みなさんにとって2014年はどんな年だったでしょうか?

エンジョイ!マガジンはおかげさまで、2010年にサイトを立ち上げて4年が経ちました。最初はひと月に1本~2本しかアップしていなかった記事も、いまでは、年間300本以上の記事をアップできるようになりました。これもひとえに読者のみなさんのおかげです。ありがとうございます。

ただ、記事が増えた分、苦労して制作した割にはまったく閲覧されることなく消えていった記事も相当数あります。

そこで、そんな記事にも陽の目を見てもらうチャンスを与えるべく、今年も編集部&ライターが選ぶ「エンジョイ!マガジンアワード」を開催いたします!

ライターと編集部員に、今年アップした記事の中から「これだけは読んでほしい!」という記事を3つ選んでもらいました。その結果、人気が高かった上位5つの記事と番外編を発表します。

まだ読んでいない記事がありましたら、ぜひこの機会にご一読ください!

第1位:子供の絵が忠実にぬいぐるみになってビックリ!

息子が描いてくれた自分の似顔絵。ぬいぐるみにしてもらったよ!

ライター ダヨリン

この記事、プリモンのサイトで大々的に紹介されるべきなのでは?と思うくらい、商品の魅力がガツンと表現されている記事だなと思いました。味のある似顔絵、一体どんな風にぬいぐるみになるの・・・とワクワクしながら読み進み、ほぼ完璧に立体化されていることに感動。(執筆者の)牛島さんとお子さんの笑顔からも嬉しさが伝わってきます。100点!

余談ですが公式サイトの「友達ギャラリー」に掲載されている他のお客さんのぬいぐるみがどれもこれもシュールでたまらないです。子供は芸術家。

ライター うえやま

自分で描いた絵がぬいぐるみになって我が家へ帰ってくる、まるで映画のようじゃないですか。
絵に命が吹き込まれたようで愛着も湧くでしょうし、これでお子さんが絵を描くことが好きになってくれたらうれしいですよね。

牛島さんのお子さん、大きくなったなぁと言おうとしたら、届いたぬいぐるみの大きさが予想外でそっちにビックリ。

編集部 まえだ

自分の子供が大きくなって絵が描けるようになったら、こっそりと実行したいとひそかに思っております(笑)

編集部 かんだ

ライター牛島さんのファミリーネタは全部好きなのですが、これは特に心に残りました。僕が息子からこんなプレゼントをもらったら、号泣しちゃうだろうな~。

編集部 すずき

最初に記事を見たときの印象は「ぬいぐるみ、超でかい!」(笑)
30cmくらいのサイズだと勝手に思い込んでいたので、牛島さんのお子さんがぬいぐるみを両手で抱えるようにして持っていた写真を見てぶっとびました。

執筆者 牛島

息子が初めて描いてくれた自分の絵が、ぬいぐるみになるなんて最高です! でも最近は、子供たちに「だって、怖いんだもん」と言われ、部屋の隅っこに隠されるように置かれています...(涙) 作ってもらうなら、子供が長く気に入ってくれそうな絵をぬいぐるみにしてもらったほうがいいかも。

第2位:世界中が震撼した動画はぶっつけ本番だった!?

サムライ姿のCMで話題沸騰!フリースタイルフットボーラー徳田耕太郎選手に聞く撮影秘話

編集部 まえだ

徳田選手は知っていても、サムライ姿でのパフォーマンス動画を見て感動を覚えたものです。その裏事情がインタビューできるエンマガ、スゴイ!

編集部 はなだ

めったに聞けない撮影秘話などが聞けて良かったです。また、「フリースタイルサッカー」の存在を知らなかったのですが、この記事をみてその存在を知ることができたので、フリースタイルサッカーを広めたという点では、影響力のある記事になったのではと思ったので選びました。

執筆者 青木

CMの撮影秘話も楽しかったのですが、それ以上に「地方に住んでいた徳田選手が世界チャンピオンになるにあたって、インターネットが大きな影響を与えた」いう予想外のエピソードに、ドキドキしました。エンマガらしさが出せて嬉しかったです。

第3位:スマホで撮ったとは思えない紅葉写真に驚嘆!

