「ディスク クリーンアップ」と「ディスク デフラグ」の違いとは?

ディスククリーンアップ」と「ディスクデフラグツール」、どちらもなんとなくハードディスクに関係する機能というのはわかるけど、具体的に何をする機能なのかと聞かれると、よくわからないという人も多いのでは?

そこで今回は「ディスク クリーンアップ」と「ディスク デフラグ」の違いをわかりやすく解説しましょう。

ハードディスク内を掃除するのが「ディスククリーンアップ」

パソコンのハードディスクには、自動的に「一時ファイル」などの不要なファイルが溜まっていく。

そんな不要なファイルを削除して、ディスクの空き領域を増やすのが「ディスク クリーンアップ」という作業だ。

名刺ホルダーで例えるなら、不要な名刺をポケットから抜いて、処分していく作業。一度会ったきりで5年も会っていない人や、会社を退社してしまった人の名刺は、取っておいていてもムダだからね。

ハードディスク内を整理整頓するのが「ディスク デフラグ」

一方で、分断されて保存されているファイルを並べなおすのが「ディスク デフラグ」という作業。データを整理して、パソコン内のファイルを探す時の時間などを短くしてくれるのだ。

これは名刺ホルダーを整理するのと同じ。不要な名刺を抜きっぱなしにして、新しい名刺を空いたポケットにただ入れるのでは、あとで探すのが大変になる。

ハードディスクも同様で、あちこちに保存されたデータへアクセスしなければならないと、ファイルの読み込みにも時間がかかり「なんか、パソコンの立ち上がりが遅い・・・」なんてことになるのだ。

デフラグの仕組みについては、「デフラグ」って何? メリット・デメリットは?でイラスト入りでわかりやすく解説してあるから、参考にしてみて。

ハードディスクは月1回を目安にメンテナンスしよう!

パソコンを常に快適に使うためにも、「ディスククリーンアップ」や「ディスクデフラグ」は定期的に行おう。日常でどれくらいパソコンを使うかにもよるが、目安としては、1カ月に1回くらいがいいようだ。

その際には、ハードディスクの不良がないかどうか「エラーチェック」も行っておこう。

手順としては、

  1. 「ディスククリーンアップ」
  2. 「エラーチェック」
  3. 「ディスクデフラグ」

で行うといいだろう。これだけでパソコンの動作は、けっこう快適になるぞ!

ピックアップ

牛島義之(うしじまよしゆき)

アウトドア雑誌の副編集長職を経て、フリーランスとして独立。以降、アウトドアをはじめ、遊びにまつわる数々の原稿を雑誌やWEBサイトにて執筆している。 ⇒今日も明日も『ゆる~い生活』

記事(271本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック