められた想いは相当なもののはず。
あなたには、世の中に、いやもしかしたら特定の誰かに伝えたい、強い想いがあるのです!
たとえば、ひらがなやアルファベット1文字がデザインされたアイコンを使って、それを会社のパソコンのデスクトップに並べてコミュニケーションすることってできますよね。「か」「え」「り」「た」「い」とか。
で、トイレに立って戻ってきたら、デスクトップには、「だ」「め」「で」「す」「よ」のアイコン。
隣に目をやると、ニヤリと不敵に微笑む先輩の顔。
・・・あんたら仕事早く終わらせたいんじゃないかい!(天からのツッコミ)

フォルダとファイルをきっちり分ける

・・・整理好き。
って、そのままやんけ! でも、間違いなくそうですよね。本棚に並んだコミックの巻数が順番通りになっていないと絶対に許せないタイプ。タオルは柄別、色別にきっちりわ分けて、しまいたいタイプ。
こういう整然としたデスクトップの持ち主が他人のデスクトップを見たら、整理したい欲求にかられて大変かもしれません。あまり人のデスクトップは見ないことをオススメします(と助言しながら自分のノートパソコンをそっと閉じる)。

壁紙に合わせてアイコンを配置

・・・今すぐ会社をやめてデザイナーになるべき!
え、既にデザイナー?・・・そうですか。にしても、このセンス。ただものじゃありません。こういうデスクトップにしたいがために壁紙をデザインしたのでしょうか。それとも、たまたまこういう壁紙があって、それに合わせてアイコンを配置したのでしょうか?
もし自分で壁紙のデザインを描いたよってことであれば、このスタイルで色々な壁紙を描いてシリーズ化するべき! で、販売するべき! ときにはリクエストにも答えるべき!そして気付けば線画デスクトップデザイナーとしてブレイク・・・イイーーネ!!(もはや診断じゃない・笑)

デスクトップに何も置いていない

・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・
何か言って! じゃなくて、何か置いて!(笑)
と、思わず叫びたくなるほどに静寂なデスクトップ。デスクトップ・イン・ザ・ダーク。人は暗さにも静寂にも耐えられない生き物。ここまで何も置かないでいられるのは、ある意味スゴイ。相当強靭な精神の持ち主だと思われます。あるいはパソコンほとんど使ってないか(ギク)。

アイコンがデカイ

診断結果⇒老眼。
いや、冗談ではなく! ある年代以上の人々は、そうねそうね分かる分かると、頷きまくってくれているはず! 日に日にパソコンの文字が見えにくくなり、顔がモニターにくっつきそうになるほど身を乗り出して作業しているのはワタシだけではないはず!
このデスクトップの持ち主も、見やすい大きさを考えながら調節したにチガイナイ・・・!
ちなみに、このようにアイコンを大きくさせるのは実は簡単。デスクトップの空いているところをクリックしてから、CTRLキーを押しながらマウスのホイールボタンを回すと大きくなったり小さくなったりするのです。
これで老眼になっても安心!(そんなシメ・笑)
・・・いかがでしたか? 「どこが診断なんだよ!」と座布団が飛んでくるのを恐れながら書きましたが(笑)、デスクトップにはその人自身が現れる、それは間違いないと思いました! たかがデスクトップ、されどデスクトップ。皆さんも自分のデスクトップ、改めて観察してみてくださいねー!

あわせて読みたい

あなたにオススメ

ダヨリン(ヨダエリ)

パソコン通信からネットに親しみ、ユーザー視点に立ったデジタル活用術の記事を『日経新聞』『日経ネットナビ』など多数の媒体で手がける。「イマ・ヒト・ココロ」が執筆テーマで、恋愛アナリストとしての著書も。思春期はドイツ在住。好物はお茶とROCK。 ⇒ダヨリン普通日記