スマートフォンの通話料金を高く感じる人は多いかと思います。
理由としては、大半のプランが30秒あたり20円(税別)の通話料となっていて高止まりしているからです。そのため、LINEなどの通話無料アプリを利用して友人と通話をするひとが増えているそう。

しかしながら、固定電話などに電話できない、相手が同じアプリをインストールしていないと電話できないといったデメリットも存在することも。

それを解決する手段として近年人気なのが、「050格安電話」です。
これは、新たに050から始まる電話番号を取得し、インターネット経由で通話をしましょうという仕組みです。インターネット経由で通話をする050電話サービスはいくつかあり、スマートフォン向けにも複数のサービスが存在します。

「050電話」はこんなにお得!
実際に使ってみてわかった通話品質
050電話を使う時の注意点

「050電話」はこんなにお得!

そもそも、050番号を取得してインターネット経由での通話はなぜお得なのでしょう。

通常の電話は、電話網をいうものを利用し、発信側も着信側も電話網の利用料が発生します。
しかし、電話番号が050から始まる050電話では、電話網ではなくインターネットを利用します。そのため、電話網利用料が発生しないのです。

また、発信側が050番号で、着信側が通常の電話番号の場合は着信側の電話網利用料のみ発生しますが、それでも割安なのです。

「050電話」は果たしてどのぐらいお得なのでしょうか。
ここでは、050電話サービスの「BIGLOBEフォン・モバイル」を例に、通話料をまとめてみました。

※無料提携先ではない050電話向けには8円(税別)/3分です
※国内PHS向けには1通話あたり10円(税別)のアクセスチャージ料が発生します
※アメリカ向けの場合 その他の国はこちらをご覧ください→国際電話料金表

例えば、通常のケータイから30秒あたり20円の契約で、固定電話の番号に10分通話したとしましょう。すると、通話料は400円(税別)です。

これが「BIGLOBE フォン・モバイル」の場合はこのようになります。

・固定電話向けに10分通話した場合 → 24円(税別)... 368円お得!
・ケータイ向けに10分通話した場合 → 159円(税別)... 241円お得!

それだけでもお得なのですが、さらに「BIGLOBE フォン・モバイル」同士や提携先の050電話だと通話料が無料なのです。

実際に使ってみてわかった通話品質

さて、「安くてお得なのはわかった。でも肝心の通話品質はどうなの」と思うでしょう。
せっかく安価なのですが、安かろう悪かろうでは元も子もありませんよね。実際にいくつかのパターンで通話をして、聞こえやすさなどを確認してみました。


アプリではテストコール(通話料無料)で実際の音質も確認できますよ

050電話の「BIGLOBE フォン・モバイル」はインターネット経由で通話します。そのため光インターネットに接続したWi-Fiや、LTE・3Gのモバイルデータ通信によって通話品質が違うものと思われますので、それぞれ比較してみました。

光インターネット接続のWi-Fiを使った場合

・050電話向けに通話
相手の声ははっきり聞こえます。遅延も感じられませんでした。こちらの声もよく聞こえているようで、快適に通話できました。

・090などのケータイ向けに通話
こちらも相手の声がはっきり聞こえます。遅延も感じません。しかしながら、こちらの声は少し小さく聞こえているそうです。
相手には「サー」という軽いノイズが聞こえているようでした。

・固定電話向けに通話
もっとも良い通話でした。ケータイ並みの通話ができました。こちらの声も相手の声もよく聞こえます。

LTE・3Gのモバイルデータ通信を使った場合

・050電話向けに通話
Wi-Fi時に比べて相手の声が少し小さくなりましたが、よく聞こえます。こちらの声も小さくなってしまうようです。
やや遅延しているようで、こちらの言葉が1秒後程度に伝わるようです。

・090などのケータイ向けに通話
こちらもWi-Fi時に比べると、相手の声もこちらの声も小さく伝わるようです。
「サー」というノイズが大きく聞こえるようです。相手の声が一部途切れることがありました。

・固定電話向けに通話
こちらはWi-Fi時とそれほど変わらない音量で聞こえますが、こちらの声が小さくなっているようです。
「サー」というノイズが聞こえるそうです。相手の声が一部途切れることがありました。

以上のような結果となりました。
Wi-Fiに比べると、どうしてもモバイルデータ通信での通話はやや音質が下がっているような気がします。自分や相手の声が小さくなりやすかったり、会話の最初と最後が少し途切れたりするようです。

どうしても、ケータイの回線で通話する場合や、固定電話回線に比べるとやや劣りますが、しっかりと通話はできましたので、普通の会話では全く問題なさそうというのが率直な感想です。
それぞれ5分程度検証をしましたが、途中で勝手に切れてしまう、そもそもかからないということはありませんでした。

例えば、お店への問い合わせなど、いろいろなところに電話する際にサブ電話として利用すると良いかもしれませんね。

さらにちょっとした活用ワザ!
050電話は海外から電話しても国内通話料金扱いとなります。つまり、海外旅行をした際に、現地のホテルなど(※)からWi-Fi経由で050電話を行えば、日本への国際通話料金がぐぐっとお得になるのです!

海外旅行や海外出張時に「電話代が高いなあ」と感じていた人はぜひ使ってみましょう!
※海外でのWi-Fi利用については、その場のWi-Fi利用料が発生する場合があります
※LTE・3Gなどのモバイルデータ通信経由では通信料が高額になる場合があります

相手からの着信時はどうなるの?

ここまでは通話品質についてですが、もうひとつ気になることがあります。
「BIGLOBE フォン・モバイル」に限らずスマートフォンで利用する050電話はアプリで通話をします。つまり、電話を着信する場合にはアプリを立ち上げておかないといけないの?と思いますよね。 実際に試してみました!

アプリを起動していない状態でも、通知バーに受話器のようなマークがある状態ではきちんと着信することができ、電話に出られました。

通知バーにこのマークがある場合は着信OK!
つまり、いちいち電話が来そうだぞ、ということでアプリを起動しておく必要はないです。

050電話を使う時の注意点

050電話サービスによって条件は変わりますが、おおむね下記の注意が必要です。

・契約の際に、本人確認のために申し込みを確認する電話(お申し込み確認コール)があります。そのため、090、080、070ではじまる電話番号を登録しないと申込できない(070だと登録できないサービスも)。

110番や119番等の緊急通報、0120等のサービスが利用できない。
音声通話プランが使える普通の携帯電話やスマートフォンであれば、普段は050電話、緊急時や0120にかける場合は普通の電話、という使い分けができます。

音声通話プランが付いていないデータ通信だけのスマホをお使いの場合は、緊急通話ができる普通の携帯電話(もしくはスマホ)を、音声通話プランだけにして安くした上で、普段はスマホの050電話を使うという「2台持ち」だと安心です。

メインのケータイ番号と、サブの050番号を使い分けて、電話もネットもスマートに使いこなしましょう!

※050電話サービス「BIGLOBEフォン・モバイル」の申し込みとご利用上の注意
・申込の際は、090、080、070ではじまる電話番号の登録が必要です。
・110番や119番等の緊急通報、0120等のサービスは利用できません。

※「BIGLOBE フォン・モバイル」はサービス終了しました。
※料金・サービス内容など2014年5月時点の情報であることをご了承ください。

ピックアップ

布施繁樹(ふせ しげき)

1976年生まれ。ITやモバイル系のライターをしており、最近は自転車にはまっている。 荒川サイクリングロード上流域によく出没する。 カメラも好きで、お金のかかる趣味ばかりで万年金欠。⇒MOBILEDATABANK

記事(9本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック