auひかりとビッグローブ光の違いとは?

※ビッグローブ光はNTT東日本・西日本からフレッツ光回線の提供を受けて、お客様にプロバイダサービスと光回線をセットで提供するサービスです。今回はビッグローブ光で説明します。

注目すべき点は通信速度と接続のしやすさ

現在、多くの業者で提供されている光回線。詳しい方であれば、回線選びにそれほど不安もありませんが、そうでなければどの業者を選択すればよいのか、判断は難しいですよね。

基本的には月額料金やセット契約による割引など、料金を最優先する方が多いかもしれません。でも、どんなに安くても通信速度が遅かったり、開通後の接続に手間取ったりするようでは、困ってしまいますよね。

そこで今回は、料金はもちろんですが、それ以上に開通後に気になる通信速度と接続の仕方を中心に、光回線サービスのなかでもauひかりとビッグローブ光の2つについて比較してみたいと思います。

通信速度の違いは?

通信速度はどちらも最大概ね1Gbps(下り上り、理論値)です。しかし、auひかりは基本の1Gbpsのほかに5Gbps、10Gbpsの2種類のプランが存在。申込時にはPC以外にスマホやタブレットなど、接続する端末の台数によってどちらのプランが最適かを選択し、より快適にネットを楽しむことができます。

ただし、5Gbpsと10Gbpsに関してはこの記事を執筆している2018年11月現在、東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の一部エリアのみの提供となっているため、それ以外の地域であれば、ビッグローブ光と同様、最大通信速度は1Gbpsです。またこのサービスを提供するプロバイダはBIGLOBEを含め4社(2018年11現在)。さらに戸建て向け専用のため、申し込み時にはauひかりのサイトを必ずご確認ください。

※au、ビッグローブどちらの最大通信速度もベストエフォートであり、必ずこの速度が出るわけではありません。またビッグローブ光は光回線のタイプによっても最大通信速度は異なります。

開通後の接続のしやすさは?

光回線が開通したらすぐにでもインターネットを楽しみたいですよね。そこで重要になるのが、開通後の接続の手軽さです。

auひかりは開通後の接続にIDやパスワードの入力が不要です。ケーブルを挿すだけですぐにインターネットの利用が可能になります。ただしWi-Fi接続で一部、IDやパスワードの入力が必要な場合もあります。

これに対して、ビッグローブ光は開通後の接続でIDとパスワードの入力が必要になります。ちょっとした手間ではありますが、ケーブルを挿すだけでインターネットの利用が可能になる点ではauに軍配が上がりますね。

料金やサービスエリアは?

月額料金は、auひかりが3,800円、ビッグローブ光が3,980円と、どちらも大きな違いはありません(いずれもマンションタイプ・2018年11月現在)。
また、どちらもauスマートバリューというauスマホと固定回線のセット利用で月額料金が値引きされる特典がありますので、チェックしておきたいですね。

最後にサービスエリアの違いですが、これはauひかりよりもビッグローブ光のほうが日本全国幅広くサービスを提供しています。

契約は解約時の解約金に注意して

契約するときは忘れてしまいがちですが、どちらも契約年数や最低利用期間が決まっているため、途中で解約すると解約金(高速サービス解除料)がかかることもありますので、注意してください。

また一時期、auひかりは解約時の設備撤去費用がかかると話題になりました。しかしこれは回線業者によってはビッグローブ光でもかかる場合がありますので、契約前にしっかりと確認してからに契約するようにしてください。

まとめ

いかがでしたか?
上記の違いをしっかり理解して、利用エリアや使い方に合わせて自分に最適な回線を選んで、より快適なインターネットライフを送ってくださいね。

BIGLOBEでは、auひかり・ビッグローブ光どちらのサービスも提供しています。
気になる方はぜひチェックしてみてください。

▼auひかりの詳細はこちらのページへ

▼ビッグローブ光の詳細はこちらのページへ

関連記事

光回線(フレッツ光)の契約から利用までの流れを一挙紹介!
光回線の工事って何するの?
光コンセントがあれば光回線工事が不要ってホント?

ピックアップ

川村龍一(かわむらりゅういち)

ネットサービスやツールに関することを中心に色々書いているフリーのライターです。バンドやったり歌詞作ったりもしてます。将来的には子供向けの何かを作ったり書いたりできればいいなと日々を過ごしてます。

記事(39本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック