自分がiPhoneで見ているWEBサイトを、目の前にいる人にも見せたい。

通常なら、LINESMSでURLを送るのが自然ですが、iPhone同士であれば、たとえお互いの連絡先を知らずとも、簡単にそのページをシェアすることができます。

近くの人に写真やURLを共有できるAirDropを使おう

その方法はというと、iOS7から搭載されたAirDropという機能を使います。

早速iPhoneで説明します。左が自分、右が相手、と思ってご覧ください。

ステップ1:iPhoneの画面の下部から上にスワイプし、AirDropをタップ

連絡先を知らない人にも、写真やURLを共有できる! そう、iPhoneならね

ステップ2:出てきた画面から「すべての人」をタップ

連絡先を知らない人にも、写真やURLを共有できる! そう、iPhoneならね

※WiFiとBluetoothが自動的にオンになります。

ステップ3:相手にも上記のステップ1と2をおこなってもらいます

連絡先を知らない人にも、写真やURLを共有できる! そう、iPhoneならね

ステップ4:送りたいWEBサイトをSafariで開き「連絡先を知らない人にも、写真やURLを共有できる! そう、iPhoneならね」ボタンをタップ

連絡先を知らない人にも、写真やURLを共有できる! そう、iPhoneならね

ステップ5:出てきた画面から送りたい相手をタップ

連絡先を知らない人にも、写真やURLを共有できる! そう、iPhoneならね

ステップ6:相手に「受け入れる」を押してもらう

連絡先を知らない人にも、写真やURLを共有できる! そう、iPhoneならね

相手側のiPhoneにはこんな風に表示されますので、「受け入れる」をタップしてもらいましょう。

連絡先を知らない人にも、写真やURLを共有できる! そう、iPhoneならね

するとこの通り、WEBサイトのURLを共有することができました。

共有できるのは、写真やビデオ、メモに位置情報まで!

WEBサイト以外にも、AirDropでは他にはどんな情報を共有できるかというと・・

  • 写真
  • ビデオ
  • 位置情報
  • メモ
  • 連絡先(iCloudにサインインしている必要があります)

などが挙げられます。

特に嬉しいのは「ビデオ」です!

LINEでは送れない長いビデオ(2分以上)も、AirDropなら共有できることがわかりました。これはありがたいですね。

共有相手は「全員」or「連絡先に登録されている人」の2段階

連絡先を知らない人にも、写真やURLを共有できる! そう、iPhoneならね

ちなみに、上記のステップ2で「連絡先のみ」を選択すると連絡先に登録されている人のみが、共有相手として検出可能になります。

誰かれかまわず送られてくる可能性もあるので、必要時以外は「連絡先のみ」にしておいてもよいと思います。

※「連絡先のみ」にする場合は、iPhoneの[設定]でiCloudを有効にする必要があります。

こんな時に便利! ビジネスの打ち合わせや知り合い程度の人に

お客様やお得意先との打ち合わせ時に、もし相手がiPhoneだったら、このAirDropでメモや写真やWEBサイトのURLを簡単に送ることができます。

自身の個人連絡先を知られることもないので、こんなシーンに遭遇したらぜひ使ってみてくださいね。

ピックアップ

うえやま

競馬カメラマンからWEB業界へ異色の転身後、WEB制作に加えて大手メールマガジンやツイッターキャラクターの中の人までこなす。三度の飯より件名を考えるのが好き。

記事(208本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック