Chromeでパスワード管理!誤った情報を登録したときの解消方法

  Googleの無料ウェブブラウザ「Chrome」(クローム)は、高速でストレスのないブラウジングができ、さまざまな拡張機能も多く、作業を効率化をする上でとても重宝します。Chromeには、サイトのパスワードを管理するツールも備わっています。以下で登録した情報の確認方法と間違えて登録してしまったときの対処法を確認していきましょう。

Chromeでパスワード管理!登録した情報を確認するには?

Chromeの設定画面では、サイトのIDやパスワードの管理や編集ができます。例えば、会員サイトなどにログインするとき、自動的にパスワードが入力されていることがありますが、Chromeは、一度ログインしたことのあるサイトのURLとID・パスワードをひもづけして記録してくれます。

Chromeでパスワード管理!誤った情報を登録したときの解消方法

▲Googleのパスワード管理機能でID/パスワードが自動入力される

Chromeのパスワード管理情報は「設定」項目から確認できます。Chromeを開き、右上のレンチアイコン(縦に並んだ3つの点)をクリックして「設定」から「パスワード」を開きます。

Chromeでパスワード管理!誤った情報を登録したときの解消方法

▲Chromeのパスワード管理画面

これまでに登録したウェブサイト、ユーザー名、パスワードが表示されます。特定のサイトやユーザー名を検索したい場合は、右上の「パスワードを検索」から検索できます。パスワードを保存したくない場合は、「パスワードを保存できるようにする」をオフにしておきましょう。また、自動ログインをオフにすると、ログインするたびに確認画面が表示されます。

Chromeのパスワード管理機能はエクスポートや削除ができる

「保存したパスワード」と表示された右側のオプションアイコンをクリックすると、パスワード一覧をエクスポートできます。万が一アカウントがロックされたり、無効になったりした場合に印刷して手元に保管しておくと安心です。

登録されているウェブサイト等のパスワードは非表示になっていますが、パスワード表示ボタン(目のようなアイコン)をクリックすると表示されます。その際、セキュリティ確認のためWindowsの場合はID/パスワードが求められます。各パスワードの右側のレンチアイコン(縦に並んだ3つの点)からは、保存パスワードの詳細を確認したり、削除したりできます。

間違った情報を登録したときの解消方法

Chromeのパスワード管理機能では、一度登録したIDやパスワードを編集することができません。間違えた情報を登録してしまった場合は該当の登録情報をいったん削除し、再度登録したいサイトを開いてログインしましょう。

パスワード管理もChromeで便利に

SNSやショッピングなど、利用しているサイトを合わせるとIDやパスワードは膨大な量になり、覚えておくのも難しいものです。Chromeでパスワードを記録しておけば、都度ログインする面倒が省けます。セキュリティ面が気になる場合は、ChromeにログインするGoogleアカウントをID・パスワードに加えて携帯電話などで本人確認を行う「二段階認証」にしておくとより安心です。

関連記事

最新のパスワード事情~よいパスワードの作り方
PINコードとパスワードってどう違うの?
Twitterがパスワード変更を推奨?再確認しておきたいセキュリティ事情

ピックアップ

中野友希(なかのゆき)

税理士補助や経理、職場の衛生管理者としてメンタルヘルスケアに取り組むなど、探求心旺盛な会社員時代を過ごす。出産後、楽しい物事を文章で伝えることに使命感を燃やしながら、フリーライターとして独立。ヘルスケア、ペット専門のオウンドメディアなどを中心に執筆中。

記事(58本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック