『100円マジック』、その実力はいかに!?

100円ショップに並ぶ手品グッズの数々。100円だったら安いし、簡単そうだし、イイんじゃない!? ということで、気にはなっていたけど手を付けられずにいた100円マジックを開封! 動画で実践も。

パーティや飲み会の席で”マジック”ができたら、カッコイイな~なんて思ったことない?
とはいうものの、お金や時間はそんなにかけたくないし・・・
そんなときに見つけたのが、100円ショップに並ぶ手品グッズの数々。
100円だったら安いし、簡単そうだし、イイんじゃない!?
でも、中身はどうなんだろう? 
というわけで!
エンジョイ!マガジン編集部メンバーで『マジック大会』開催!

意外とイケてるラインナップ!

編集部で用意した”100円マジック”が、テーブルにズラリ。

カードマジック、ロープマジック、コインマジック・・・
いろんな種類があって、どれも意外と本格的な感じ。
コレらの中から好きなものを選んで、みんなの前でお披露目だ。
さ~てと、どれにしようかな?

箱には難易度の表示もあって
A=「超簡単」
B=「かんたん」
C=「普通」
D=「少し練習」
E=「要練習」
“A”の「超簡単」は、簡単すぎるかもしれないし、かといって”E”を選べるほど、手先に自信はないし・・・。
う~む、意外と悩むな。
よし、それじゃボクは、難易度”D”のコインが瞬間移動するってネタで!
で、編集部のみんなはどんなモノを選んだの?
ボールに、トランプに、ロープ・・・
しかも、みんな難易度”D”。考えることは、同じだね。
あ、編集部Kさんは、難易度”A”のトランプマジック、逃げたな。
おっ編集部Oさんは、難易度”E”のロープマジック!チャレンジャーだな~。
編集部Sさんは、難易度”D”のコインマジック。これは負けられないな。

さっそく練習! すぐにできるかな?

箱を開けると説明書が入っていて、そこにある注意書きには、

  • マジックの下準備は、観客に見えないところで行ってください。
  • 上手にできるように、練習をしてから人に見せましょう。
  • マジックのネタは、明かさないでください。

そりゃそうだ。ちゃんとやらなきゃやってる人も、見ている人もつまらないしね。
それでは各自、選んだマジックを手に、練習スタート!

編集部O「・・・あ~っ! 思ってるようにできない!」
難易度”E”は、さすがに大変みたいだな。
編集部S「コレ、難しい。速攻バレそう・・・」
お、難易度”D”のSさんも苦戦中。
編集部K「開けた瞬間、すぐできた! あとは演出の練習だな」
さすが難易度”A”のKさんは、簡単だったみたい。
そういうボクは・・・ひとり黙々と練習中。

アレ? これはどういうコト? ねえ、ねえ、コレって・・・
あ、ネタバレしちゃうから、人に聞けない・・・。
誰か~、相談にのってくれ~っ!!

準備万端? 練習の成果をお披露目!

さて、いよいよお披露目タイム。
しっかり30分は練習したけど、緊張するな~。
ではまずは、ボクのコインマジックから。
ちょっと手際の悪い点は、ご勘弁を。

次は、編集部Oさんチャレンジ、難易度”E”のロープマジック。
ボクと違って、スマートです。

どう? なかなかよかったでしょ?
 
しかし、実際にマジックをやってみたら、まぁ~難しいこと。
ナニが難しいって、バレないようにする”手さばき”だったり、わかりやすくするための”しゃべり”が難しい。
ようするに、必要なのは”演技力”ってことだよね。
100円にしては、なかなか良いクオリティ。
でも、これらの楽しいところは、モノが云々というより、「人を楽しませよう」「より自然に見せたい!」。
そう思って夢中になれるところ。
 
実際、練習した結果、相手の驚きの顔を見た瞬間は、なかなかの充実感があるのだ。
100円でこんなに楽しい時間が過ごせて、今までにないコミュニケーションができるんだから、コイツはけっこうおすすめです!
でも、宴会なんかで披露するときはお酒が入っていないときのほうがイイかも?
手元が狂って、ネタがバレちゃうからね。

お・ま・け

シートの上をコインが貫通!?

ちょっと触れるだけで、カードの並びが変わっちゃいます。

カードが消えちゃう!

あわせて読みたい
Related Articles

あなたにオススメ
Recommends

牛島義之(うしじまよしゆき)

アウトドア雑誌の副編集長職を経て、フリーランスとして独立。以降、アウトドアをはじめ、遊びにまつわる数々の原稿を雑誌やWEBサイトにて執筆している。 ⇒今日も明日も『ゆる~い生活』