【実例あり】スマホカメラで紅葉を上手に撮影するテクニックまとめ

編集部 すずき

なんでしょうね。センスなんでしょうね・・・。自分もスマホを持って紅葉写真を撮ってみたのですが、なんか記事に載っている写真と違って、いい感じにならないんですよね。

編集部 はなだ

アプリを使わずに、ここまできれいな写真を撮れるのはとても凄いと感じました。

第4位(同率):美麗で壮観な庭園に日本人の誇りを感じた!

絶対見たい!世界に誇る「日本庭園」5選

編集部 すずき

写真を見ると行きたくなる!でも、日本にはまだまだ素晴らしい庭園があるらしいです。第2弾も作ってもらいたいです。

執筆者 ダヨリン

この記事は・・・大変でした(笑)。手間の面でも、文章表現の面でも。写真を一点に絞るのも、それぞれの庭園の持つ美しさのどこに焦点を当て、庭園ごとにかぶらない言葉で表現するのにも脳みそがウニ状態でした。でも、その甲斐あって、今読んでも自分で納得できる記事です。

で、ビックリしたのが、Facebookの「いいね!」の数。おそらくこの題材がポイントだったんだろうと思うんですが・・・Facebookユーザーは旅が好きなのか庭が好きなのか風景が好きなのか何なのか・・・どなたか分析してください。ともあれ嬉しかったです!

第4位(同率):性格診断は実はかなり当たっている!?

パソコンのデスクトップで性格診断!あなたはどのパターン?

ライター Kana.mM

ありがちな診断パターンじゃなくて文章がとても面白くて笑いました。私は偏執狂でした。

執筆者 ダヨリン

Kana.mMさんが選んでくださっているのを見て、「こんなの書いたんだった!」と思い出しました。反響の数は少なくとも、一人の方が、他の数々の素晴らしい記事ではなく、よりによってこの記事(笑)を1位に選んでくれたという幸せを胸にあと10年は生きていけます。いやホントに嬉しいです。ありがとうございます。

久々に読んでみて、文章のリズム的な部分では直したいところだらけですが・・・でもあの診断結果は当たらずとも遠からずだと思うんですが!どうですか!皆さん!!

番外編 これだけは言わせて!

最後に、ライターと編集部員の数名から「これだけは言わせてほしい」というコメントがあったので紹介します。

動画を撮るだけでステキなロードムービーが完成!無料アプリ「ROAD MOVIES」が楽しい。

ライター 牛島

コレ、けっこう楽しいです! 写真とも違う、ビデオ映像とも違う、ステキな動画に仕上がります。気軽に撮れるのもイイですね。気負わず撮れて、編集も入らない。再生も簡単でおすすめです!


毎年、絶妙なキャッチコピーをつけるボジョレー・ヌーボー

ライター うえやま

去年の記事だけど、今年のほうが拡散してるみたいだなぁと思いました。「この中で一番デキの良い年を見つけなさい」というのを就職試験に出したらおもしろそう、というようなツイートをしている方がいて、それはおもしろい!と思い、やってみましたがそっとページを閉じました。


LINEでまさかの強制退会!? ~アイドルグループ・アプガのネット裏話~

編集長 有本

私がエンジョイ!マガジンに関わるようになって初めて実現した企画です。アイドルとネットライフ、という組み合わせが意外と新鮮で、ファンの方にもお楽しみいただけたと思うのですが、一番感じたのは、若い世代の方は生まれながらのネット世代と言いますか、身近にネットがあるわけで、使いこなし方もまた違うな~と思った次第です。


ということで、2014年は圧倒的な支持を得て「息子が描いてくれた自分の似顔絵。ぬいぐるみにしてもらったよ!」の記事が1位に輝きました! 2015年も引き続きエンジョイ!マガジンをよろしくお願いいたします。

⇒ 2014年にアップした記事の一覧は、こちらで見ることができます。

ピックアップ

すずき

1976年生まれ。東京の田舎ですくすく成長。小学校3年の夏、子供会の肝試しで、好きな子を置きざりにして逃げだした経験を持つ。 記事執筆、編集など色々とやってます。

記事(71本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック